909992 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ARK 狭小住宅の {    } な 暮らし

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

美しいプロダクトは試したい

2020.06.25
XML
sarasa design store さんのマスク









思ったより大きくて、しっかり顔が隠れていいです。
ゴムも程よい硬さで耳が痛くならないです。
マスク+メガネ+帽子な私、怪しさ極まりないですね。
















Last updated  2020.06.25 09:12:07
コメント(0) | コメントを書く


2020.06.13
壁掛け時計についてアツく語ったのは、
2年以上も前だったようです。 Link → ★



寝室の壁掛け時計を変えました。
何かの雑誌で見てから
ずっと気になっていた stelton の時計。
ほしい物リストに君臨すること4年、
やっと我が家にお迎えできました。












stelton
デンマークのブランドです。
アヒルを思わせる見た目のジャグ↓を思い浮かべる方が多いのかな?





















Last updated  2020.06.13 17:50:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.19
切り花を買いました。
本当に久しぶりに。

雨予報が続いていて、
庭と呼んでいるベランダでグリーンを愛でられないかもな、と。 Link → ★

レモンイエロー色のひまわりと迷って、
やっぱり、お花屋さんへ向かう時から決めていた、
グリーンカーネーションに。











グリーンカーネーション、ここ数年よく目にします。
市場に出た歴史はもっと長いかもですが、
私が飾り始めたのは、5・6年くらい前からです。

カーネーションといえば、
赤・ピンク → 母の日 の印象が強く、
おそらく、お花屋さんにあるものでもっとも名前を知られているもの。
それもあって、
生活感がすごく感じられていました。
カーネーションからくる生活感は、
安心感が含まれていてポジティブなイメージ、だけれども、
どことなく寂しさも、私は感じていました。
むしろ、寂しさの方を強く感じてしまうのは、
実家とは疎遠の暮らしをしているからでしょうね。


そんなカーネーションですが、
このグリーンカーネーションの登場で、新たなイメージが広がりました。
初めてグリーンカーネーションを買った時、
お花屋さんが「すごくロイヤルな雰囲気でしょ」とおっしゃったのをよく覚えています。
そう、そうなのです。
すごく雅なのです。
色という要素がない、でも、白、ではなく、
茎と同系色のグリーン。
質素さが美しさを引き立たせる、
すごいな、って思います。





{ 久しぶり } な 暮らし。グリーンカーネーションを買ったお話し。でした。














Last updated  2020.05.23 16:09:09
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.11
テーマ:スキンケア(929)
Aesop
中性的 / メルボルン / ライフスタイルショップ

L’OCCITANE
女性的 / プロヴァンス / コスメストア

NIVEA
家庭的 / ドイツ・花王 / ドラッグストア




















Last updated  2020.05.11 09:50:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.19
テーマ:キャンドル(56)
HAY リニューアルマジック​にかかりまして・・・




キャンドルホルダー 30% off !!! でした。










この商品、廃盤になるんですって。
似てるけど、ブラックとはちょっとカタチが違うのです。
®️さんでは、私が買ったお値段より、
さらにお安いショップがありました↓







キャンドルの灯を眺めながら
日曜日の20:00からのラジオを聴くのがここ数年の楽しみです。









Last updated  2020.03.19 19:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.02
うわっ













ここだけ切り取ると、こってりインテリア





ただいま、部屋の中を見直し中です...

ここに敷いていたラグを捨てました。
着ていない服をチョキチョキしました。 ​Link → ★
一般的なスーパーの袋で2袋ほどの量を捨てました。
小さなおうち → コンパクトなおうち(主人に言い換えられました)なので、
2袋でもなくなると、それなりのインパクトがあるのですが、
ここだけはぎゅっと密集しています。
グラフィック、なくすことができません。
写真集などの本は、
ブックスキャンしてデジタルにすることで物質をなくすことはできたけれど、
ポスターはできません。
いつか変わる日が来るのでしょうか?
と、言っても、私にとっての ときめき だから、無理はしない。











Last updated  2020.02.02 23:03:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.31
本来の用途と違う使い方だけど、しっくりくることってありませんか?
今回、このランドリーバッグがそれでした。










sarasa design store さんのランドリーバッグ。






日常使いのバッグって言われても違和感のないこの見た目、
ランドリーバッグって言われる方がびっくりするでしょ?


私はこれを↓↓↓

*お買い物用のマルシェバッグにしたいな、とか、
 →フランスパンとセロリがチラッと見えたらかわいいな
*こんなふうに、ドライフラワーをわんさかいれたい、とか、
 →ドライフラワーのソリッドな色味を引き立ててくれる白さにうっとりしたり
*ポスターやクラフト紙などの丸めた紙類をボンボンさしたいな、とか
 →家で模型を作ったりするのでロール紙がいっぱいある

などなど、
色々な使い方を妄想して楽しんでいます。



®️などのネットショップでポチッとできるので、ファンの方が多い
sarasa design さんプロダクト、
機会があれば、外苑前のlabへ行かれるのをおすすめしますよ。
“ていねいな暮らし” をイメージしやすい、光が溢れる柔らかい雰囲気の店内は、
プロダクトの利用シーンがイメージしやすく、自分にとっての定番と出会えます。
トーンが統一されつつも、ディスプレイは、定期的に変わるので、
同じプロダクトでも、違うように見えたり、新しい発見もあります。

と、いいつつ、物欲が刺激される危険な場所でもあるので、
1Fのディスプレイをガラス越しに見て、上まで上がらないこと9割の私です。
逆に言うと、お店の前には行き過ぎています...










そして、この写真、よく見たら、外苑前が集まっていました。

ACTUS で買った Holstee のポスター
Francfranc のクッション
MAGIS の チェアファースト(←青山一丁目だけど、外苑前から歩けるよ)


実は外苑前、ステキなライフスタイルショップが複数あります。

外苑前って、銀座線しか止まらない小さな駅ですが、
表参道や原宿からも歩けるところです。
国立競技場の最寄駅でもあります。
迎賓街でありながら、オフィス街でも、住宅地でもある、面白い魅力のある街です。


話があちこち行きましたが、
美しいプロダクトと、外苑前の街がスキだと言うことが描きたかったのでした。












Last updated  2020.04.06 11:16:39
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.12
テーマ:キャンドル(56)
今日は、少ない物量のインテリアを目指しつつ、
ずっと憧れていたディスプレイをやってみたお話です。




Ester & Erik​ のキャンドル








世界遺産、Blue Mountains を6時間歩いたあと、
LEURA駅まで歩く途中のインテリアショップでたまたま見つけてました。





blancdejuillet ブランドジュリエ さんのサイトより

蝋は垂れずに蒸発してなくなります。
煤がでず、安定した炎の大きさで終わりに近付くと勝手に消えますので、
実用的かつエコなキャンドルです。


* * * * *


2年前、コペンハーゲンで見かけて Link → ★ 
その時は、プロポーションと、ディスプレイの美しさに心奪われたものの、
あまりの高価さと、他に魅力的なものがたくさんあったので、
購入には至らなかったものでした。



あれから、
家のインテリアを整えたり、
何度か旅行へ行ったりするうちに、


少ない量のインテリアに身を置きたい、との思いが強くなりました。


そんな生活の中でも、
新しいものが欲しくなったりします。
何か買い物がしたくなったりもします。

少ない物量が心地いいと思っていながらも、そんな感情が湧いてくるとき、
アクセントとして取り入れやすい「キャンドル」に目が行くようになりました。
使う前、明かりを灯している過程、
それぞれの美しさがあって、消えてなくなるプロダクト。

何度もあの美しいプロダクトを思い出すようになりました。
®️でポチッとすれば手に入るとわかったものの、
あの整然とぶら下がっている中から手にとって持ち帰って来たいと願っていました。
目星いインテリアショップを探しても出会うことのなかったこのプロダクトに、
2年後、
しかも、世界遺産の大自然、Blue Mountains の麓で出会うとはびっくりしました。


やっとお迎えできたプロダクト、
by lassen の フープに下げることができました。







使うのを楽しみにしつつ、予定は未定です。















Last updated  2020.01.12 11:04:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.05
テーマ:ポスター(3)
タイポグラフィがスキなのです。
同じ言葉でも、
フォント・カラー・レイアウト・サイズ・バランス etc
少しの差で印象がガラリと変わるから。



コペンハーゲン の 新しいブランド Project Nord さんのポスターをいただきました。
複数の魅力的なグラフィックの中から、
REVOLUTION ( Link → ★ )​を選びました。











REVOLUTION → 革命 の中には LOVE が入っているのです。
この作品をみた時、
クリエイティブに関わっている方は、
デザインのチカラを本当に信じているのだろうなと感じました。







はじめは、表面にフレームのアクリルをつけていたのですが、
紙質がとても印象的なので、
そのままの方がいいとおもい、外しました。




テキストの部分、ベタ塗りじゃないのです。
わかるかな?






ムラっとトッドが入っています。
さりげなくてカッコいいのです。







魅力を引き出すこと、
新しい視点を提案すること。

私自身、デザインに関わるものとして、
気づきのあるものを発信したいと思っています。
この作品には、それが直球で現れていたのでハッとしました。


これを選ぶのは必然だったのですが、
他の作品も魅力的で、
1つを選ぶのに、実は3日かかりました。






一筆書きの作品
私もかけるようになりたいのです。






線画の作品
想像力次第で何色にも染められる余白に惹かれます。






レモン
レモンイエロー、スキなのです。
シンプルなのに特徴的なフラットデザインができるようになりたいのです。






LOVE & HATE
相反する なのか 共にあるのか
コンセプチュアルな作品にも惹かれます。







我が家にはないタイプの有機的な作品にも興味がありました。








例えば、クリスマスツリーを飾るように、
アートを飾る。
アートを暮らしに取り入れることで、
気持ちを豊かにする。



そんなデンマークの時間の過ごし方や心の持ち方、
Hygge ヒュッゲ​ を表したグラフィックの魅力の他にも、
環境を考慮したブランドへの想いにも、とても共感しました。



つくることと、環境との共存。


・1枚のポスターにつき、1本の植樹をする
・環境を考慮した用紙・インクを使用する
・オーダーを受けてから印刷する


私自身、
デザイナーとして、資源を使ってつくることを考慮したい。
消費者として、ものを大切に扱いたい。
それが、正しい生活者だと思っています。
私のボキャブラリーでは、どんな言葉を重ねてもチープになってしまうのだけど、
きちんと言葉にすることは大切。
でも私はそれが苦手だから、タイポグラフィに惹かれるのかな。




Project Nord​ さんのサイトでは、
*12/8(日)まで、ブラックフライデーの延長で、30%OFFセールを開催中です。
*12/11(水)まで、15%offクーポンをご利用いただけます。
 クーポンコード:ARKSTYLE15
http://bit.ly/2P9KmSd

















Last updated  2019.12.05 23:40:43
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.29
テーマ:乾燥。。。(68)
買った目的は、もちろん、食品の乾燥剤として使う予定だったのだけど、
ストックをあまりしない我が家には必要ないものだと気がついたので、



soil を Aesop さんのショッパーに入れて
通年しっけているだろう、ベッドの下に入れました。










効果があるかはこれから。
ていうか、
効果測定ってできるものなのかしら?

気持ちの問題よね。










Last updated  2019.10.29 22:51:36
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.