586108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心臓手術体験記(大動脈弁閉鎖不全症弁置換術)

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

独り言

2021.05.11
XML
カテゴリ:独り言
今の身体、心臓はとても元気。
毎週末、手術前と変わらずテニスを楽しめている。
主治医にも心臓は一般の方と変わらぬほど元気、お墨付きをもらえている。

こうなると健康を保つためには
・肥満予防
・適度な運動
・健康診断をまめに受けること。(早期診断、治療)
・仕事もストレスがかからないよう適当に(退職勧告受けない程度に😆)

自分はわりと出来ているかも知れない。
ダメなのは体重管理=肥満予防かな。 これが一番大切な気がするが心臓手術を受けたときに比べると
一割程度肥えてしまった。 60歳も近くなると食事制限や運動をしても若いときより体重が思ったより
落ちない。
過去のダイエット経験から落とすのは簡単だと思っていたが実際はなかなか落ちません。
この前あまりに落ちないので4日間野菜ジュースだけ飲む断食をやってどうにか落ちた感じですが
キツかった。 無理は禁物です。
されど6年前に授かった命ですから大切に生きないといけませんね。

手術前と大きく変わった点
・抗凝固薬(血液サラサラ)を飲んでいるので出血を伴う怪我には注意。
・外科手術を受けるときには事前に抗凝固薬を止めて血液を通常に状態に戻してからとなるので
 一般の方達より入院期間が長くなる。 
・ストレスをできるだけ避けている。 ストレスは身体を病む原因になる。
 手術をきっかけに気づいて仕事や生活にストレスを感じないよう気をつけています。

更新が滞っていましたので最近の雑感を書きました。






最終更新日  2021.05.11 08:12:30
コメント(2) | コメントを書く


2020.11.17
カテゴリ:独り言






最終更新日  2020.12.11 11:36:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.12
カテゴリ:独り言
4月から在宅勤務に変わってから生活サイクルが変わってしまい未だ慣れない。
通信環境やモバイルPCがあれば確かにどこでも仕事が出来ることは分かった。
打ち合わせもWEB会議で問題なく出来る。

しかしなんだかなぁ、物足りない。 人とのコミュニションがなくなってしまったからか。
少し早い隠居生活をしているからか。

身体も鈍りきっている。
今まで会社に行けば通勤含めて15000歩は歩いていた。
今では家から出ない日は1000歩いかない。 

コロナ太り。 最悪。 体調も悪い。

週末の運動は6月に入り再開したが鈍りきった身体にはキツい。
テニス以外にもフィットネスジムに通うことにした。
ジム、ラン、プール 等、週2回は行きたいところだ。

まずは道具と言うことでIPHONEと連携するIPHONE WATCH を買った。
これで身体のデータを取って管理しようかと企んでいる。 
またスマホで出来ることが時計で可能になるので便利です。 



なんとか少しづつ、コロナ前の生活サイクルに戻すしかないな。

隠居生活と書いたが、心臓手術をやった時に数ヶ月経験した。
しかし今回はその時より辛い。 多分健康だから暇すぎて、つまらなくて、することなくて
メンタルが病んでいる気がする。

いずれ来る定年退職。 まずい。 それまであまり時間がない。
適度に働いて、好きなスポーツをやって、旅行もしたり、うまくいくかな。

とりあえず70才までは働きたい。






最終更新日  2020.12.11 11:38:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.02
カテゴリ:独り言
軽症患者 緊急性高い13症状のリスト公表 厚労省 新型コロナ

私は身体障害者、心臓に人工弁、多分感染すると面倒くさい事になるだろうと思って
敏感になっているかもしれません。

1.表現・外見
  この内容からして酸欠ですよね。
2.息苦しさなど
  これも酸欠症状ですよね。 
  弁膜症も悪化すると同じような呼吸苦になり、布団でうつ伏せで寝れなくなり座位呼吸になることが
  あります。 即入院ですね。
3.意識障害など
  酸欠の末期でしょうか。 これやばいですよね。

自身の酸欠程度の計測は自分で簡単にできます。
パルスオキシメーターという機械で血中酸素濃度を測り、数値が95以上であれば正常、以下になると
医師に相談が必要。  詳細は以下を参照してください。
https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/guidelines/pulse-oximeter_general.pdf


私はパルスオキシメーターを購入して調子の悪いときに使ってます。
今コロナの関係で品薄らしいです。










最終更新日  2020.12.11 12:23:30
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.26
カテゴリ:独り言
主治医が東京ハートセンターを退職されることになった。

さて困った。私の身の振り方。

主治医の診察を受けれる病院が三箇所あり、常駐先は葛飾、他は保土ヶ谷、大和。

主治医の常駐先の病院で引き続きお世話になる方が良いとは思いながら葛飾、新小岩の遠さに腰が引ける。

ただ私は三ヵ月に一度の外来頻度なので、贅沢を言わず、葛飾の病院で診てもらうことが最善と思われるな。






最終更新日  2020.12.11 12:23:55
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.05
カテゴリ:独り言
手術前、参考になったサイトが沢山あったのでブログサービス停止により、それらがなくなってしまうのは勿体ない。
放置してないで移管してほしいな。

https://blogs.yahoo.co.j/katsukatsuzo1967






最終更新日  2020.12.12 12:45:45
コメント(4) | コメントを書く
2018.08.31
カテゴリ:独り言
YouTube なんて便利な物があって
自分の大好きな歌い手の若かりし頃のライブをいつでも見ることができる。
裏腹に大好きな歌い手のコンサートを毎年必ず見に行って、その年老いた歌姫がかなり無理して歌っている
姿を見ると、このYoutubeとのギャップでとても切なくなる。

声量が弱くなっている。 
声にのびもない。 
身体も小さくなっている。
御年70才を越えた。

Youtubeってある意味むごい。

だけど来月コンサート行くし。

大好きだから、とことん応援するし、自分の人生の糧となっている。






最終更新日  2020.12.16 15:18:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.23
カテゴリ:独り言
どう見たって健康的な人が急性心不全で逝ってしまった。 心臓のパワーが急に落ちて心停止。
なんだそりゃ? そんなことあるのか?
分からない、分からない。

持病があって心臓に病があったのか?

そんな風には見えなかったよね。

だけど身体患ってリスクを抱えている我輩からすれば、例えば長く入院して周りに迷惑かけるより、パッと潔く散る花の方がいい。

気がついたら三千院の阿弥陀如来さんが迎えてくれて涙流す方がいい。

インパクトある訃報だった。

ん?ちょっと待って!俺はあと50年頑張るよ!






最終更新日  2020.12.11 12:25:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.20
カテゴリ:独り言
アクセスレポートを見ると職場復帰についての記事が最も読まれています。

当時は私も大手術の経験がなかったし、さらには胸骨を開く開心術だったので、それ自体が恐怖だったし、また無事に生還したとして、仕事に戻れるのか、戻っても以前と変わらぬ仕事が出来るのか、随分と考えることが多かったです。

今となっては、そのような不安は時間薬が解決してくれて、今では手術後の生活に慣れて、リスク、煩わしさなどと付き合いながら以前とほぼ変わらぬ生活が出来ています。

また他人が私を見れば、誰もが私を身体障害者として認識しないでしょう。

こんがりと焼けていて、マリンスポーツ? テニス? 何かやっているスポーツおじさん。
良くも悪くも私は依然と変わらぬ生活を取り戻せました。

そりゃ怪我とか事故とか人の倍以上気をつけないといけない身体にはなっています。
だからといって萎縮した人生は送りたくない。
仕事も遊びもそうです。 健常人と変わらない生活がしたい。

それが私が皆様にアドバイスしたい最も大切なことだと思っています。






最終更新日  2020.12.16 15:20:30
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.