575155 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ark style 超極小住宅のミニマルライフ

全400件 (400件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >

2019.10.08
XML
媚びないかっこよさ。
いや、
どんな言葉でもチープになってしまう。

簡単に、カメラを向けるのはためらわれる空間。
とにかく、そこに身を置いて記憶したい。
でも、
隠し撮りした1枚。










静岡の ​Grenoble​ さん

Link → ★










Last updated  2019.10.08 20:54:47
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.07
健康は歯からだと言い続けている主人が、
歯磨き粉はひとりひとつにしたほうがいいと言いだしました。
歯ブラシにペーストをつける時、少なからず菌がチューブにつくので、
感染するのを防ぐため。とのこと。

そうですか。


理論武装できたので、
気になっていたパッケージの歯磨き粉を揃えました。








まずは見た目重視。
よかったら次を考える私です。














Last updated  2019.10.07 08:43:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.01
ボックスティッシュを食卓から撤去したら、
ティッシュの消費量が1ヶ月で半分以下になりました。
3ヶ月経過しました。


主に息子が食べこぼしに、ちょこちょこちょこちょこ使っていたのです。
もったいない。
その前に、それってティッシュですることなの?


ティッシュのかわりにここに置いたのは、ハギレ。
古くなったお皿拭きをメインにカットしたもの。
目指すのはスタイリッシュなリサイクル。
↑ハズカシイけど言っちゃう。
今は、会社からもらってきた布がたくさんあるから、
統一感が保たれています。









古くなった布の代表といえば、衣類。
それらを使う時は、気分が下がらないように、
切り方を工夫して、はじめからフキンだったかのように加工して。

気持ちの問題なのだけど、
たとえ着古したものでも、ボロ雑巾になるものを着ていたって思うと残念な気持ちになるし、
いつかは雑巾になるんだからと思ってお洋服と向き合うのもしたくない。


ものとの付き合い方を模索中です。











Last updated  2019.10.01 20:37:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.30
なくても困らない



シンプルがスキ




でも





あるとほんわかする








シャビー感、試作中






















Last updated  2019.09.30 21:02:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.20
テーマ:シャンプー(251)
少し前まで、石鹸シャンプーをしていました。
シャンプーの容器を洗ったり、捨てたりすることがストレスになってきたのです。
だったらと試し始めた石鹸シャンプーでした。


それが、
美に対し、マメさが足りないからか、
クエン酸リンスがうまくできず、
結果、髪の毛がガビガビに・・・
シャンプーの容器を洗ったり、捨てたりするストレスを上回ってしまう事態に!
あー、このガビガビ、どうしたらキレイになるんだろう。
洗う時のきしみ、手ぐしのしづらさ、
びっくりするほどの抜け毛に、
一度に大量に髪が抜ける夢をみるほどになっていました。

これはどうしたものか、
せめて、貧素に見えない程度にしたい!
せっかくだからと、オーダーメイドシャンプー medulla を試しています。








まだ1週間ですが、
バリバリ感がなくなってきて、ホッとしています。











Last updated  2019.09.20 21:00:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.16
せっかくだから、面白くしようと思って↓









見慣れたものがちょっとおかしな感じで置かれていたりすると、
ハッとさせられることがあります。



以前、クリスマスツリーのoオーナメントに、
ルアーフィッシングのさかなをつけていたのを見たことがあって、
クールでかっこよかったです。

遊びを楽しめる余裕がある人間になりたいと思いました。














Last updated  2019.09.16 07:04:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.13
テーマ:お土産!(450)
カテゴリ:お散歩
考えつくされた美しい空間は、
すっと背筋を伸ばさせる緊張感で包み込んでくれ、
そこに居る方の落ち着いた振る舞いは、
憧れと学びを与えてくれます。




The Okura Tokyo











日本の美の追求と、現代に合わせた再現。
それを惜しみなく一般公開してくださりありがとうございます。


3rd place や share space の根源は、
この The Okura Tokyo のロビーなのだろうと感じました。










お菓子は週末にゆっくりいただきます。














Last updated  2019.09.13 09:33:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.11
まだまだ暑いけど もう9月。
秋ですね。
街がデザインやアートで溢れる刺激的な季節。
楽しみと同時に、本業が忙しくなる。
そんな時こそ、
自分の活動もしていこうね。
ってことで
クラッチバッグ​を✂︎

















持ち歩くものはなるべく少なく、手はあけておきたいタイプ。
なんなら、iPhone と クレジットカード1枚が ポッケにあれば出掛けられる。
カギ🗝はアプリで開けられる。
そんな女子力低い私だけど、
行動を制限することがある クラッチ がスキ。
常に意識の中に入れておかなければならない緊張感が、
凛とした気持ちにさせてくれるから。
そしてつくったの。
裏地はくすんだブルーのむら染め。










秋っぽいファーのサンダルもポチったわ。








この可愛さで、1,180yenってどうしたらできるの?







これを高見えっていうの?









チャリ通だから出番少ないよね、
私ってば、どこに履いていくつもり?
自問したら、
ルームシューズにしようとしていたことに気がついた。
あは。
チャリ通中心のお洋服にも飽きてきた。
かも?












Last updated  2019.09.11 20:44:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.09
主にスーパーで買い物をした際に、買い物袋をもらわないようにすること。

エコバッグを持ち歩くこと。
一般的に言われるこの正義、うん、そうだろうとは思うのですけど。



お気に入りのものを使えば上がる↑かなと、
こんな時期も↓ありました。



エコバッグとして使うものを、
玄関に近い場所に、取り出し安いように配置してみたりしたのです。


が、
なんというか、しっくり来ない...
HAYのは貴重品だし←お気に入りのものを常に使う境地にまだ達していない
お宝を取っておきたい気持ちもそうだけど、
なんか違うものがひっかかているのです。


●トートバッグのテロンとした感じが苦手
●コットンに水分が染み込むのが苦手
●そもそもなんでエコバッグって呼ぶんだろう?トートバッグだよね?ショッピングバッグ?





マイルールが多い私、
そんな私が今イチバンしっくり来ているのが↓




HINZA bag




HINZA bag 
ミニサイズは®️では売り切れのようです。残念!
自立する、カタチが崩れない、水濡れしない、入れやすい、デザインgood
私のショッピングバッグに求めているものが複数備わっているのです。

が、デメリットも。
普段使いのバッグに忍ばせて携帯することができない...

買い物をする日、しない日をあらかじめ決めておけばだいたいはなんとかなりますが、
急に必要になった時に対応できるものはないか、
家中を探しました。









sarasa design store さんの店舗でフリマの時にもらったショッパー。
折りたためる、カタチ崩れしにくい、少々の防水性、デザイン。
トート型でこれは私の理想に近いプロダクト。


このふたつのいいとこ取りをしたバッグが作れないかなぁと試行錯誤中です。
以前、ドアの目隠しに使っていた、ターポリンを使って、
FREITAG のようなプロダクトが作れないかなぁ。
作ってみました。






私の自転車、HYDEEのカゴに入れる想定で、
マチのついた、片手持ちのバッグ。
んー、まだ改良が必要です。
シンプルで、よく考えられてるってデザインにしたい!











Last updated  2019.09.09 15:50:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.29
結婚して10年。
一緒に生活して20年。
そのうち、お互い社会人になって15年?(アイマイ)
家族が増えて9年。



ダンナが、
ライフワークを職業に選んだダンナが、
日付が変わってから帰って来るのが当たり前だったダンナが、
彼なりに働き方改革をし始めました。
平日の夕食に間に合うように帰って来るようになったのです!
3週間経ちました。
一緒に生活して20年。
平日に、夕食を一緒にとることはほぼなかったので、
なんというか、新鮮。
これってば、新婚さんみたいな感じとでも言うのでしょうか。
足元がふわっとしているような、
不思議な感じで過ごしております。

と、言っても、
夕食が済んだら、架空の建築の設計をしている、
相変わらずな人なのですけれども。





石鹸を変えました。











Last updated  2019.08.29 23:51:13
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全400件 (400件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >

PR

Profile


ARK.style

Free Space
















​​

​​​





MoMA STORE


Francfranc ONLINE SHOP フランフラン オンライン ショップ


Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】


主張しないから使いやすい、極薄のキューブ型ブロック

Freepage List

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.