000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

The Third Party                 ~ガンプラ製作日記~

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

キット製作過程【B群】

2009.03.06
XML
こんにちは、Samです。

本日は背面のバインダーの作業です。
とはいっても
今回の製作では「刺身のツマ」程度の扱いなので(汗)かなり手を抜きます。

とりあえず接着剤で合わせ目を消し、大きなパーツにはツキモノのヒケをペーパーで均します。

31.jpg

あとは一部のモールドを少々彫り直し、下部の黒いパーツのフチを薄くして完了。

32.jpg

一応取付部の肉抜き穴はエポパテで埋めました。
本来ならもっと真剣にスジ彫りを行うところですが...。

これだけだとあまりにあまりなので本来背中についているはずの飛行形態時の機種をリアアーマーに移設しました。こうすることで背中のバインダーはジャスティスのファトゥームのように独立させることが可能に。一応プラ板細工で前後にスライドするようにしています。

33.jpg

これで明日から塗装に入れます。






Last updated  2009.03.06 08:16:18
コメント(2) | コメントを書く


2009.03.05
こんにちは、Samです。

今日は肩~腕部と頭部の工作です。
この部位は「特別なこと」をする必要がないので粛々と。

肩のアーマーは外側から全ての面を削り込んでC面をなくします。
もともとパーツの厚みが気になっていたのですがこれも解消。
左の写真で手前が加工前。加工後はライトの光が透けるほど薄くなりました。

21.jpg

腕部は正面方向のC面を削り単純なエッジとし、背面方向は全て曲面化。
ただしヒジのアーマー的な突起部分は手を加えずにC面を残すことで「別な構造物」的に見せます。
別パーツの赤い「袖口」部分も腕部の形状に合わせて形状を変更します。

このキットは手首が良く動くので楽しいです。
平手が付いていたら、もっと遊べるんでしょうけどね。

22.jpg

頭部に関してもC面消しとフィンの薄化がメインです。後はちょっとしたヒケの処理&フェイス周りの丸/角モールドの彫り直しをしました。
上の写真が加工前、下が加工後です。

23.jpg

ちょっとシャープになったかな?

明日はバインダーです。






Last updated  2009.03.05 09:41:34
コメント(6) | コメントを書く
2009.03.03
こんにちは、Samです。
今日は胸部~腹部の工作です。
この部位はあまり力を入れて工作するとホントに「イロもの」になってしまうので(?)理性をはたらかせて取り組みます。

まずは胸部前面の赤いパーツ。

img_cache_d_542_1_1235396479_jpg.jpg

設定画によるとコックピット・ハッチは胸部装甲と色が違うので後々マスキング塗装をすることになる関係から周囲のモールドを深めに彫り直します。こうしておくとマスキング作業だけでなく塗装時にも「余分な塗料が逃げるための側溝」になってくれるため失敗しにくいです。
そしてアゴの下に当たる部分のモールドが面白くないので削り、プラ板で作り直し。そしてこれまた「なんとなく」感漂う左右の構造物も深めに彫り込みました。
もうこれ以上は手をくわえませんので、あしからず...(汗)。

次に胸部の黒いパーツ。

img_cache_d_542_2_1235396479_jpg.jpg

合わせ目消しの後にエリをやや薄く削り、背面部分に腰ブロックから切り飛ばしたバインダーの接続部分を取り付けます。このままだと下部の断面がやや殺風景なので、これまた切り飛ばした腰ブロックの前部を切り刻んで貼り付けています。
本来ならこの部位、飛行形態時に機種となる部分の取り付け基部なのですが検討時に「あるアイディア」を思いついたので設定から大きく変更します。

そして腹部の白いパーツ。

img_cache_d_542_3_1235396479_jpg.jpg

可動軸を仕込みたいところですが背面重量とそもそもパーツが小さいことから見送りました。
ここもエッジを曲面に変更します。

明日は肩と腕部の作業です。






Last updated  2009.03.03 07:56:25
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.02
こんにちは、Samです。

今日の作業は「女の子らしく」の最重要ポイントである脚部。やや直線的な面構成になっているパーツ群を削り込んで曲面化していきます。

img_cache_d_527_1_1235301519_jpg.jpg
手前が作業前、奥が作業後。

スネ部分の光のまわり込み方が違う点がポイント。結構柔らかい印象になっているかと思います。またバッシュ君の時のように、一体化されている足首アーマーを彫り込んで別パーツに見えるようにしています。

img_cache_d_527_2_1235301519_jpg.jpg
可動化したサイドアーマーを装着したところです。

サイドアーマーの表側もスネの曲面と整合性を取るように曲率を変更。
結果としてノーマルの左側よりも工作後の右側の方が「脚部」としての一体感が出せたと思います。

img_cache_d_527_3_1235301519_jpg.jpg

脚部内側の比較です。この写真が一番わかりやすいですね。

明日は胸部・腹部です。






Last updated  2009.03.02 09:01:41
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.01
こんにちは、Samです。

今日は腰回りに手を加えます。

arc05.jpg

素組のアーチャーは正面から見たときに股関節軸が丸見えになります。
これが気になるので股関節のブロックを切断・幅詰めを行います。

arc06.jpg

軸部分だけを切り取って直接貼り合わせ。あとはいつもの金属線とプラセメントで固めます。

arc07.jpg

そしてその効果は下の写真の通り。まあ、当初の目的は達成、ということで。

arc08.jpg

このキットはこの方法だと脚部と腰フレームのクリアランスが変わらないので足の可動範囲もノーマルとほとんど変わりません。

明日は足です。






Last updated  2009.03.01 10:09:34
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.28
こんにちは、Samです。

今日は太もも側面のアーマーを動くようにします。
これだけ大きい構造物を固定したままにするのはもったいないので。

まずアーマーを薄く削ります。
モーターツール、良いですね。作業が速い速い。

img_cache_d_426_1_1234882768_jpg.jpg

そして固定用のピンを切り飛ばし
その場所に真鍮線をさして
そこにポリキャップのライナーを加工したものを刺します。

img_cache_d_426_2_1234882768_jpg.jpg

そうすると下の写真の様に動くようになりました。

img_cache_d_426_3_1234882768_jpg.jpg

これでかなりポージングの幅が広がったと思います。






Last updated  2009.02.28 09:32:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.27
こんにちは、Samです。

今日から作業開始です。
まずは足もとから。

アーチャーの足は変形の関係からかあまりなじみのない形をしています。
なんとなく大き目のサイズの長靴をはいているみたいに見えました。

11.jpg

でも体全体のサイズと比較した場合にやや小さめなので単に削り込むだけではバランスが崩れます。なのでこれを単に小型化するのではなく「女の子らしく」サンダル調に変更します。

デザインは結構悩んだのですが結論はシンプルなものに決定。
「長靴」の側面にマスキングテープを貼ってこの上下を削り込み。

12.jpg

特にヒール側はアールをつけてサンダルのイメージを強調してみました。

13.jpg

これからも「この方向」の作業が続きます






Last updated  2009.02.27 10:24:28
コメント(8) | コメントを書く
2009.02.26
こんにちは、Samです。

買ってきたGMアーチャーを早速仮組みしてみました。パチパチ組んでいたらあっという間に完成しちゃいました。バッシュ君とはエラい違い(汗)。

archer01.jpg

感じを見るためにシールを適当に貼ってみました。しかし、小さいですね、本体...。

archer02.jpg

簡易変形で飛行形態へ。

archer03.jpg

このキットの特徴は
1.首が前後左右によく動くので表情がつけやすい
2.肘は直角までしか曲がりませんが、その分手首がよく動く
3.やっぱりどことなく「女の子っぽい」

というところでしょうか。

明日から具体的な作業に入ります。






Last updated  2009.02.26 07:50:25
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.25
こんにちは、Samです。

バッシュ君が完成したばかりですが後ろがつかえているので先を急ぎます(汗)。

archerPackage_jpg.jpg

今日からGNアーチャーの製作に取り掛かります。
今回のテーマは「ガンダムを女の子にする」というもの。
なぜそんなことをするのかといえば
先日のオフ会で世に言う「痛車」や「痛バルキリー」で場が盛り上がり、楽しそうだな~なんて思っていたらほどなくしてまた別のメンバーが「痛モビ」の製作を開始。

やっぱ、楽しいんだ。あの世界...。

と思ったわけです。その時私はバッシュ君にかかりっきりだっだので「この次に作るのは痛モビに」と決めました。

でも最大の問題はデカール。「痛系」って女の子の大きなデカールが命じゃないですか。
普通のデカールでさえ満足に貼れないこの私にあの大判サイズはとても無理。まあトライアルと言うことで、とも思ったのですが今後あんな大きなものを貼る機会なんぞなさそうです。

それならいっそのことデカール無しで造形勝負の痛モビを作ってみようと思い、次回オフ会のお題目でもあるダブル・オーの機体で一番新しいキット&女性がパイロットを務めるGNアーチャーを選んだわけです。

さて、どうなりますことやら。






Last updated  2009.02.25 08:27:20
コメント(6) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.