1036544 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

祭典へのつぶやき

PR

全379件 (379件中 371-379件目)

< 1 ... 33 34 35 36 37 38

日本の祭りと民謡

2006/04/17
XML
カテゴリ:日本の祭りと民謡

青森県弘前市にある
日本で一番大きい規模を持つ弘前公園の桜は、
4月中旬が咲き頃といわれております。
この時期に「弘前さくらまつり」が開かれております。
大正時代の観桜会からの伝統で、
素朴な祭りとあって屋台が多数揃っており、
オートバイサーカスも来演しております。
大型連休の旅行には是非いかがでしょうか?







最終更新日  2006/04/17 06:12:21 AM
コメント(0) | コメントを書く


2006/04/16
カテゴリ:日本の祭りと民謡

千葉県柏市の「柏まつり」でも、
神輿やブラスバンドや花自動車によるパレードが行われておりますが、
「柏まつり」では、
「青森ねぷた」の柏市版というべき「柏ねぷた」が開催されております。
青森県柏村(現在・つるが市)との友好関係があるとあって、
1994年から開催されております。
本場の青森市に及びませんが、
関東地方の人々に「青森ねぷた」を知って貰いたいと企画を上げました。
参加メンバーの中には、
「青森ねぷた」に参加している人も含まれているとか・・・。
そして、
東北花見ツアーの折りに「弘前ねぶたの館」へ立ち寄りました。







最終更新日  2006/04/18 09:47:42 PM
コメント(1) | コメントを書く
2006/04/15
カテゴリ:日本の祭りと民謡

札幌市のYOSAKOIソーラン祭りと
高知よさこい祭り以外に私が体験した日本の祭りを御話しします。
第1回目は「千葉の親子三代夏祭り」です。
1976年の千葉開府850周年を機に開催される事になったのが、
「親子三代千葉祭り」であります。
第1回は大名行列と花自動車と神輿とブラスバンドによる
中央通りパレードがありました。
現在も神輿とブラスバンドによるパレードが行われております。
盆踊りは当然ながら地元民謡の「千葉おどり」であります。
YOSAKOIソーラン祭りと同じ市民参加型の祭りで、
千葉市中央公園で開催されます。
私の小・中学校の運動会でも「千葉おどり」をやっておりました。







最終更新日  2006/08/01 06:32:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/31
カテゴリ:日本の祭りと民謡
そもそも日本の「祭り」は、
神様への誓いと祈りの儀式でもありますよね。
私が応援している「YOSAKOIソーラン祭り」の様な
新興の祭りが増えておりますが、
北海道神宮で行われている「札幌まつり」は、
札幌市の伝統の祭りである事が思わず納得出来ます。






最終更新日  2006/03/31 06:21:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/24
カテゴリ:日本の祭りと民謡
実は我が家も「琉球音楽」のCDを持っております。
1枚目は、喜納昌吉さんの「花」。
2枚目は、りんけんバンドのアルバムCD。
私自身も高校の修学旅行とツアーで沖縄へ行っております。
YOSAKOIソーラン祭りが「琉球音楽」に勝てない原因はやはり、
郷土の歴史と慣習による現実問題と「伝統」ではないかと、
私はそう考えております。
やはり沖縄県は違うなとしみじみと感心しております。






最終更新日  2006/11/26 08:04:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/22
カテゴリ:日本の祭りと民謡
札幌市には2つの沖縄音楽サークルがあります。
エイサー愛好家による「札幌エイサー隊」で、
「正調琉球民謡」を初めとする島唄愛好家による「さっぽろ島うたの会」です。
「琉球音楽」が日本全土に浸透していくにつれ、
最近の札幌市民でも「琉球音楽」に関心を持つ人が増えております。
札幌市の大通りでは沖縄料理店「からから」を開店する事も・・・。
日テレ「モグモグCOMBO」(1994~2003)では、
北海道の小学生達による沖縄料理ツアーを企画しました。
そしてYOSAKOIソーラン祭りでは、
2005年の第14回から沖縄県のエイサーとYOSAKOIソーランを
ミックスした舞踊「エイサーソーラン」を披露しております。
沖縄県で秋に開催される「RYUKYU民族の祭典」も披露しています。






最終更新日  2006/11/26 08:03:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/20
カテゴリ:日本の祭りと民謡
私の関西の親戚の中で沖縄人の血をひいている人がおります。
「正調琉球民謡」は勿論の事、
蛇線の演奏も見事にこなしております。
札幌市の新しい夏の風物詩である
YOSAKOIソーラン祭りの現実問題のポイントは、
正調琉球民謡にあるのではと私はそう考えております。
若者が「琉球音楽」に走っている事も思わず納得出来る筈です。
色々と勉強になるのかもしれませんし・・・。






最終更新日  2006/11/26 08:02:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/02
カテゴリ:日本の祭りと民謡
最近では日本オペラが話題となっております。
どうして人々は、
YOSAKOIソーラン祭りよりも日本オペラに夢中なのでしょうか?
私はどうも理解出来ません。
スポーツライターで音楽評論家の玉木正之さんは、
「日本のオペラと言えば、歌舞伎の歓進帳である。」
「日本語はオペラによくマッチしていない。」と語っております。
私もそう納得しております。
日本のスポーツ界でも同様です。
実際にYOSAKOIソーラン祭りでは、
アジア・オセアニア諸国からの参加団体が次々と出場しておりますし、
この祭りに惹かれてチームに入ったオーストラリア人もいましたし、
中国・台湾遠征も盛んに行われております。
特に台湾ランタンフェスティバルでは、
YOSAKOIソーラン祭りは4年連続で出場をしております。
YOSAKOIソーラン祭りで日本の心を考え直す絶好の機会であります。






最終更新日  2006/03/03 08:38:12 PM
コメント(1) | コメントを書く
2006/02/23
カテゴリ:日本の祭りと民謡
沖縄県出身のビッグ・アーティストが次々と輩出していくにつれて、
日本全土で「琉球音楽」に惹かれる若者が増えております。
YOSAKOIソーラン祭り組織委員会は傲慢せずに、
若者層にこの祭りの素晴らしさをPR出来る力を持っているのでしょうか?
安室奈美恵スキャンダルを切欠に、
異常な「琉球音楽」人気に歯止めを掛ける力も持っているのでしょうか?
このままでは若者達は「琉球音楽」に走り続けるしれません。
決して沖縄音楽と沖縄県出身タレントを批判しているのではありません。
札幌市の活性化と発展の為にYOSAKOIソーラン祭りを
北半球最大の祭典に発展する為にもっと若者層にPRする必要があります。






最終更新日  2006/11/26 08:01:12 AM
コメント(0) | コメントを書く

全379件 (379件中 371-379件目)

< 1 ... 33 34 35 36 37 38


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.