000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

The Third Party                 ~ガンプラ製作日記~

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

撮影関係

2009.02.08
XML
カテゴリ:撮影関係
こんにちは、Samです。

今日も製作作業はバッシュ君の削り込みオンリー、地味な作業です。
結構時間がかかる割には「うまくいくほど目立たなくなる」性質の作業なので達成感は「?」。

カリカリ作業の合間に昨日グラデーション・ペーパーを使って撮影した時のことを考えていました。

グラデーションペーパーを使っての感想としては
あくまで「ガンプラが主役」の写真になるのだな~、ということです。

もともと私の「ガンプラ写真」というもののとらえ方は「雰囲気が大事」というものです。
例えば先日のグフの写真がそれにあたります。
この写真、グフ自体はあまり細部まで見ることができませんがそれで良いんです。
要は「ガンプラ完成品を観てもらう」というよりも「写真そのものが作品」という感覚でしょうか。

近年、ネット上でガンプラの写真が多くみられる様になりましたが
発色が鮮やかでディテールのしっかりした「ロールアウト直後」のような作品が多いです。
「現在流行のスタイル」=「きれいで繊細」と言っても良いかもしれません。
このスタイルの作品を撮影する場合にはグラデーション・ペーパーが威力を発揮します。
なんせ背景に「余計なもの」が一切無いので、自然と観る方々の目は「きれいで繊細な作品」に集中しますからね。

私は結構ウェザリングが好きなので普段はバトル・ダメージとか、スス汚れとかバシバシにやってしまう傾向があります(汗)。
そんな私の作品の中では今回のヅダはどちらかといえば「キレイ系」の仕上がりになります。
そんなヅダでもグラデーション・ペーパーを背景とした写真をパッと見たときの第一印象は「写真館でお見合い写真を撮ったのにのにGパンをはいている」と言うような「不自然さ」でした。
グラデーション・ペーパーの醸し出すフォーマルな雰囲気とウェザリングの効いた作品の持つラフな印象の組み合わせは奥が深そう(というより難しい)です。
ですが一方、
「きれいで繊細な作品」を撮影する場合にはこの「フォーマルな雰囲気」が作品の完成度を視覚的に引き上げる効果を発揮してくれます。相性が良い、ということですね。
またネットオークション等の普及により写真が「製品訴求用のアイテム」として定着しその手法が一般化してきている、という流れもあります。

現在流行のガンプラ撮影スタイルはこれらの要素の相乗効果から出来上がった、ネット社会への対応力を高めた「進化型」なのかもしれませんね。






Last updated  2009.02.08 11:46:29
コメント(0) | コメントを書く


2009.02.07
カテゴリ:撮影関係
こんにちは、Samです。

先日発注していたものが着荷しました。
写真撮影用のグラデーション・ペーパーです。
撮影時の余裕を考えてガンプラ用としては
少々大きめのサイズ(55cmX80cm)にしました。

模型仲間でもこれを使って撮影しているメンバーが大半で
そのかっこいい写真を見ていたら欲しくなってしまって...(汗)。

すぐにでも撮影したかったのですが、荷姿癖がついていてすぐにクルクル丸まってしまうのでしばらく平らに延ばしておきました。
それで今日やっと試写会(?)の運びとなったわけです。

準備したものは蛍光灯の卓上スタンドが2つと洋服のハンガーと紐と洗濯バサミ。
カーテン・レールにハンガーを引っ掛けて、そのハンガーの両端から紐をたらして洗濯バサミをつけました。
これでグラデーション・ペーパーの片端をはさんでセッティング完了です。

ですがいざ撮影しようとすると被写体の影が結構気になったり(最終的にはライトにティッシュ・ペーパーを貼って照度を落としました)、
モノアイが光らなかったり(照度を落としたから?)と意外と苦戦しました。
まあ、初めてですからイロイロありますよね...(汗)。この辺はボチボチ覚えていこうと思っています。

GradationPaper02.jpg

GradationPaper03.jpg

59.jpg

被写体は現状最新完成品のヅダ。
背景を替えただけなのに
なんだか作品のグレードが上がったような錯覚に陥るから不思議です。








Last updated  2009.02.07 08:29:59
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.