1709742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

40親父のつぶやき

オヤジの修学旅行2013

今年も無事に迎えられました
オヤジの修学旅行2013

今までの旅行先は
←左のフリーページからどうぞ

順番的には西に向かうわけでしたが
どうしても一度、行ってみたい
温泉へ

それでは出発いたします
この歌に乗せて出かけましょう

東北フリーウェイ

郡山を追い越し


北に向かってゆけば・・・

左には安達太良山

右にはビール工場がありますが

今回はもっと北に

北上(ほくじょう)したら北上(きたかみ)に
まだまだ北へ


いつの間にか目の前には
岩手山

4時間半掛けて


あ~ はるばる来たぜ


盛岡へ 遠かったよ~

12時を過ぎましたから早速お昼ご飯
ナビセットして市内をウロウロ

ここが有名な
石割桜ですか

駐車スペースがない
車の中から見学です

なるほど・・・岩の間から木が

盛岡の食べ物と言って思い浮かぶのが
3大麺

そのひとつのじゃじゃ麺を食べに

こんな路地裏にお店が

今回お邪魔したのは
白龍さん
はくりゅうと書いてパイロンと読む
パイロンというとと言うと

こっちを思い出してしまいます
仕事柄


お店には数人が並んでました
1軒隣には同じく

白龍が
どういう意味でしょうか?
先日の佐野ラーメン店のように兄弟で

こちらの方が並んでないのでこちらに決定

店内の説明を読んで食します
うどんのような麺と肉味噌を混ぜて

食べ終わったら玉子スープを
ショウガ、酢、ラー油、ニンニクで
自分好みの味付けが出来るのでいいかもしれません
でも、でも味付けを一歩間違ったら・・・

お腹もいっぱいになって周辺を散策
近くにあった桜山神社
目に飛び込んできたのが

烏帽子岩

盛岡城築城時・・・
慶長2年(1597年)頃・・・、この地を掘り下げたときに、
大きさ二丈(6.66m)ばかり突出した大石が出てきました。
この場所が、城内の祖神さまの神域にあったため、
宝大石とされ、以後吉兆ののシンボルとして広く信仰され、
災害や疫病があった時など、この岩の前で平安祈願の神事が行われ、
南部藩盛岡の「お守り岩」として、今日まで崇拝されています

ここまで岩を持ち上げたのかと思ったら
違ってました
さすがにそうですよね



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.