586122 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心臓手術体験記(大動脈弁閉鎖不全症弁置換術)

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

回想録

2020.06.12
XML
カテゴリ:回想録
2015年6月12日 東京ハートセンターで心臓手術を受けた日です。
2020年6月12日 本日で5年になりました。

感傷に浸る理由もなく、元気で生活出来ています。

働いて、遊んで、食べて、呑んで、病院は定期的に通って、治していただいた主治医、関係者の方々には
感謝しかありません。

手術前と今の生活で変わったことを漠然と書いてみよう。
・心臓が元に戻った。
 弁の異常で肥大していた心臓の大きさが正常に戻った。

・太った。 
 これはダメですね。 今メタボなので健康体に戻したい。

・依然とほぼ変わらない生活が出来るようになった。 
 運動も仕事も生活に大きな変化はありません。 ほぼ今まで通りです。

・納豆が食べれなくなった。
 ナットウキナーゼが腸に住みついてワーファリンのサラサラ効果を消してしまうため。

・出血に気を遣うようになった。
 ワーファリン飲んでますからね。 しかし私の場合はPT-INRか低いので切り傷でも
 出血量は依然と変わらない気がしてますが意識して注意しています。

・簡単な日帰り手術でも出血を伴う場合は入院が必要な手間のかかる身体になった。
 出血を伴う処置はヘパリン点滴に切り替えてからの手術になるので、その前後の処置で
 健康体の人より7日~10日程度は余分に入院などが必要になるようです。
 
生体弁にした人の状況は分かりませんが再手術に臨むときの気持ちはどうなんでしょうね。
私は二度も大手術を受けたくなかったので機械弁にしましたが、生体弁だと新しい弁でも
年齢が若いと15年程度で交換と聞いているので大変ですよね。

選ぶ弁で先の人生が変わりますから後悔がないように弁を選択することが大切だと思います。






最終更新日  2020.12.11 11:38:27
コメント(8) | コメントを書く


2017.02.17
カテゴリ:回想録
2015/06開設してから47,000アクセスを越えました。
目的は私と同じ病になり、心臓手術が必要になった人達へ私の経験をお話しすることで
気持ちが楽になったり、勇気が出たり、少しでもお役に立てればと思い開設しました。
アクセス数からみて、きっと役に立っている!と勝手に思い込んでいます。

手術前はたくさんの情報が必要です。
手術後も同じです。 

私も今は元気に暮らせていますが、やはり身体に異物が入っていることは不安ですし
リスクです。 それも心臓ですから、その部品が故障したら危険です。

これから先々、身体も老化して心臓以外の病にかかるかもしれません。
それでも生きるために治療を受けます。

そんなHotな私の経験話を雑記帳になりますが発信していきますのでお付き合いください。






最終更新日  2018.05.08 16:23:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.18
カテゴリ:回想録
ICU入り初日だったかな、羽田空港で倒れ救急で運ばれてきた大動脈解離の男性。
私のベットの横に慌ただしく連れ込まれ処置を受けていた。 隣だから、いろいろ聞こえてくる。
どうも出張に行く予定だったらしい。

大動脈解離は死亡率も高く怖い病気だと思っていたが、その方は横で医師や看護師からの質問に至って普通に回答されていた。 ハートセンターの初期治療が良いのか? 明日手術だそうで家族への連絡など大変なご様子だった。

最近会社の同僚が同じ大動脈解離で倒れ緊急手術を受けた。成功率は30%だったらしい。

無事生還出来たので安心したが突然の発症は嫌ですね〜経過観察も大変だったけど(^^)

倒れた本人、手術をした経験者じゃないと辛さなんて分からないよね〜。

しかし助けてもらった命、大切に生きないとダメだよね。 煙草吸ってたら即禁煙、デブっていたらダイエット。私自身もヤバイ、気をつけないと。










最終更新日  2016.05.19 18:27:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.26
カテゴリ:回想録
rblog-20160326183231-00.jpg

病気になる前は神様仏様~についての信仰心はほぼなく、弁膜症と診断されてからの恐怖心からなのか
神社仏閣巡りを始めました。

写真は朱印帳です。 参拝先で祈願をしてから必ずご朱印をいただいておりました。
これは現在でも続けており既に六冊になりました。
私にとっては大変ありがたい徳として大切にしています。

訪問先は鎌倉、京都、奈良が多いのですが、お礼参りが大変です。
決して忘れてはいません。 必ずお礼参りは実行致します。

しかし祈願参拝は6年以上要してますから、その倍の12年位でご容赦願いたい、なんてね(^0^;)

京都、奈良、伊勢巡りが自分の趣味になるとは思ってもいなかった。
年に二回は行っていたので、今後もできる限り継続したいと思っています。

春は桜を楽しみに、秋は紅葉を楽しみに。 オフは美味しいものを食べに。

 














最終更新日  2016.04.03 20:10:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.20
カテゴリ:回想録
弁膜症と診断された後、遅かれ早かれ弁の逆流が強くなり手術になるんだろう、とは思っていた。
正直なところ手術に対する恐怖と不安は常にあって、そのような状況下で私が行なったこと。

自分の病気を知ること。
治るのか? 手術の成功率は? 予後は?

心臓外科医が書いた書籍を買い込み、いちから知識を詰め込んでいった。
一方でネットに公開されている心臓手術の体験記関連。これも読みあさった。

医師の書いている本は専門家の話として心臓病に関する知識を得るにはとても勉強になった。
一方、体験記は心臓手術の体験者からしか聞けない生々しい情報を得ることが出来た。

これから心臓手術という大手術を受けられる方には是非お勧めしたいと思います。
たぶん気が楽になって悟りの境地に到達することでしょう。 (^^ )

rblog-20160320233336-00.jpg






最終更新日  2016.04.03 20:10:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.04
カテゴリ:回想録
心臓の異変に気付いたのは期外収縮から。
当時は期外収縮の名前さえ知らなかった。
ある日、脈飛びと強い動悸を感じ、街のクリニックで念の為心臓エコー検査しましょう、となり結果、大動脈弁と僧帽弁に中程度の逆流あり、と診断され、そこから人生一大事の心臓病との格闘が始まることになる。

まず動いたのは、クリニックで診断された大動脈弁閉鎖不全症の精査目的で葉山ハートセンターへ駆け込んだ。今の主治医がその病院の名誉院長だったか、センター長で、今は診ていただける病院は変わりましたが現在に至るまでお世話になっています。 

私の場合、紹介状もなく、コーディネーターに事情を説明し、やっと診ていただけることになったが、午前に病院へ入り先生と面談出来たのが17時頃だった。
手術が長引いたのだろう。外科の病院で待つのは当たり前、と認識させられた。

先生の部屋に通され、そこに汗をかいた少し怒りモードの主治医がおられた。手術で何があったのか不要な詮索をしてしまう。
先生が落ち着かれた後、診察が始まり、入院してのカテーテル検査を受けることになった。
今では簡単にカテーテル検査なんて言えるけど、当時は何が何だか分からずで、恐怖、不安だけだった。

また、その頃から心臓病に関する医学書だったり、ネットに転がっている同病者達の経験談を調べ始め、見聞を深めていくことになる。

この作業が自分にとっては大切な勉強=時間であり、手術に対する緊張感、恐怖が和らぐのには3年を要した。
弁膜症と診断され、実際の手術までには、経過観察で7年あった。






最終更新日  2016.04.03 20:11:00
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.