1231993 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

祭典へのつぶやき

PR

X

フリーページ

プロフィール


人間辛抱

カテゴリ

コメント新着

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

☆乃木坂46♪寺田蘭世… New! ruzeru125さん

本物の凄さ 宮大工… New! ウーテイスさん

^-^◆ ハイテク技術… New! 和活喜さん

日テレ安村直樹アナ… New! 2010babaさん

SHM-CD『 007/ノー… New! ITOYAさん

ニューストピックス

2021/07/01
XML
菊池麻衣子公式ブログ
https://ameblo.jp/maiko-maiblog/
シエロ・菊池麻衣子の癒されたい



1991年に篠田和幸監督作品の映画
「薄れゆく記憶のなかで」で芸能界デビューを果たし、
1996年の10月にNHK総合テレビジョンの連続テレビ小説
「ふたりっ子」(大阪放送局制作)のヒロインに抜擢され、
芸能界の第一線で活躍している俳優の菊池麻衣子さんは今、
闘病生活に入っております。
私は札幌市の新しい夏の風物詩である
「YOSAKOIソーラン祭り」を通じて、
闘病中の菊池さんを励まさなければと、
そう考えています。
事務所移籍問題と自動車事故を体験した菊池さんは、
私と同じ苦労を味わっている人間であり、
かけがえのない存在で私の心の妹であります。
心からエールを贈ろうではありませんか。
組織委員会と踊り子と市民ヴォランティアと札幌・高知両市民の皆様、
「千羽鶴」でも何でも構いませんので宜しくお願い申し上げます。
私が初めて菊池麻衣子さんに出会ったのは言うまでもなく、
1996年10月にNHK総合テレビジョンで放送された
連続テレビ小説「ふたりっ子」(大阪放送局制作)であります。
そして私が菊池さんを「心の妹」と慕われる様になったのは、
2004年8月に彩の国さいたま芸術劇場で上演した
舞台劇「ハローグッバイ」であります。
私はその後、
「お父さんの恋」(2005年3月・パルコ劇場)や
「ウェルカム・トゥ・パラダイス」(2006年2月・東京芸術劇場)といった
菊池さんが出演した舞台劇を観賞して参りました。
今回の闘病生活を見事に克服し、
菊池さんの一日も早い完全復活を強く願って止みません。
闘病中の菊池さんが、
一日も早い完全復活を遂げる為には、
ファンだけでなく、
YOSAKOIソーラン祭り組織委員会、
踊り子や市民ヴォランティア、
札幌・高知両市民の皆様の御力が頼りです。
札幌市の新しい夏の風物詩である
「YOSAKOIソーラン祭り」を通じて、
菊池さんの完全復活を私を強く願って止みません。
そしてお見舞いの言葉に際しては、
所属事務所である「パーフィット・プロダクション」へ
お贈りします様に宜しくお願い申し上げます。






最終更新日  2021/07/01 08:46:13 AM
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.