000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ark style 超極小住宅のミニマルライフ

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

ミニマムな持ち物での旅行

2019.01.17
XML
ポルトガルといえば、坂の街。
魔女の宅急便の世界の中にいるような気分が味わえます。
坂を登るケーブルカーも可愛くって、
見かけるたびに立ち止まって、息子は手を振っていました。
2年生でもまだそんな無邪気さが残っていたの?
いや、旅行マジックですね。






観光客で大賑わいのビッカ線。



ナント!
今回の宿泊先は、このビッカ線の乗り場とジョイントしている建物、
Ascensor da Bica - Lisbon Serviced Apartments​ でした!

このお宿、なんと表現すればいいのか、アパート?

フロントがなく、エントランスと部屋のドアにテンキーがあり、
メールでそのドアの暗証番号が送られてくるだけなのです。
スタッフの方と顔を合わせることはないのですが、
毎日のお部屋の掃除はしっかりやってくださいました。

1フロアにある部屋は間取りが全部違うようです。
 避難経路の図でわかったのです。
 写真を撮ってくればよかったと後悔しています・・・


アパートというだけあって、キッチンが付いていました。
IH2口、電子レンジ、電気ポット、コーヒーメーカー
調理器具、食器、カトラリーそれぞれ十分な量がありました。










そこで私、初めて海外で料理をしました。
料理ってほどのものでもないのですが(笑)






いつかの夕食:パスタとソーセージとサラダ





いつかの朝食:パンとチーズと生ハムサラダとポテトチップとスープ




リスボンの台所と言われる、​リベイラ市場​の近くのお宿だったので、
魚介類を買ってきて調理したかったのですが、
年末年始であったことと、遅くまで出歩いていたので食材が残っていなかったこともあって、
スーパーで買えたもので賄いました。



子供を連れての海外旅行、食事はどうするの?
よく聞かれます。
わかります。子供が小さいほど考えますよね。

ウチの息子は食べるのが大好きなのですが、
外食は落ち着いた場所がいいらしく、
リベイラ広場のフードホールは1度行って、
美味しいけど、別のところがいいとのことでした。。。











我々はこの「SEA ME」で3品頼みました。
日本がスキな?店員さんがカタコトの日本語で話してくれました。

・リスボンのソールフード的な白身魚のフライ(3個入り+付け合わせ)
・グリルサーモン(目玉焼き、きのこソテー添え)
・グリルマグロのサンドイッチ(見た目は茶色くてアレなのですが、お味は◎)





我が家が海外旅行へ行った際の食事はこんな感じです↓



 【朝】半々くらいの割合で
  パターン1:ホテルでパン+サラダ+ヨーグルト(前の日にスーパーで買っておく)
        ※お湯が沸かせる環境にあれば、スープをプラス
  パターン2:カフェ(外食)


  【昼】
  地元の料理をレストランやカフェで

  【夜】半々くらいの割合で
  パターン1:ホテルで、スーパーやデリで買ったものを
  パターン2:レストラン




こんな感じで旅行といえど、中食と外食が半々くらいの割合なので、
今回キッチンが付いていて、本当に感激でした。
特に、暖かいスープをきちんとマグでいただけるかってポイントです。
我が家、いつも安旅なので、
カトラリーはもちろん、食事用のテーブルが付いていないところがほとんどなのです。
なので、今回のお宿は本当によかったです(←しつこい!)



【2018-2019年末年始の旅行日程】

12/30(日)15:05 羽田発
羽田→広州(中国)→パリ→(フランス)2回乗り継ぎ:29時間10分

12/31(月)11:45 リスボン着:1泊目
→クチポールのディスプレイをパシャり Link → ★

1/1(火)リスボン:2泊目

1/2(水)リスボン→ポルト(日帰り):3泊目

1/3(木)リスボン:4泊目

1/4(金)18:30 リスボン発→20:05パリ着:パリ1泊目

1/5(土)11:45 パリ発 Link → ★
パリ(フランス)→広州(中国)→羽田

1/6(日)13:50羽田着

5泊7日。
格安切符のため2回乗り継ぎの移動時間は長かったですが、
長かったからか?時差ボケ感はあまりなかった気がします。
飛行機嫌いじゃなかったら、いいかもですよ?














Last updated  2019.01.17 22:38:37
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.15
「またエンピツ?」
そう言われるよね、Link → ★







はい、ひややかに言われながら買ってきました。
引くとね、エンピツ以外もあるよ。







ティータオルと、パッケージに惹かれてかったヴァセリン。
ティータオルもまた?って突っ込まれたのはその通り。
私の旅行での買い物鉄板アイテム。
劣化が遅いし、使えばなくなるからね。


お友達用には、
ポルトガルの伝説の雄鶏、ガロのイラストが書かれた石鹸とキャンディー。



(ツバメは自分用)






記憶とは曖昧なもので、
旅行へ行くと、
この景色に似たようなところに前もきたような、
とか、
この感覚、前にもあったような、
とか、
現実なのか、デジャブなのか、そんな感じになるのです。
(建築めぐりが趣味なのに、詳細を覚えようとしないからな気がするけれど)
そんなわけで、
何らかの方法でライフログを残そうと模索中です。











Last updated  2019.01.15 06:45:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.10
そろそろ傷も癒えた頃なので・・・







入れなかった・・・

超凡ミス・・・
ポルトガルのプロダクトデザインといえば「クチポール」なのに、
ぐぅ、
初日に場所を確認して、
(その時は閉まっていると思っていたけど、開いている時間だった気がする・・・)
お宿に近いからまた今度来ようと、思ったら・・・
閉まっていたのです・・・
1/2 - 1/8まで冬季休暇って張り紙が・・・
しかも、ディスプレイ変更をするのか、ウインドウが隠されていた・・・
この点は、ちらっとでも見れていたのでよかったです。ほっ。








木の枝に、クチポールの代名詞 GOA が オーナメントとしてディスプレイされてました。
斬新!





今回は、ただただリサーチが甘かったです・・・
事前にメールして問い合わせておけばよかったところを怠けたのです・・・

年末年始海外旅行のポイントは、
営業時間の確認ですね。


遺跡やレトロ、アンティークよりも、
モダンがスキな私が、今回なぜポルトガルへ行ったのか?


その土地のことを知らないで、
「クチポール、ステキ」とか言うのに疑問を感じたからなのだけど、
数日程度ではわかるわけもなく、
でも、
1歩は進めたと、前向きに考えようと思っています。







カトラリー以外のクチポール、本場で触ってみたかった・・・




今回の旅行でわかったこと。
地図は2Dだけで見てはいけない!
アップダウンのある街へ行って、改めて思ったのでした。














Last updated  2019.01.10 07:00:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.07
旅行先の写真を振り返ると、
風景とかの THE 旅行!的な写真が少なくて、
サインとか、グラフィックとか、
お洋服が好みの人の隠し撮りとか、
変わった建材とか、
そんなのばっかりなのです。









🇯🇵→🇨🇳→🇫🇷→🇵🇹
格安チケットで 2回乗り継ぎ✈︎
少しでも体力のあるうちに、
行きたいところひとつづつクリアしようと✈︎

ものを減らしたら、
物欲が旅欲に変わった気がするのです。









衝撃的なことがあって、
数ヶ月前、
小5の女の子にインフォメーションの「i」マークがなんのことかわからなかったと言われました。
旅慣れしている、比較的いい学校に行っている子です。
トイレのサインや、¥マークも子供達にはわからないそうです。
疑うことなくそれらのマークを使っていたので、ショックでした。
なので、今回の旅行は、余計にサインに目がいったのかもしれません。













市販のガイドブックは見ず、
個人のブログとインスタを頼りに、旅行のしおりを作り、
何かあったらその場対応!と思い現地に乗り込みました。
結果、今回の旅行も珍道中でした。
旅行ってそんなものですよね。

他のヨーロッパの国のように、キャッシュレスが進んでいるのかと思いきや、
キャッシュオンリーのお店が多かったり、
さすがに丘の街だけあって、2Dの地図だけを頼りに進むと大変だったり、
色々な出来事を改めて綴りたいと思いつつです。

















Last updated  2019.01.07 22:48:53
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.04
​​語学とか全く自信がないけれど、
(↑全部主人任せ)

ツアーとか予約時間にしばられず、
(↑ありすぎて、どれがお得か比較するのに疲れ、事前予約せず)

自由に、そして、リーズナブルに、
親子3人、6泊8日(8/15-22)のロンドン旅行を楽しんだと自画自賛する我が家の旅行記録。





実際に回ったコース(GOOGLE MAP)


【今回の目的】
✒︎ バンクシー探し
✒︎ 美術館・博物館、建築物巡り
✒︎ 友達に会う
※子ども(小2)を子ども扱いせず、親の趣味に付き合わせる



【環境】
・激安航空券のためドーハ乗り換え
・ガトウィック空港着
・寝るだけの安ホテル(キングスクロス駅:zone1)
※出発まで1ヶ月を少し切ってからの予約でした。
 6ヶ月前くらいまでに予約すると、さらに1/3くらいコストカットできたようです。


【気候・服装】
朝・夕は涼しく羽織るものが必要です。
日中は、26~32℃くらいで長袖では暑いくらいです。
ロンドンの夏はとても日が長く、
滞在期間中の日没の平均時刻は、20:30。
ロンドンと言えば、急な雨のイメージがあったけれど、
降られたのは半日のみ。
すごい豪雨でびっくりしたけれど、予報通りの時刻には上がりました。


【必須荷物】​少なめ Link → ★
◯服
 中日で洗濯する想定で、宿泊日分の半分の下着(着ている分を合わせ、3日分)
 ーワイシャツ1枚づつ ドレスコードの必要な場所に行く予定はなかったけれど念のため
 ーズボン 主人:1 私・息子:2
◯スリッパ 
 ホテルで過ごすのに必須
◯基礎化粧品など
◯PC・WiFi・モバイルバッテリー・カメラ
※必要なものは現地調達の精神で!でも実際その必要には合わないのが現実です。



【滞在中の交通切符】
◯空港から市内への交通
◯滞在中の切符
 前に調べたらこれまた色々とある・・・

結局、​「空港の駅でどれがお得か聞くのが早い」​
との情報を頼りに、空港についたらまずはチケットカウンターへ。
良い方に当たったのか、とても親切で、
宿泊地、滞在日、子供がいることを考慮すると、下記を勧められる。

オイスターカードに、
◯ZONE1-2 区間の地下鉄・バス・水上バスの7日間フリーパス機能(トラベルカード)を入れる
◯ガドウィック空港からビクトリア駅までの特急料金(約6ポンド)をチャージする
※子供は親と同伴で12歳まで(?)無料。

オイスターカードは、日本でいうスイカのようなものだから、
不要になった際、カードを返却するとデポジットが返金される。
ロンドンの地下鉄は、ゾーン制、
日本のように乗越清算ができず、残高不足は罰金とか、おっかないことを聞く。
前回行った時は困らなかったけど、今回は滞在日数が長いからちょっと気になって、
この7日間トラベルカードが欲しかったのだけど、
旅行前にネットで調べた情報では、事前にオンラインでしか購入できないとあり、諦めてたけど、
無事購入できてました。
※私の語学力で聞き取れた内容で、差異があるかもですが、
 期間中、切符で困ることはなかったです。


実際に回ったコース(GOOGLE MAP)


【スケジュール】
0日目(8/14):東京発(深夜便、機中泊)
        ✈︎:8,256 km
1日目(8/15):​ドーハ乗り換え​(滞在時間:3時間)→ (夕方着)
        ✈︎:13,473 km・徒歩:3.8 km・電車:10.1 km

2日目(8/16):ハイドパーク方面→ZONE2から路面バスで中心部へ→テムズ川沿い散歩
 徒歩:22.7 km・電車:5.9 km・タクシー:3.9 km

3日目(8/17):London PASS 1日分を購入
 徒歩:12.3 km・電車:7.0 km・水上バス:3.4 km

4日目(8/18):バンクシー4作品!
 徒歩:10.4 km・電車:13.2 km・バス:4.8 km

5日目(8/19):大英博物館などゆっくり回る
 徒歩:7.1 km・電車:7.8 km・バス:2.3 km

6日目(8/20):キューガーデンでゆっくりピクニック
 徒歩:8.6 km・電車:41.8 km・バス:3.8 km

7日目(8/21): → (夕方便)​ドーハ乗り換え​(滞在時間:2時間)→(機中泊)
        ✈︎:5,217 km
        徒歩:5.7 km・電車:43.0 km

8日目(8/22):東京着
       ✈︎:8,298 km・バス:67.0 km・徒歩:250 m
​​






Last updated  2018.10.06 11:52:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.30
6泊8日のロンドン旅行へ行ってきました。
今回の目的↓
 
✒︎ バンクシー探し
✒︎ 美術館・博物館、建築物巡り
✒︎ 友達に会う


街巡りプランマップ

実際回ったところはちょっと違くて、
目的の達成と合わせて、まとめ直そうと思いつつ✒︎
(予定は未定)



ロンドンで買ってきたもの


【1】えんぴつたち





行く先々で、鉛筆を買い求めました。
旅行のお土産に鉛筆✒︎
扱いに困るキーホルダーより、
鉛筆は使えばなくなるからいいでしょ?
って、
キーホルダーも、ピンズも、缶バッチもしっかり買うんだけどね!




【2】キーホルダー・ピンズ・缶バッチ、と思いきや、ミラー




これも行く先々でちょっとづつ買い求めました。
アクセサリーはあまり身につけないので、
かわりにお洋服にピンズとか、ジップにキーホルダーをつけたりとかして、
アクセサリー風にしています。




【3】刺繍のガーランド?




これまた行く先々でちょっとづつ買い求めました。
最近ハマっている刺繍の参考に。
刺繍仲間と、ロンドン大好きなお友達用にも。




【4】お洋服




Tーshirts は、SaatchiGallery のスタッフさんが着ていたのが素敵で♡
スエットは、scotch & soda 。本拠地のアムステルダムに行ってみたい。
ロンドンは涼しかったので、早速着ました。





【5】レゴ



息子がじゃんけんで勝利したので、2つも買いました。




【6】ティータオル&スイーツ




老舗デパート、Fortnum & Mason で。





【7】コーヒー




大英博物館から歩いていける距離に3店舗ある「Tap coffee」
お店でカプチーノをいただいて、あまりの美味しさに、
おかわり&豆を買ってきた私。
バリスタクリップは、 Fortnum & Mason で、
カップは、知人のデンマーク旅行土産が友情出演。





【8】地図+自転車のグリップ



地図専門店 Stanford で買った scratch map。
®️さんでポチッとできるのだけど、本拠地のイギリスで買ってみたかったのです。


自転車のグリップは、Fortnum & Mason のメンズフロアで。
主人が買ってくれたのですが、私の自転車用になりました。
これも日本でも買えるものですが、
自転車に乗るたびにロンドンを思い出せていいです。



今回は、前回の海外旅行と違って買い物がメインではなかったのですが、
こうしてみると、色々買っています(苦笑)

色々と買ったので、
家の中に捨てられるものはないかと見回りつつ、
お土産を私に友達に会いに行こうかと思う今日この頃です。






Last updated  2018.10.06 11:52:13
コメント(2) | コメントを書く
2018.08.27
テーマ:海外旅行(5171)
家族3人・6泊8日
小さいスーツケース×1、リュック×2、サコッシュ×1
軽装で、航空会社の方にびっくりされました。






スーツケース SS サイズ キャリーバッグ
きっと飛行機の積荷で、投げられたよね、汚れたね、
そんなもんだよね。


帰ってきたら、旅行のまとめをしようと思っていたのですが、
気温差と時差と気の緩みからの風邪で寝込んでしまっているここ数日です。






Last updated  2018.10.06 11:52:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.23
これ、どこかわかりますか?




ビックベンはただいま改修中です。


12年ぶりに訪ねたロンドン、建築ラッシュでした。
バブル。
いろいろと、胸いっぱいで、
少しづつ、東京での生活に戻っていきます。






Last updated  2018.10.06 11:53:59
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.14
テーマ:海外旅行(5171)
何かが私を動かして→
旅行のしおり、制作中です✒︎





前回の旅行の際 Link → ★
荷物軽量化にこだわって、
予定をデータ化 → モバイルでスマート管理〜 スマート旅行〜
なんて思っていたら、
まさかのネットワークトラブル&電池切れに見舞われ・・・
出力してバックアップを持っていけばよかったと後悔したのでした。


今回、手荷物は、さらなる軽量化を図ります!
夏だしね、
衣服は薄いからなんかなるわよね、なんて、甘くかんがえていたのですが、
小さいトランクに家族3人、6泊8日。
必然的に厳選することになり、
さらには、全て気に入ったものを持っていきたい!
なんて、熱が入ってしまいまして、
アメニティは、思い切って、Aesopを買いました。





素敵な香りに癒されます。


さて、旅行、どこへ行くのか ✈︎✈︎✈︎






Last updated  2018.10.06 11:54:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.22
毎日同じ時間に同じ場所へ行って、
同じことをして・・・
そんなルーティンは耐えられないけれど、


旅行へ行って、日常生活が崩れてしまうのは・・・


何が崩れるか、

家中の週末リセット(大物の洗濯)と、まとめ買い→常備菜作り
これができないと、
平日の家事がどーんと増えてしまうのです。。。


じゃ、旅行へ行かなきゃいいじゃんってことなのですけど、
旅行へ行くと、
ものと自分との関係を見直す機会になるので、
Link → ★ 
週末リセットか、価値観の見直しか、
天秤にかけて、旅行へ行ってきました。
↑いちいち大げさです。



旅行先は、主人の出張に便乗して広島。
メインは「宮島」
予備知識のないまま、世界遺産の厳島神社のあるところへ→






シンプルな攻めのデザインが素敵な宮島コーヒー
せっかく宮島へ行ったので、レモンのドリンクが飲みたかったのですが、
思いの外寒くて、暖かいものにしました。
なんとなく東京より暖かいと思っていましたが、
海風のことをすっかり忘れていました。



無知ってすごい、本当にすごい、



さらに無知は続き、
せっかくだから上を目指そうと、
備えなし、革靴のまま、弥山の頂上まで、
片道30分の プチ登山することになりました。

びっくりしたのは、
私たちと同じ時に頂上を目指すのは、ほとんどが海外から旅行へきた方々で、
日本人は、10%にも満たないくらい少なかったことです。
麓のお店には、日本人の方がたくさんいるのですけどね、
頂上まで行かないのですね。


・・・・・・・


旅行へ行って、まだ日常生活を取り戻せない私。
なぜ?
移動の疲れが抜けきれていない?
食べたものが消化しきれていない?
田舎がキライ病が疼いている?


こんな時は、ビールでも飲みながら、本でも読もうかな、




私、国内旅行、キライなのかな?






Last updated  2018.10.06 11:53:35
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Profile


ARK.style

Free Space
















​​

​​​





MoMA STORE


Francfranc ONLINE SHOP フランフラン オンライン ショップ


Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】


主張しないから使いやすい、極薄のキューブ型ブロック

Freepage List

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.