556555 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ark style 超極小住宅のミニマルライフ

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

ワーママのシンデレラシンドローム

2019.08.08
XML
以前、職場からもらってきた布。
いつか布巾にしようと思って、しようと思って、
季節が変わってしまいました。


いざ。
ワンウォッシュ → 切りっぱなし → フープをつける
ただこれだけのカンタン手芸。








息子が体調を崩し、
はじめのうちは、いつも通り、次の日にはけろっと治るだろうと甘くみていました。
様子みつつ、家で仕事をしていたのですが、
なんだか治る気配がない...
心配。
仕事に身が入らない。
ならば思い切って休んでしまえと。
息子の横で詰めていたところで、なんだか看病疲れしてしまいそうだったので、
だったら、やろうやろうと思っていた家事をちょいちょいしようと、
思い立って色々とやってみました。









私ってば、このまま仕事を辞めて家庭に入るのもできちゃうんじゃないの?
無理だと思っていたけど、できちゃうんじゃないの?






今日、久しぶりに出勤しました。
会社は会社で楽しくて、
なんでも楽しんだ方がいいんだなと、
なんだかほんわかしました。












Last updated  2019.08.08 21:54:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.21
息子を待っている時間、スタバへ行き、
どうしてか、ショートのつもりがトールサイズのドリンクを頼んでいました。








しかも、終わる時間を30分勘違いしていて、
終わったはずなのになぜ連絡がこないのかヤキモキして、
全くおひとりさまを楽しめませんでした。



隙間時間を受け入れられる心のゆとりを持ちたいと思いました。









Last updated  2019.04.21 22:24:32
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.09
時間の流れは人によって違う。

あぁ、ドワンとベッドに倒れこみたい・・・







仕事のお話。

ここのところ仕事が忙しい。
そんなとき、5分で済む話を、
メンバーは3人だしって、打ち合わせ〜って形式を取られてしまったものだから、
ダラダラと1時間・・・
あぁ、議事録をメールでくださいって、お断りすればよかった・・・
ううう、、、

結果、予定していた仕事が終わらず持ち帰ってくることになってしまい、
夕食前の息子が宿題をやっている時間にちゃちゃっと、
なんて始めてしまったときに限って
「ママ〜これ、教えてちょ❤︎」
なんて、可愛く言い寄ってきたりして。

息子との時間を大切にしようと思ったからこそ、
家では仕事をしない!
って決めたのを破った私が悪いのだが・・・

よし、終わった!
って思ったら、
ダラダラ打ち合わせの相手から、
結局○○○でよかったんでしたっけ?ってラインがくるという。。。
ううう、
担当者がカンジンなところを理解していないなんて、、、
しっかりしてくれ。

伝え方を学ぼう、
いや、その前に、断ることを覚えよう。
関わり度の低いものにまで首を突っ込んでいたら、
ご意見番になってしまうのではないか。
ワーキングマザーの時間の流れは、違うのです。


さ、愚痴ったし、切り替えよう。






Last updated  2019.04.09 20:40:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.05
昨日の出来事。
忘れ物して、家に帰った画。






うっかりにもほどがある・・・

パソコン忘れた!
って家に帰ったらなくて、
もう焦って、
位置情報確認したら、
会社のカフェに置いてある。。。
週末にボランティア活動で休日出勤 → 困憊して、
置いて帰っちゃえー!
って放置したのを忘れていたわ。

あわてず、落ち着いて、
ね。
はぁ、片付けから家を出てよかった。
散らかっていたら、再出社どころか、片付けを始めていた気がする。





もう充分にモノはあるでしょ?
#アート のある暮らし しませんか?





​​






Last updated  2019.02.05 07:00:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.26
on / off の 切り替え、帰宅後のビールでした。
本日は、メンヘル的な日記です →








制作・イベント業界は職業柄、定時ってものが存在せず、
ワーママって言いたくないけど、言ってしまいますけれど、
早く帰る身としては、やっぱり肩身が狭く、、、
それを酒でごまかすなんて、サイテーと思いつつ、な、ここ数年だったのです。


そんな私が、
11月に入ってから、月〜木の平日4日間、ノンアルで過ごしています。
ただいま、3週目経過し、本日から4週目。

ずっと節酒したいと思いつつ、
今回始められたのは、何がきっかけだったのか?
たまたま冷蔵庫にビールがなかっただけだったからなのですが、
偶然、ありがとー!
なんて思っている今日この頃です。


平日4日飲まなかったら、めっきり弱くなりまして、
2週目の金曜日、
1本でもういいやって感じになったのですが、
今まで2本が適量だったし、飲んでしまえ!
って飲んだところ、
次の日二日酔いに見舞われ、やりたいと思っていたことが捗らなかったので、
美味しいと思うところでやめるようにしました。

先日の3連休は、2日ほど、主人と二人で1本で満足しました。
人って変われば変わるものなのね、
なんて思いつつ、まだ3週しか経っていないしね、
これから年末年始で飲む機会が増えるけど、
気を引き締めて行こうね、
コーラで酔える友人を見習おうと思った今日この頃です。











Last updated  2018.11.26 20:26:01
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.17
​過去の写真を見ていると・・・ うわっ、こんなの持ってた!

超、​​​​​​​​​​



​​​​​​​​​​​​ラ​​フ​ ​​​​​​​​​​​





​HAY BOXBOX​


このセットは写真に写っている3個の他に、
ダークグレー / グレー / グラフチェック / ライトグレー 7BOXだったのです。
​ちなみに、ブルーのセットも買いました。

​↓​










計、12個あった BOXBOX は、モノトーンの5個を残し、
プレゼントボックスに使い、我が家から旅立たせました。





今までけっこう手放してきたのね。
でも、なくなって後悔したものってないなぁ。





このカラフルなものを買っていたのは、
ウッド+ホワイトの前の家​に住んでいた3年くらい前で、
育児の勝手がだんだんとわかってきた頃。

それまで育児は「耐えるもの」と思っていたのだけれど、
どうやら子どもと一緒に楽しむものらしいと、息子が5歳くらいになってやっと気が付いて(←遅すぎ!)
急に子どもらしいパステルカラーとかを頑張って取り入れようとしていたのでした。



うん、
頑張りすぎて疲れたよね。
今までのシックなインテリアから、急にカラフルにしたものだから、
1年も経たずして断念しました。
今振り返ると、育児と仕事の両立でいっぱいいっぱいで、育児ノイローゼだったような気がします。



ホント、私ってば、ツッコミどころ満載。



それから、モノトーンインテリアになって、徐々にものを減らし始め、
今に至っています。

なんだかわからないけれど、過去の振り返りでした。










Last updated  2018.11.17 15:49:27
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.10
会社に買ってもらった MacBook Pro が、2ヶ月しないで壊れると言う・・・

え? 私、使い方、雑なの?
またすぐ壊すんだからって言われる・・・

そんなこんなで、
1週間ほど入院しておりまして、
気が気じゃなく待っていましたら、
原因は、ウワサの初期不良。
もー!




その間、家で仕事をしておりました。







こんな時に限って・・・ってのは、ただの偶然なのだけど、
提出があったり、打ち合わせがあったり、インターン生が来ていたり、
1日に家と会社を何往復するんだ?って感じでバタバタでしたが、
久しぶりに仕事で達成感を得たのでした。
(↑ただ動いていただけかも・・・)



働き方なんちゃら、
テレワーク(←呼び名がダサいから自宅作業と言っている)
多様性...etc
色々あるけれど、
30代も残りわずかにして働くことについて考えを改めた私です。

責任を取れる範囲のことをやろう。

以前はなんでもキャンキャン手を挙げていたけど、
これからは、密度を上げて行きたいと思ったのでした。















Last updated  2018.10.10 20:25:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.30
テーマ:捨てる技術(19)
意気込みがへし折られる瞬間。






ちょっと家を空ける際、
毎回意気込んで、家の中を片付けてから出掛けるのです。

この家には不要なモノはないわよ、
って言い切れるくらい
(ちょっと言い過ぎ 𓀊𓀉𓀂)



でも、
旅行から帰って来ると、
コレは本当に必要なのか?
モノとの関係を見直すきっかけになります。

Link → ★ ミニマムな持ち物での海外旅行 → 帰ってきてからの猛断捨離


今年、4回目の旅行でした。
出掛ける前、
シーツを洗濯して、
机の上には何もない状態にして、
ものは全て定位置に戻してから出掛けたのですが…
帰って来ると不思議と感じる

「コレは本当に必要なのか」


超狭小住宅の我が家、モノは少ないはずなのに。
それでももっと身軽になれると感じたのは、
今回の旅行のメインが 鈴木大拙館 だったからかもしれない。

あのミニマルなのに、
想いが積み込まれた空間に じんわり、じんわり 吸い込まれて、
東京に帰って来てからも まだ余韻が残っているのです。
初めてじゃなかったのに、
今回の感じ方は前とは違かった。


もっといろいろなものから解放されることができる。
きっとできる。


と、言いつつ、
次の旅行に向けて、買い物をした 矛盾。


収穫前夜祭


明日はゴミの日です。
家の中、物色開始→






Last updated  2018.10.07 10:23:55
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.20
最近、私的に珍しく、仕事中に音楽を聴きながら作業をしています。



お仕事風景をチラリ


椎名林檎さま、デビュー20周年♬

普段の生活では、JAZZとか、洋楽がほとんどで、
邦楽はあまり聴かないのです。
邦楽、日本語って聴いてると気になってしまって集中できなくなってしまうのです。
思春期に聴いていた曲がかかったときには、
イタさ思い出し、ハズカシクテタエラレナイ・・・
初期のミスチルとか、穴があったら入りたい衝動に駆られます・・・


ですが、林檎さまは別。
林檎さまはいつ聴いてもスッとくるのはなぜ?




グラフィックの仕事をしていると、
音楽ってとっても嫉妬する存在なのです。

時間も空間も一気に飛躍してその世界に入り込める。

グラフィックは、最近はSNSの普及で、
みんなが素敵なものを作れるようになって、目も肥えてきちゃっていて、
次々と出るから、どんどん記憶に残りにくくなっている。

プロとしてどこで差を出すのか、
これは、グラフィックだけではなく、
音楽も含め、ものをつくることを生業にしている場合は共通の課題なのだけれど。

そんな中、林檎さまがスッとくるのは、
ストーリーに入り込めるからかな。
きれいごとだけじゃない痛みも伴って。


コミュニケーションに難ありな私が、
人を意識して、ストーリーをテーマにしたグラフィックづくりをしてみたのでした。






Last updated  2018.06.20 22:01:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.06
統一感は時として単調になる。





ひとつひとつが個性的で、
それらが集まるとチグハグな印象を受けるものを、
統一させてしまうセンスを磨きたい。


本物に触れ、自分なりに咀嚼し、
アウトプットする。


instagram​ は身近にある使いやすいツールだと思う。


アウトプットをしたら、評価を受け入れる覚悟も必要なのだけど、
私は、
否定されることに弱い
そして、落ち込む、ひどい時には自暴自棄になる。
たまに褒められると、
慣れていないからどうしたらいいかわからない、
でも、褒められたいし、認められたい。


あるとき、私のデザインの感想を息子に聞いた。

「ママ、それがいいかどうかは、自分が決めることなんだよ。
 デザインは、答えはひとつじゃないんだよ」

小2の言葉とは思えず、ハッとさせられた。


常々、親の価値観が疑いもなく子供に植えつけられるとしたら、
それはとてもコワいことだと思っていたので、
この息子の言葉を聞いた時、すこし安心した。
彼は彼の評価軸を持ち始めているのかもしれない。
親バカな見方だけど。


思考は現実になる。
「○○でなくてはならない」と自分を縛る言葉を使うのをやめよう。


環境が人を育む。
目指すものの近くに身を置くようにしよう。
でも、盲目で信じることはしないようにしよう。


一番使うアプリケーションをadobeにしよう。
スマホを触る時間を減らして、鉛筆を握ろう。






Last updated  2018.10.07 10:24:05
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Profile


ARK.style

Free Space
















​​

​​​





MoMA STORE


Francfranc ONLINE SHOP フランフラン オンライン ショップ


Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】


主張しないから使いやすい、極薄のキューブ型ブロック

Freepage List

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.