993364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Fresh Kaffee

全5件 (5件中 1-5件目)

1

感染症と生体防御

2020.12.18
XML
カテゴリ:感染症と生体防御
​​以下は放送大学「感染症と生体防御」よりの引用です。

 医療関連感染(院内感染)の歴史を紐解くとき、ハンガリー出身のオーストリア人医師ゼンメルワイスの偉大な業績を抜きには語れない。世界で初めて医療関連感染を観察し、手洗い励行によりその発生率が減少することを実証した人物こそSemmelweis(1818-1865)である。彼は自身が勤める病院で、助産師と産科医師が診療にあたる妊婦で、産褥熱による死亡率に差があることに気が付いた。助産師が妊婦診療に際して、手洗いをしていたことに注目し、産科医師に対して診察に際して手洗い励行を実施したところ、産褥熱の発生率が減少したのである。彼の手洗い励行は、現在でも医療関連感染症対策の基本軸として、世界中で提唱。励行される予防策となっている。


このような記事を拝聴すると手洗いの意義がよく理解できますね。クール

蛇足ですが、当時産褥熱死亡率の激減で彼の説は実証されたが、当時の学会はこれを認めず、彼はその圧力によってウィーンを追われ、のちブダペスト大学教授となったが、失意のうちに障害を終えたそうである。
当時1860年頃は微生物という概念と存在自体が知られいない時代だった。 ​​​​​​​






最終更新日  2020.12.18 21:46:46
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.07
カテゴリ:感染症と生体防御
一日中曇り時折雨放送大学の学習センターに行った。

学食は11月末までお休み。びっくり

センターには5人ほど学生がいた。

bar3bar3同様の時間つぶしの人とおもえる。贅沢な空間である。

「感染症と生体防御」の6課を学習して残り「初歩からのイタリア語」を視聴して、3時過ぎまでいて帰る。

bar3bar3はインフルエンザの予防接種を10年前から毎年受けるようになってあまり風はひかなくなったが、それ以前は必ず年一回は風邪をひき、熱は出ないが中々治らず長引き最後には気管支炎で体をエビのように曲げて咳き込むのが常だった。そこで耳鼻科で抗生物質を感染症ということで処方してもらい回復すると内科不信となった。しかし この講座では風邪の症状の90%はウイルスが原因で抗菌薬(抗生物質)は使わないほうが良いとのことである。抗生物質は耐性菌を生み抗菌薬が効かない体質を作ってしまう恐れがある。
肺炎は抗菌薬を使う必要があるから、肺炎などに備えて、風邪や気管支炎などには抗菌薬を使わないで治すのが現代の処方だそうです。






最終更新日  2020.11.07 22:22:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.28
カテゴリ:感染症と生体防御
今更聞きずらい、言いずらい、ですが、

これは遺伝子検査だそうです。

言われてみればよく文脈が通じます。

PCR検査で鼻等の粘膜等に新型ウイルスが存在することが判明しても、症状が出ないならば感染症患者ではない。

ことを学ぶ。そこで無症状なら14日間の隔離で退院、症状が出たら治療するという意味が理解できます。

放送大学の「感染症と生体防御」の5課と6課は先般のダイヤモンド・プリンセス号に乗船して物議をかもした神戸大学の岩田健太郎教授が抗議されています。講義は明瞭ですね。

そのほかの講師陣も話は面白くて座談として聞くだけでも時間つぶしになります。






最終更新日  2020.10.28 19:52:21
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.06
カテゴリ:感染症と生体防御
世界的大流行の感染症

                       死亡者
① ペスト  1246-1353年  ヨーロッパ  2500万人
② コレラ  1817年~1899年  全世界  数百万人
③ インフルエンザ 1918-1919年 全世界  5000万人  スペイン風邪

④ 新型コロナウイルス 2020年  パンデミック 103万人

今年のコロナウイルスも第一次世界大戦の頃だと死亡者はけた違いに増えるのだろう。






最終更新日  2020.10.06 21:03:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.05
カテゴリ:感染症と生体防御
感染症の3大要因
①病原体
②感染経路
③宿主の感受性

コロナでは①はウイルス②は飛沫感染③は発病・発症は人(宿主)による。人工的に抗体をワクチンの投与によって作る場合もある。

感染経路は
①空気感染:結核、はしか、水ぼうそう、天然痘、SARS,鳥インフルエンザや新型インフルエンザ
      微粒子の大きさは5㎛以下
②飛沫感染:微粒子の大きさは5㎛以上で大きいため、重力の関係で遠くまで到達できない。咳やくしゃみ
      のしぶきが飛ぶ範囲内、つまり患者の半径2m程度といわれる。一般的には患者から2m離れて
      いる場所にいれば、感染のリスクは少ない、ほぼないと考えてよい。予防にはサージカル
      マスクを使用する。N95マスクは不要である。
③接触感染:直接、または間接に接触することで感染が伝播、拡大。
      流水で手洗いの励行が大切。アルコール性のジェルのみでは不十分。

上記は放送大学の教材「感染症と生体防御」からの転写ですが、ソウシャルディスタンス2m取りなさい、手洗いをしなさい。というのがよく理解できます。

オートロックのボタン、エレベーターのボタンなどお産されている可能性もあり外より帰ると流水で隅々までとぉあらい流すことだね。クール






最終更新日  2020.10.05 21:04:17
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.