8521560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

臼井不動産.横須賀不動産コンサルティング

2018年07月29日
XML
西日本大震災でお気の毒な事件がまた起こりました。
学校のプ-ルに建つブロック塀が倒れ小学生の女子が圧死した事件。
それ以後、次々に危ないブロック塀が修復または撤去されているのを目にします。


 大阪府北部で起きた震度6弱の地震で小学4年生の女の子が、違法建築だった小学校のブロック塀の下敷きになり亡くなった。
大阪府警は業務上過失致死容疑で捜査を開始しています。

全国に危ないブロック塀は沢山あります。
今回の事件を契機にして地域でブロック塀の見直し機運が高まり、通学路にある危ないブロック塀は次々に修復または取り払われています。

仮に塀が倒れて人身事故でも起きれば、塀の持ち主は刑事事件として身柄を拘束されたり、損害賠償の請求をされてしまう。

通行人からの通告もあったり、塀の持ち主や警察、役所へも危ないブロック塀に対する注意が沢山寄せられている事からも、その関心の高さがうかがい知れます。

特に積み増してあるブロック塀は、中に鉄筋が入っていない場合が多く特に危険です。

あなたのお宅のブロック塀も緊急点検してみましょう。
修理は迅速にすることが肝要です。


★ブログ記事が少しでもお役に立てば、バナ-をクリックして下さい★
 ↓ ランキング参加中です。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ










最終更新日  2018年07月29日 23時39分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[不動産コンサルティング] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.