315011 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

K’s House NOTE

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

カレンダー

楽天カード

全10件 (10件中 1-10件目)

1

・01_Interior

2017.05.19
XML
カテゴリ:・01_Interior
我が家には新築着工中からずっとやろうやろうと思っていて保留になってることがあります。




それは階段の奥の壁にタペストリーをつけること!

rblog-20170518130727-00.jpg


rblog-20170518130727-01.jpg


タペストリーをつけるために工事中にフックまでつけてます。
(私が足場に登ってつけました笑)

rblog-20170518130728-02.jpg



我が家の階段はリビングと同じ色のアクセントペイントをしています。



これだけでかなりのインパクトはあるのですが、どうも吹抜け上の白い壁が間延びしてしまってる感じがして、タペストリーをつけようと思っていました。



ですが、入居してもうすぐ3年が経ちますが



これだ!!!という生地に出会えず今まで保留にしていました。



そんな中先日フラッと立ち寄ったマリメッコで接客してくださった方がとても親身に話を聞いてくださり、



イメージに合う生地をたくさん広げて見せてくださいました。


やはりネットで見るのと実際の生地をみるのとでは全然印象が違う(^o^)


かなり素敵な生地が多くて悩みがさらに増えてしまいましたが、



何とか3つまでは絞り込めました✨


✳その1
Jurmo
rblog-20170518130728-03.jpg



✳その2
Kurjenpolvi
rblog-20170518130728-04.jpg



✳その3
GreenGreen
rblog-20170518130728-05.jpg








色違いもステキ✨
rblog-20170518130728-06.jpg











マリメッコらしさでいったら、Kurjenpolviかなぁとも思いますが、私的にはGreenGreenが予想外に素敵で気になってます。
白地の場所もほんのり色付いてるので、ヴィンテージ生地の雰囲気があるんですよね🎵



お買い物マラソンでは購入したいので、もう少し悩みたいと思います‼





✳お詫び✳
前回の記事の写真が掲載順がバラバラになってしまってました‼
原因不明で、修正もまだうまくいっていません。
意味不明な投稿になってしまって申し訳ありませんでした。




*****





最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの印にポチッとクリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ 北欧大好きへ
北欧大好き



にほんブログ村 トラコミュ 北欧雑貨へ
北欧雑貨









最終更新日  2017.05.19 08:02:07
コメント(2) | コメントを書く
2016.11.12
カテゴリ:・01_Interior

rblog-20161112195900-00.jpg




前回の写真と同じようで少し違います笑



リビング入って左手にピアノを置きました。




ピアノはこれまでこども部屋に置いていたのですが、やはり毎日練習をしてもらおうと思うと、毎日必ずいる場所に置くべきだとずっと思ってました。



しかし、ピアノがリビングにある事で生活感が出ないか、ちぐはぐ感がでないか、そんな事をもんもんと考えて行動に移せなかったのですが、


ある日思い立って持ってきました!!!
(私の父と弟と夫の3人がかりではこんでました(^^;;)

電子ピアノなのでバラせたのが救いですが、通常のアップライトだと運ぶのはきついと思います(^^;;


rblog-20161112195900-01.jpg


置いてみた感じ!



お!



意外としっくりきてる気がする(^-^)





rblog-20161112195900-02.jpg


ピアノだけだと殺風景になってしまいがちですが、横に大きなウンベラータを寄せ、


正面の壁にもウォールステッカーで可愛らしい雰囲気を出してみました!





ピアノを持ってきてから、娘は毎日練習をしています(^-^)
持ってきてよかったー!!!


ただ、1歳の息子ももちろん触りたがり、登ってしまうのでそちらはしばらく目が離せません(・_・;



それにしてもこの電子ピアノ私の幼少期から使ってるものですが、

まさかこんな風に我が家のインテリアの一部になるとは思ってませんでした。


やっぱりいいものは大切にしていけば長く使えるんだなぁとしみじみ感じました☆







*****





最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの印にポチッとクリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ 北欧大好きへ
北欧大好き



にほんブログ村 トラコミュ 北欧雑貨へ
北欧雑貨














最終更新日  2016.11.12 19:59:02
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.01
カテゴリ:・01_Interior
我が家のリビングの時計は以前の家から使っていたものをずっと使っています。


新居に入居してからずっとテレビ背面の壁につけていました。

rblog-20141111082535-02.jpg

こちらは入居当初の写真です。
時計はテレビ背面右上に設置してました。


この配置、壁になじむ感じでなんの違和感もなかったので2年間ずっと変えていませんでした。







rblog-20160801063154-01.jpg
我が家の時計はレムノスのプラウスクロック。
探してみたけどもう販売してないみたいですねf^_^;)











この時計とっても気に入っているのですが、

キッチンからだと光の反射で、時計が見えないのです( ̄▽ ̄)



料理してる時に時間が見えないのはやはり不便で、

キッチンの手元におき時計を置くか、
時計の配置を変えるか、

そもそも時計だけが浮いてしまわないように時計を買い換えるか。



など、色々悩んでいました。


が、ふと、

別に掛け時計だからって壁にかけなくても置けばいいんじゃない?

と思い、試しに置いてみました。


rblog-20160801063154-00.jpg



意外と馴染んでる気がする!!!!



しばらくここに置いて不便がないか試してみたいと思います(^-^)/





時計がなくなったテレビ背面が寂しいので新しい何かを飾るか計画中(^∇^)






*****





最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの印にポチッとクリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ 北欧大好きへ
北欧大好き



にほんブログ村 トラコミュ 北欧雑貨へ
北欧雑貨









最終更新日  2016.08.01 06:31:57
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.23
カテゴリ:・01_Interior

rblog-20151023102927-00.jpg

我が家のLDKで存在感を出してくれるキッチン腰壁のタイル。


このタイルがなかったら我が家のLDKのしっとり感はでなかったと思えるくらいお気に入りの存在です。




ここにタイルを貼ることは家を計画する前から決めていました。


キッチン腰壁は一般的には壁紙が多いですが、突然部屋の中に壁が立っているかんじ、いかにもキッチンですよという感じが私は苦手で、なんとかこの壁もインテリアの一部として取り込めないか、と考えた結果この形にしようと決めました。



キッチン腰壁にタイルはよく見ますが、色によって表情が全然違ってくるのでどんなタイルにしようか決めるのにかなり時間を要しました。


数多くの事例を調べ、どんなイメージが好きなのかをピックアップ。


そんな中私の印象に深く残ったのが、茶色のタイルに白い目地というもの。


すぐに、そのタイルの品番を調べ、サンプルを取り寄せて実物を見て即結しました!



rblog-20151023102927-01.jpg


タイル一枚ずつに布のような柄がついており、一枚一枚表情が異なります。


また光沢もあるため光に当たるとその表情がよくわかりとても雰囲気があります。


このタイル、平田タイルのカラメーロという商品なのですが、今は廃盤のようですね(。-_-。)


rblog-20151023102927-02.jpg


キッチン側の壁はタイルを回さず、キッチンパネルにしています。


やっぱりそこはメンテナンスのしやすさを取りました…^_^;


だって、、、ねぇ、、、、笑


このタイルとキッチンパネルの取り合い、さりげなく見えます、タイル割付や、壁の厚みなどかなり計算されています(^^)笑


こういう細かいところで手を抜くと悲劇になりますので、タイルを使うときはタイル割付が重要ですよ!


rblog-20151023102927-03.jpg


ちなみに玄関にもタイルを使っていますが、こちらも同じ平田タイル。
リンネルという商品です!


rblog-20151023102927-04.jpg


このタイルも布のような柄が特徴です。


玄関のタイルも悩みましたが、こちらは色ではなく質感でさりげなく印象付けるものを選びました。


それによって、壁の前のチェストに飾る小物たちが映えました(^^)


タイルがあるだけで空間にメリハリができますね( ´ ▽ ` )ノ












*************




本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの印にポチッとクリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


ありがとうございました。






最終更新日  2015.10.23 10:29:35
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.15
カテゴリ:・01_Interior
こんにちは。


暑い暑いとしか言ってないくらい暑くてばて気味です。


1人でのお昼はせめて涼しいものをと


rblog-20150715093907-00.jpg


茶蕎麦を食べました



・・・が、やっぱりお蕎麦は店で食べた方が美味しいことがよーくわかりました笑






*****************


我が家は部屋ごとに壁紙の色を変えていて、雰囲気を変えています。



といっても、唐突に変えるのではなく、全体の色味はグレイッシュな北欧カラーです。



とはいえ、実は日本製の壁紙で色付きのものってなかなか希望通りの発色がないんですよね(。-_-。)



そのためリビングのアクセントはどうしても思うような色がなかったので、ここだけはペイントしています^_^;



最初の写真を見ると、たまたまなのかティーマのいろとあってますね(^^)




家作りをする時、壁の一面だけアクセント、というのはよくやりますが、色さえ間違えなければ全面の方が空間としては素敵になると思っています。


海外などは、全面が多いですしね!



我が家は、

洗面はイエロー

トイレはブルー

寝室はグリーン

子供部屋は水色



と、全ての部屋に色をつけました。
よく色があると飽きると言われますが全く飽きません。



というより、やってよかった、という気持ちしかありません!(^^)



rblog-20150715093907-01.jpg
トイレは一面だけ柄物であとはブルーです。

この柄ですが、日本製のものではなく輸入クロスを使いました。


rblog-20150715093907-03.jpg

柄自体は可愛らしいですが、色味や雰囲気がとても気に入り、採用しました。


輸入クロスは日本のクロスと一枚の幅が狭いため、継ぎ目がたくさん出てしまいます。


しかし、このようにトイレなどそんなに広くない空間ではあまり目立ちません。



何より柄のデザインや色味はやはり日本のクロスと全然違い、サンプルブックを見てるだけでも幸せになれます(^^)笑


ただしコストはかかってしまうのはデメリットですけどね(。-_-。)



rblog-20150715093907-04.jpg



柄がはっきりしている時は照明はシンプルなものがきれいですね。









*****************




本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
読んだよの印にポチッとクリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


ありがとうございました(*^_^*)






最終更新日  2015.07.15 09:39:15
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.28
カテゴリ:・01_Interior
こんにちは。



何度か写真もアップしておりますが、我が家のLDKは無垢材を使用しています(^ ^)




rblog-20140828082823-00.jpg



樹種はインドネシアチークです。



チークは北欧好きの方ならよく知っている樹種だと思います。



北欧家具はほぼチークであることが多く、色の深みが時間が経つごとに良くなる物です✨



私も仕事で無垢をお客様にお勧めすることが多いですが、なかなか採用にいたりません・・・


その理由としては


•価格が高い!!!
•床暖房未対応の物が多い
•反り、隙間などがかなりでる
•傷がつきやすい
•水に弱い


などですかねf^_^;


これらを説明すると、大抵のお客様はそこまでして•••ってなりますよね(-_-)


なので私が実際我が家で採用してその使用感を体験してみました!!!
(ちなみにLDK以外は普通のフローリングです)

といっても家を建てる前から絶対無垢がいい!!と決めていましたがf^_^;



rblog-20140828082823-01.jpg


魅力
•無垢ならではの表情
•質感、足ざわりが全然違う!!!
↑今のところスリッパ履いてない位いい笑
•傷、シミはついても馴染むため目立たないし、自分で補修できる


大変なこと
•水こぼれにとっても敏感になる!!!


採用していいところがすごい見えてきたのでこれからどんどん勧めていきたいですが、



やはり水は大変です!!!


特にキッチン周り!!!


マット以外のところにも飛んでいると気づかないことが多く、いくら補修できるとはいえ、シミになると少し凹みます笑





あと溝の隙間のゴミは



rblog-20140828082823-02.jpg




ルンバ大活躍!!!



我が家にはお菓子をこぼしまくる子供と毛を撒き散らす猫がおりますが全然気になりません。



これから冬になると乾燥で隙間が大きくなってくると思いますので、それも経験して無垢の良し悪しをみていきたいと思います!!!



個人的には、無垢の悪い❔ところは味ととらえられ経年変化なので、無垢が大好きです!!!



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


最後まで読んで下さりありがとうございます。
















最終更新日  2014.08.28 08:28:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.11
カテゴリ:・01_Interior
こんばんは(^ ^)


最近子供の寝かしつけでそのまま寝落ちが多くて何も家のことできてません(._.)


まぁあせらずゆっくりですね(ーー;)




+ + + +



我が家は黒板塗装を取り入れてますが、これが見事に予想通り落書きスペースになっています(^ ^)
床から天井までで、背面のみ黒板塗装✨



rblog-20140711213633-02.jpg




rblog-20140711213633-00.jpg




階段上がった所に飾り棚として計画しましたが、背面をアクセントで黒にしたかったので、
ならば黒板にしてしまえー!!!
と塗ってもらいました(^ ^)




写真に写ってるミニ黒板消しがかなり懐かしい感じをかもしだしています笑







出来上がってから見ると、もっと大きなスペースにしてもよかったなーと思いますが、見てのとおりまだ飾る物がない!!!


のでバランス的にはこれ位がちょうどいいですねf^_^;笑


塗料は結構余っているので、他の所にも使って見たいのでいろいろ検討中^ ^







最後まで読んで下さりありがとうございました。
読んだよの印にポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございましたm(_ _)m







最終更新日  2014.07.11 21:36:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.09
カテゴリ:・01_Interior
こんばんは。


台風が近づいてきているので、皆様お気をつけくださいm(_ _)m





rblog-20140709230221-00.jpg



こちら以前紹介したPH5の夜の感じです。


推奨はダイニングテーブル上60cmなのですが我が家は小屋吹き抜けにつけたのでコード最長でもテーブル上73cm



しかしこの長さが絶妙で、暗くなく明るすぎず食卓を照らしてくれています(^-^)


rblog-20140709230221-01.jpg



写真で見るともう少ししたの方がバランスよく見えますが・・・


我が家のダイニングテーブルは通常より5cm低いためより離れて見えますね(ーー;)笑




rblog-20140709230221-02.jpg


キッチン側も照らすとこんな感じ。




やはり天井からの光より下の方に光がたまるのがとても雰囲気があって素敵です✨



あー北欧デザイン素敵すぎです✨✨✨


本物に囲まれた暮らしができて、とても癒されます(^-^)








読んだよの印にポチッとして頂けると幸いです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございましたm(_ _)m










最終更新日  2014.07.09 23:02:25
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.21
カテゴリ:・01_Interior
こんばんは。


久々の更新です^_^


決してW杯に夢中で忘れてたとかではありませんよ笑





我が家ですがついに明後日引き渡しです!


外構工事がギリギリですがなんとか形になりました^_^


引っ越しが落ち着いたら内覧会をしようと思っていますが、少しだけ以前紹介した照明たちがついた写真を紹介します^o^


なので引きの写真ではなく照明にクローズアップしています✨笑


◼︎ルイスポールセン PH2/1

rblog-20140621212825-00.jpg


ここは玄関入って正面!


天井に余計なダウンライトなどなしで存在感を高めています。


正面の壁はタイル貼で、北欧ヴィンテージチェストをおいて我が家の顔にしたいと思っています。


◼︎ルイスポールセン Pakhus Pendant


rblog-20140621212825-01.jpg

こちらはキッチン手元です。


後ろにある棚は食器をオープンで収納する予定です。


オープンにするか悩みましたが北欧の食器をせっかくだから見せたい気持ちが強くこのような形になりました。


◼︎レ クリント


rblog-20140621212825-02.jpg


以前も紹介しましたが、キッチンに立って見た感じです。



あと、PH5もダイニング照明として使っていますが、こちらはテーブルが入ってから紹介しますね^o^


ここぞとばかりに他にもいろいろ使ってしまいました^ ^


やはり子育てしているとソファとかは欲しくても本物は置けない・・・と思って本物を諦めることもあるかと思います。


でも、照明なら触れないしインテリアがグッとよくなるから一つでもあるとやっぱり違いますよ✨


実は我が家、家全体で普段では提案しないくらい攻めた配灯計画をしていました笑


普段はやはり出来てから暗い・・・と言われるのを避けたいので、照明メーカーが勧める一般的な灯数を目安にしています。


最近はほとんどが、ダウンライトでLEDが主流になってきており、スッキリしてエコなのは間違いありません。


けれど、私が本当に好きなのは全体的に均一な明かりではなくペンダントやブラケット、フロアランプなどで、必要な箇所に灯る北欧の暮らし方ですので、それを自宅で実践してみました。



そしてどんなにLEDが高性能になっても電球の演色性にはかなわないため、時代に反して電球を多用してしますf^_^;


私はどうしてもLEDの電球色が好きになれません・・・(-_-)


照明計画は夜のリラックスタイムにとても重要ですし、その配灯そのものがインテリアとなるので、思ったように実現できてよかったです^ ^







最後まで読んでくださりありがとうございます。


読んだよの印にポチっとしていただけると幸いです^_^↓↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


ありがとうございましたm(_ _)m
















最終更新日  2014.06.21 21:28:30
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.16
カテゴリ:・01_Interior
こんばんは。

もう我が家も内装工事が進み、来月にはもう引越しなんて、本当あっという間ですよ(°_°)

そしてやることが多すぎて毎日走り回っています!!!笑


さらに色々購入したり、する予定のものがまだあったりで金銭的にも厳しいくなってきました・・・(-。-;


そんな中

rblog-20140516222042-00.jpg

こんな雑誌を欲に負けて買ってしまいました(・_・;



欲しいものがいっぱい!!!




ってくらいステキなものが取り上げられてました。


まぁ今後ゆとりがでたらね・・・^_^






さて、話は変わりますが、来週には施主支給の照明器具達を現場に搬入します!!


なぜ施主支給かというと、


北欧のデザイン照明達だからです!^_^


rblog-20140516222042-01.jpg


山積みなダンボールが我が家を占拠していてはやく開封したくて、ずーっと我慢していました(´Д` )

はやく買いすぎたのが原因ですが・・・笑


取り付けた所は後日アップしますが、箱もかわいいので一部写真で紹介します⭐️


rblog-20140516222042-02.jpg



rblog-20140516222042-03.jpg


箱も素敵で捨てるのが惜しいですね(´Д` )

取り付けた所がはやく見たくてワクワクしています🎵












最終更新日  2014.05.16 22:20:49
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.