000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

太陽光発電とわんこの日記 ~エコして、トクして

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

太陽光発電記録(年)

2021年01月06日
XML
​​
にほんブログ村

昨年、2020年 の年間のへいくろうHIT発電所の発電記録のまとめです。
我が家での太陽光発電システムの設置はエコも大切ですが、
経済的価値を強く考えての設置です。
なので定期的に検証を行うことは重要だと考えています。
さてさて 2020年 はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。


それではいつものモニターの年間の集計値の掲載です。
先ずはおさらいとして月別の状況から。

発電量と消費量(左)、売電量と買電量(右)
 



そして2020年の年間の集計結果です ひらめき





発電量は 6989kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 108.2% でした。
ありがたいことに9年連続の達成です スマイル
過去の実績
2019年 7044kWh
2018年 7224kWh
2017年 7076kWh
2016年 6963kWh
2015年 6934kWh
2014年 7600kWh
2013年 8072kWh
2012年 7736kWh

消費量は 2452kWh でした。 
過去の実績
2019年 2182kWh
2018年 2275kWh
2017年 2321kWh
2016年 2223kWh
2015年 2323kWh
2014年 2361kWh
2013年 2277kWh
2012年 2223kWh

売電量は 6016kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 101.6% でした。
ここが一番大切な値だと考えています。
今年も到達してくれて嬉しいです スマイル
売電率は 6016kWh ÷ 6989kWh = 86.0%
過去の実績
2019年 6176kWh 87.6%(売電率)
2018年 6301kWh 87.2%(売電率)
2017年 6186kWh 87.4%(売電率)
2016年 6117kWh 87.8%(売電率)
2015年 6016kWh 86.8%(売電率)
2014年 6666kWh 87.7%(売電率)
2013年 7251kWh 89.9%(売電率)
2012年 6979kWh 90.2%(売電率)


買電量は 1479kWh でした。
自己消費は 973kWh。
過去の実績
2019年 1314kWh(自己消費868kWh)
2018年 1352kWh(自己消費923kWh)
2017年 1431kWh(自己消費890kWh)
2016年 1377kWh(自己消費846kWh)
2015年 1405kWh(自己消費918kWh)
2014年 1427kWh(自己消費934kWh)
2013年 1463kWh(自己消費814kWh)
2012年 1466kWh(自己消費757kWh)

2020年は今までで一番電気を使っていますね。
発電した電気を自分の家で消費した量も過去1番の多さ。
やっぱり今年は新型コロナウイルスの影響でこういうことになっているのでしょうか?


総評です。
今年も目標の発電量と売電量を越えてくれました。
ありがたいことです。
特殊な1年でしたけれど目標を越えてくれて嬉しいです スマイル

次に抑制時間の確認です。
2014年は「 216 」でした。
2015年は プラス196で「 412 」になりました。
2016年は プラス210で「 622 」になりました。
2017年は プラス 86で「 708 」になりました。
2018年は プラス  5で「 713 」になりました。
2019年は プラス 12で「 725 」になりました。
2020年は プラス  7で「 732 」になりました。
これの単位は「分」らしいです。
今年も大きくは増えなかったので、一安心です スマイル






我が家では太陽光発電システムの導入は金銭的な価値を重視して決めています。
なのでお金の点でも集計をします。



中電さんへの単純な売電額の合計は 252,924円 でした。
そして太陽光発電システムの導入前を基準にした節約効果は 26,459円 でした。
併せて年間で279,383円の経済効果がありました。
そしてこの経済効果でいうと、発電開始から9年目の今年で元を取りました。
太陽光発電システムの導入のためにかかった費用を、全てペイできた年となりました。
良かった、良かったです きらきらきらきらきらきら


そして太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。
モニタ-にはこんな数値が集計されています。




エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪

みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油、灯油代です。
毎年ですが、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代を低く抑えられても、光熱費が安いとはいえないのです。
灯油の値段がいったい今はいくらなのか?
これにけっこう一喜一憂していますけどね うっしっし

では、2021年もたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。



にほんブログ村






最終更新日  2021年01月06日 21時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年01月08日
​​
にほんブログ村

昨年、2019年 の年間のへいくろうHIT発電所の発電記録のまとめです。
我が家での太陽光発電システムの設置はエコも大切ですが、
経済的価値を強く考えての設置です。
なので定期的に検証を行うことは重要だと考えています。
さてさて 2019年 はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。


それではいつものモニターの年間の集計値の掲載です。
先ずはおさらいとして月別の状況から。

発電量と消費量(左)、売電量と買電量(右)
 



そして2019年の年間の集計結果です ひらめき




発電量は 7044kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 109.1% でした。
ありがたいことに8年連続の達成です スマイル
過去の実績
2018年 7224kWh
2017年 7076kWh
2016年 6963kWh
2015年 6934kWh
2014年 7600kWh
2013年 8072kWh
2012年 7736kWh

消費量は 2182kWh でした。 
過去の実績
2018年 2275kWh
2017年 2321kWh
2016年 2223kWh
2015年 2323kWh
2014年 2361kWh
2013年 2277kWh
2012年 2223kWh

売電量は 6176kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 104.3% でした。
ここが一番大切な値だと考えています。
今年も到達してくれて嬉しいです スマイル
売電率は 6176kWh ÷ 7044kWh = 87.6%
過去の実績
2018年 6301kWh 87.2%(売電率)
2017年 6186kWh 87.4%(売電率)
2016年 6117kWh 87.8%(売電率)
2015年 6016kWh 86.8%(売電率)
2014年 6666kWh 87.7%(売電率)
2013年 7251kWh 89.9%(売電率)
2012年 6979kWh 90.2%(売電率)


買電量は 1314kWh でした。
自己消費は868kWh。
過去の実績
2018年 1352kWh(自己消費923kWh)
2017年 1431kWh(自己消費890kWh)
2016年 1377kWh(自己消費846kWh)
2015年 1405kWh(自己消費918kWh)
2014年 1427kWh(自己消費934kWh)
2013年 1463kWh(自己消費814kWh)
2012年 1466kWh(自己消費757kWh)

よくよく見ると2019年は今までで一番電気を買っていないようですね。
そして自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。
売った方がお得なのですが、ここを追求することはなかなか難しい わからん

総評です。
今年も目標の発電量と売電量を越えてくれました。
ありがたいことです。
消費量が過去最少なところがまた美点。
けれどやっぱりもう少し発電をして、売電を稼いで欲しかったですけどね  うっしっし

次に抑制時間の確認です。
2014年は「 216 」でした。
2015年は プラス196で「 412 」になりました。
2016年は プラス210で「 622 」になりました。
2017年は プラス 86で「 708 」になりました。
2018年は プラス  5で「 713 」になりました。
2019年は プラス 12で「 725 」になりました。
これの単位は「分」らしいです。
今年も大きくは増えなかったので、一安心です スマイル




我が家では太陽光発電システムの導入は金銭的な価値を重視して決めています。
2019年で8年が経過しました。
今のところ順調に成果を産んでくれていることを実感しています。






そして太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。
モニタ-にはこんな数値が集計されています。





エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪

みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油、灯油代です。
毎年ですが、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の頭の痛い課題です。

では、2020年もたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。



にほんブログ村






最終更新日  2020年03月28日 19時40分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月15日

にほんブログ村

昨年 2018年 の年間のへいくろうHIT発電所の発電記録のまとめです。
我が家では太陽光発電システムの設置はエコも大切ですが、
経済的価値を強く考えての導入です。
なので定期的に検証を行うことは重要だと考えています。
さてさて 2018年 はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。


それではいつものモニターの集計値の掲載です。
先ずはおさらいとして月別の状況から。
発電量と消費量




そして2018年の年間の集計結果です ひらめき






発電量は 7224kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 111.9% でした。
ありがたいことに7年連続の達成だし スマイル
過去の実績
2017年 7076kWh
2016年 6963kWh
2015年 6934kWh
2014年 7600kWh
2013年 8072kWh
2012年 7736kWh

消費量は 2275kWh でした。 
過去の実績
2017年 2321kWh
2016年 2223kWh
2015年 2323kWh
2014年 2361kWh
2013年 2277kWh
2012年 2223kWh

売電量は 6301kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 106.5% でした。
ここが一番大切な値だと考えています。
今年も到達してくれて嬉しいです スマイル
売電率は 6301kWh ÷ 7224kWh = 87.2%
過去の実績
2017年 6186kWh 87.4%(売電率)
2016年 6117kWh 87.8%(売電率)
2015年 6016kWh 86.8%(売電率)
2014年 6666kWh 87.7%(売電率)
2013年 7251kWh 89.9%(売電率)
2012年 6979kWh 90.2%(売電率)


買電量は 1352kWh でした。
自己消費は923kWh。
過去の実績
2017年 1431kWh(自己消費890kWh)
2016年 1377kWh(自己消費846kWh)
2015年 1405kWh(自己消費918kWh)
2014年 1427kWh(自己消費934kWh)
2013年 1463kWh(自己消費814kWh)
2012年 1466kWh(自己消費757kWh)

よくよく見ると今までで一番電気を買っていないようですね。
けれど自己消費はやや多め。
これってどうなんでしょうね?
自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。
売った方がお得なのですが、ここを追求することはなかなか難しいです わからん

総評です。
今年も目標の発電量を越えてくれたうえに、
7000kWh台の発電量で、とても嬉しいです。
消費量がやや多いのですが、これは夏のエアコンだと思います。
これは人と愛犬の健康の問題もあるので、追及のし過ぎはよくないです。
売電量も達成率で106%あるし上出来な1年だったと思います スマイル


次に抑制時間の確認です。
2014年は「 216 」でした。
2015年は プラス196で「 412 」になりました。
2016年は プラス210で「 622 」になりました。
2017年は プラス 86で「 708 」になりました。
2018年は プラス  5で「 713 」になりました。
これの単位は「分」らしいです。
近年は抑制が凄かったのですが、急に落ち着きました。
なぜなのかわかりませんが、これからもこのペースでお願いしたいものです うっしっし





さて、ここまでの集計は太陽光発電システムに付随のモニターの数値からでした。
けれどリアルに金銭での集計もしないといけません。
最もリアルなところで、電力会社さんからの検針票をまとめてみました。



表の中に「節約効果」と書かれた欄があります(黄色の欄)。
これは太陽光発電システム導入の前年の電気代と、今年の電気代との差異です。
つまりは「自分で創った電気を使ったため、電力会社から買わずに済んだ分」と
「電気の節約に成功したため、電力会社から買わずに済んだ分」のことです。
この項目を経済効果に入れる入れないには賛否があると思いますが、入れます。
太陽光発電システムを導入したら電気の使用に もったいない を意識するようになったので、
まさに節約効果ですから。

年間の経済効果は 292,821円 となりました。
ですがこれ全額が丸儲けというわけではありませんけどね。
太陽光発電システムの導入にお金がかかっています。
へいくろう所長の試算では、
10年以内で導入資金を回収して、20年目には ウハウハ のはず。
これで 7年が経過しました。
試算より良い結果が得られそうだと、期待をしています。
銀行の定期預金の金利に負けない成果をあげてくれることを切に願っています。


そして太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。




エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪

みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油代です。
毎年ですが、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の課題です。

2019年もたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。


最後は前看板犬のみみさんの写真です 犬
ひさびさの登場です。
HPプロフィール小写真.jpg   DSCN2286.jpg




にほんブログ村






最終更新日  2019年01月15日 22時00分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月03日

にほんブログ村

2017年の年間のへいくろうHIT発電所の発電記録のまとめです。
我が家では太陽光発電システムの設置はエコも大切ですが、経済的価値を強く考えての導入です。
なので定期的に検証を行うことは重要だと考えています。
さてさて、2017年はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。


ちなみにこれが前看板犬のみみさんです 犬
ひさびさの登場ですね。
HPプロフィール小写真.jpg   DSCN2286.jpg


それではいつものモニターの集計値の掲載です。
先ずはおさらいとして月別の状況から。
月毎発電量消費量.jpg 
IMG_0556_売電量買電量.jpg


2017年の年間の集計結果です ひらめき

7076.jpg


発電量は 7076kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 109.6% でした。
久しぶりの7000kWh越えで嬉しいです。
ありがたいことに6年連続の達成だし スマイル
過去の実績
2016年 6963kWh
2015年 6934kWh
2014年 7600kWh
2013年 8072kWh
2012年 7736kWh

消費量は 2321kWh でした。 
やや多めかな?こんなものかな? 
過去の実績
2016年 2223kWh
2015年 2323kWh
2014年 2361kWh
2013年 2277kWh
2012年 2223kWh


売電量は 6186kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 104.6% でした。
ここは最低でも達成して欲しい目標値ですからね。
今年も到達してくれて良かったです スマイル
売電率は 6186kWh ÷ 7076kWh = 87.4%
過去の実績
2016年 6117kWh 87.8%(売電率)
2015年 6016kWh 86.8%(売電率)
2014年 6666kWh 87.7%(売電率)
2013年 7251kWh 89.9%(売電率)
2012年 6979kWh 90.2%(売電率)


買電量は 1431kWh でした。
自己消費は890kWh。
過去の実績
2016年 1377kWh(自己消費846kWh)
2015年 1405kWh(自己消費918kWh)
2014年 1427kWh(自己消費934kWh)
2013年 1463kWh(自己消費814kWh)
2012年 1466kWh(自己消費757kWh)

自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。
売った方がお得なのですが、ここを追求することはなかなか難しいです わからん

総評です。
発電量が久しぶりの7000kWhで嬉しいです。
売電率が気持ち少ないですが、大きな問題ではないです。
売電量の目標値の5916kWhは越えていますしね スマイル



次に抑制時間の確認です。
2014年は「 216 」でした。
2015年は プラス196で「 412 」になりました。
2016年は プラス210で「 622 」になりました。
2017年は プラス 86で「 708 」になりました。
これの単位は「分」らしいです。
近年は抑制が凄かったので一安心です。
抑制しやすい夏場の発電量が少なかったからでしょうか? うっしっし

708.jpg


さて、ここまでの集計は太陽光発電システムに付随のモニターの数値からです。
そしてリアルに金銭での集計もしないといけません。
最もリアルなところで、電力会社さんからの検針票をまとめてみました。

2017年経済効果.jpg

表の中に「節約効果」と書かれた欄があります(黄色の欄)。
これは太陽光発電システム導入の前年の電気代と、今年の電気代との差異です。
つまりは「自分で創った電気を使ったため、電力会社から買わずに済んだ分」と
「電気の節約に成功したため、電力会社から買わずに済んだ分」のことです。
この項目を経済効果に入れる入れないには賛否があると思いますが、入れます。
太陽光発電システムを導入したら電気の使用に もったいない を意識するようになったので、
まさに節約効果ですから。

年間の経済効果は 289、930円 となりました。
ですがこれ全額が丸儲けというわけではありませんけどね。
太陽光発電システムの導入にお金がかかっています。
へいくろう所長の試算では、
10年以内で導入資金を回収して、20年目には ウハウハ のはず。
これで6年が経過しました。
試算より更に良い結果が得られそうだと、大きな期待をしています。
銀行の定期預金の金利に負けない成果をあげてくれることを切に願っています。


しかも太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。

CO2換算.jpg

エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪

みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油代です。
毎年ですが、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の課題です。


2018年もたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。


にほんブログ村






最終更新日  2018年01月04日 23時09分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年01月05日

にほんブログ村

2016年の年間のへいくろうHIT発電所の記録のまとめです。
我が家では太陽光発電システムの設置は資産運用的な考え方で始めました。
なので定期的に検証を行うことは重要だと考えています。
さてさて、2016年はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。

ちなみにこれが前看板犬のみみさんです 犬
ひさびさの登場ですね。
HPプロフィール小写真.jpg   DSCN2286.jpg


それではいつものモニターの集計値の掲載です。
先ずはおさらいとして月別の状況から。
月間発電量消費量.jpg

月別売電量買電量グラフ.jpg


2016年の年間の集計結果です ひらめき

年間.jpg


発電量は 6963kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 107.8% でした。
ありがたいことに5年連続の達成となりました スマイル
過去の実績
2015年 6934kWh
2014年 7600kWh
2013年 8072kWh
2012年 7736kWh

消費量は 2223kWh でした。 
今年は生活スタイルが昨年までと変わったので数値的には少ないです。 
過去の実績
2015年 2323kWh
2014年 2361kWh
2013年 2277kWh
2012年 2223kWh


売電量は 6117kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 103.3% でした。
ここは最低でも達成して欲しい目標値ですからね。
今年も到達してくれて良かったです スマイル
売電率は 6117kWh ÷ 6963kWh = 87.8%
過去の実績
2015年 1405kWh 86.7%(売電率)
2014年 1427kWh 87.7%(売電率)
2013年 1463kWh 89.9%(売電率)
2012年 1466kWh 90.2%(売電率)


買電量は 1377kWh でした。
自己消費は846kWh。
過去の実績
2015年 1405kWh(自己消費918kWh)
2014年 1427kWh(自己消費934kWh)
2013年 1463kWh(自己消費814kWh)
2012年 1466kWh(自己消費757kWh)

自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。
売った方がお得なのですが、ここを追求することはなかなか難しいです わからん

総評です。
近年は毎年のように下がる発電量にとても心配をしていました。
ですが2016年は少し反発。ほっと一息っていうところかな。
売電量の予測値はぜひとも達成して欲しいですからね スマイル



次に抑制時間の確認です。
2014年は「 216 」でした。
2015年は プラス196 で「 412 」になりました。
2016年は プラス210 で「 622 」になりました。
これの単位は「分」です。
昨年から抑制時間がズドンと増えました しょんぼり
発電量の著しい低下も2015年より起きています。
何か関連があるのでしょうか?

電圧抑制622.jpg


さて、ここまでの集計は太陽光発電システムに付随のモニターの数値からです。
資産運用が主目的なので、リアルに金銭での集計もしないといけません。
最もリアルなところで、電力会社さんからの検針票をまとめてみました。

キャプチャ.jpg

表の中に「節約効果」と書かれた欄があります(黄色の欄)。
これは太陽光発電システム導入の前年の電気代と、今年の電気代との差異です。
つまりは「自分で創った電気を使ったため、電力会社から買わずに済んだ分」と
「電気の節約に成功したため、電力会社から買わずに済んだ分」のことです。
この項目を経済効果に入れる入れないには賛否があると思いますが、入れます。
太陽光発電システムを導入したら電気の使用に もったいない を意識するようになったので、
まさに節約効果ですから。

年間の経済効果は 289,577円 となりました。
ですがこれ全額が丸儲けというわけにはいきません。
太陽光発電システムの導入にお金がかかっています。
へいくろう所長の試算では、
10年以内で導入資金を回収して、20年目には ウハウハ のはずです。
これで5年が経過しました。
試算より更に良い結果が得られそうだと、大きな期待をしています。
銀行の定期預金の金利に負けない成果をあげてくれることを切に願っています。


しかも太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。
エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪

みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油代です。
毎年ですが、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の課題です。


2017年がたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。


にほんブログ村






最終更新日  2017年01月18日 22時51分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月07日

にほんブログ村

2015年の年間のへいくろうHIT発電所の記録のまとめです。
我が家では、太陽光発電システムの設置は、資産運用的な考え方で始めました。
さてさて、2015年はどうだったかな?

先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。

ちなみにこれが前看板犬のみみさんです 犬
ひさびさの登場です。
HPプロフィール小写真.jpg   DSCN2286.jpg



それではいつものモニターの集計値の掲載です。
2015年の集計結果です ひらめき

IMG_1441_1.jpg


そして月別の記録です。

IMG_1444_1.jpg  売買月別.jpg

発電量は 6934kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 107.4% でした。
後で別表に過去の年別の発電量を掲載しますが、先ずは予測値を越えられて良かったです。
お天気次第を実感する毎日ですが、ありがたいことに4年連続の達成となりました スマイル

消費量は 2323kWh でした。 
昨年は2361kWh、一昨年は2277kWh、その前は2223kWhでした。
我が家は3年前の秋から少しライフスタイルが変わりました。
昼間の消費量が少しだけ増えたので、微増なんです あっかんべー

売電量は 6016kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 101.6% でした。
ここは最低でも達成して欲しいところ。
ギリギリでも到達してくれて良かったです。
昨年は6666kWh、一昨年は7258kWh、その前は6979kWhでした。
売電率は 6016kWh ÷ 6934kWh = 0.867 →  86.7% でした。
昨年の87.7%からまた少しダウンです。

買電量は 1405kWh でした。
昨年は1427kWh、一昨年は1463kWhでした、その前は1466kWhでした。
ちなみに2014年の自己消費は934kWh、2013年は814kWh、
2012年は757kWhでした。
自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。
買った電気は減っていても、自分で創った電気は売らないといけないのに、自分で使っています。
ここ難しいんですよね わからん

総評としては、それでも予測値は上回っているので、ギリギリ合格ですね。 
ですがもうこれ以上は売電量を減らしたくないです。


次に抑制時間の確認です。
昨年は「 216 」でしたので、「 プラス196 」で、「 412 」になりました。
これの単位は「分」です。
今年は抑制時間がズドンと増えました しょんぼり

IMG_1392_1.jpg



さて、ここまでの集計は太陽光発電システムに付随のモニターの数値からです。
資産運用が主目的なので、リアルに金銭での集計もしないといけません。
最もリアルなところで、電力会社さんからの検針票をまとめてみました。

2015年経済効果.jpg

表の中に「節約効果」と書かれた欄があります(黄色の欄)。
これは太陽光発電システム導入の前年の電気代と、今年の電気代との差異です。
つまりは「自分で創った電気を使ったため、電力会社から買わずに済んだ分」と
「電気の節約に成功したため、電力会社から買わずに済んだ分」のことです。
この項目を経済効果に入れる入れないには賛否があると思いますが、入れます。
太陽光発電システムを導入したら電気の使用に もったいない を意識するようになったので、
まさに節約効果ですから。

年間の経済効果は 278,813円 となりました。
ですがこれ全額が丸儲けというわけにはいきません。
太陽光発電システムの導入にお金がかかっています。
へいくろう所長の試算では、
10年以内で導入資金を回収して、20年目には ウハウハ のはずです。
これで4年が経過しました。
試算より更に良い結果が得られそうだと、大きな期待をしています。
銀行の定期預金の金利に負けない成果をあげてくれることを切に願っています。

ちなみに過去の結果はこちらから → 2014年の結果  

しかも太陽光発電システムはエコにも大きく貢献できると聞いています。
エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪
みや.jpg


そうそう、ですが我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油代です。
なんと2015年も、年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の課題です。


そしてもう一つ検証しておく必要があることがあります。
それは我が家の太陽光発電システムの発電効率。
今年は発電量の低下がとても気になったので、販売店さんにお願いして点検をしてもらいました。
その時の様子→ 発電量低下の原因は何だ!
今回は過去4年間の日照時間と発電量を比較をしてみました。

日照時間比.jpg

4年前は3.58倍で今は3.30倍に低下。
約8%の効率ダウンといえるのでは?
これはシステムの故障でないのなら、経年劣化の現われなのか?
20年目のウハウハが心配になる現象だと思っています。

2016年がたくさんの太陽の恵みがありますように。
今年も期待しています。


にほんブログ村






最終更新日  2016年01月07日 23時13分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年01月03日

にほんブログ村


へいくろうHIT発電所の 2014年の年間成績 の掲載です。

我が家では、太陽光発電システムの設置は、投資が主目的です。
なので定期的な検証が必要と考えているのでね。


先ずは当発電所の概要のおさらいからです。
中サイズ 20130503.jpg  

当発電所は愛知県名古屋市にあります。
パネルの向きは 南西向き の 1面設置 で 、屋根の勾配は4.5寸(約24度)。
南西というか、南西西なので、少し残念な向きです。
パネルは SANYO製 HIT230W が 24枚 で 5.52kW です。
2011年12月16日PM からの発電開始です。

ちなみにこれが前看板犬のみみさんです 犬
ひさびさの登場です。

HPプロフィール小写真.jpg   DSCN2286.jpg



それではいつものモニターの集計値の掲載です。
2014年の集計結果です ひらめき

2015年 年間1.jpg   発電と消費 数値.jpg

発電量は 7600kWh でした。 
予測発電量は 6455kWh でしたので、達成率は 117.7% でした。
ちなみに昨年は8072kWh、一昨年は7736kWhでした。
このシステムの導入を検討している時は、
予測発電量が本当に実現できるのか? これが最も心配でした。
何と言っても投資目的ですから、これを越えることは非常に重要です。
銀行の定期預金に負けるようでは困るし、その何倍も稼いでもらうつもりでいますから。
お天気次第を実感する毎日ですが、ありがたいことに3年連続の達成となりました ひらめきスマイル音符

消費量は 2361kWh でした。 
昨年は2277kWh、一昨年は2223kWhでした。
我が家は一昨年の秋から少しライフスタイルが変わりました。
昼間の消費量が少しだけ増えたので、微増なんです あっかんべー

売電量は 6666kWh でした。
予測売電量は 5916kWh でしたので、達成率は 112.6% でした。
ちなみにこの予測量は導入前の消費量から10%を減らすことが前提で設定されています。
太陽光発電システムを導入すると、電気の消費について考えるようになり、
一般的にこれくらい減ると聞いていました。
我が家ではそこまで減っていないようですね  ^_^;
昨年は7258kWh、一昨年は6979kWhでした。
売電率は 6666kWh ÷ 7600kWh = 0.877 →  87.7% でした。
昨年の89.9%から少しダウンです。
発電量が昨年より減って、消費量が増えているのでね。
それでも高い値だと思っていますよ ウィンク

買電量は 1427kWh でした。
昨年は1463kWh、一昨年は1466kWhでした。
夜に使っていた電気を昼間の自分で発電した電気から使うと、こういう結果がでますね。
例えば夜していた洗濯を昼間にするとかね。
ちなみに2014年の自己消費は934kWh、
2013年は814kWh、2012年は757kWhです。
自己消費とは太陽光発電で創った電気を自分で使ったことを言っています。


総評としては、それでも予測値は上回っているので、まあまあですかね? 
8月からの大失速が本当に残念でしたけどね うっしっし


次に抑制時間の確認です。
先年は 「 135 」 でしたので 「 プラス81 」 で、「 216 」になりました。
これの単位は想像ですが「分」です。
「時」ではないはずですから許容範囲かな しょんぼり

IMG_0761.jpg



さて、ここまでの集計は全て太陽光発電システムに付随のモニターの数値からです。
投資が主目的なので、金銭での集計もしないといけません。

最もリアルなところで、電力会社さんから検針票でまとめてみました。

中電明細より.jpg

表の中に「節約効果」と書かれた欄があります(黄色の欄)。
これは太陽光発電システム導入の前年の電気代と、今年の電気代との差異です。
つまりは「自分で創った電気を使ったため、電力会社から買わずに済んだ分」と
「電気の節約に成功したため、電力会社から買わずに済んだ分」のことです。
この項目を経済効果に入れる入れないには賛否があると思いますが、入れました。
太陽光発電システムを導入したら電気の使用に もったいない を意識するようになったので、
まさに節約効果ですから。

年間の経済効果は 305,696円 となりました。
ですがこれ全額が丸儲けというわけにはいきません。
太陽光発電システムの導入にお金がかかっています。
へいくろう所長の試算では、
10年以内で導入資金を回収して、20年目には ウハウハ のはずなんです。
これで3年が経過しました。
試算より更に良い結果が得られそうだと、大きな期待をしています。

ちなみに昨年の結果はこちらから → 2013年の結果 、参考までに。



しかも、我が家でエコ度が1番なのはこのシステムなんです。
エコして、トクして。
素適な言葉ですよね  (^^♪
みや.jpg


ですが、我が家はオール電化ではありません。
光熱費には 電気 と ガス と 灯油 があります。
頭が痛いのは灯油代です。
なんと2014年の年間の光熱費の中で 約半分 を灯油代が占めています。
だから電気代が安いからと言って、光熱費が安いとはいえないのです  ^_^;
将来の課題です。


2015年も太陽の恵みがたくさんありますように。

IMGP0009.jpg


IMGP0036.jpg  ねねさんといつもの神社で初詣



にほんブログ村






最終更新日  2015年01月03日 21時05分36秒
コメント(6) | コメントを書く
2014年01月04日



にほんブログ村





2013年の太陽光発電に関する集計結果をまとめてみました。


長くなりますが、太陽光発電システムに興味のおありの方はお読みください。



最初に当発電所の概要を再度掲載しておきますね。


20121004撮影.jpg   HPプロフィール小写真.jpg


所在地は愛知県名古屋市。

屋根は南西向きで、傾斜は4.5寸(約24度)。

太陽光パネルは1面のみの設置。

パネルは SANYO製のHIT230W を 24枚 で 5.52kW の容量です。

2011年12月16日の午後より発電を開始しています。


※写真右のわんこは 看板犬だった みみさん です。




当発電所の導入前の 予測発電量 はこのようになっていました。


予測発電量.jpg



そもそも我が家が太陽光発電システムの導入に踏み切った理由は 投資 です。


お金の有意義な使い方はないかな?

お金を楽して、安全に、増やす方法はないかな?

銀行に貯金をするのか?  国債を購入するのか? 株式市場でがんばるのか? 

外貨建ての貯金や、個人年金保険なんかも考えました。


太陽光発電システムってどうなんだろうか?

年間で6455kWhを本当に発電してくれるのなら、これって儲かるんじゃないか?

最初はエコと言うよりも、お金が儲かることを期待しての導入だったんですよ  ^_^;





そういうわけなので、発電量はとっても気になるんです。

2013年のへいくろうHIT発電所のモニターの積算結果です。

DSC09258.jpg


やりましたね~  (^O^)/


なんと、年間の発電量は 予測発電量の6455kWh を 大幅に越えてくれました。

実発電量 8072kWh ÷ 予測発電量 6455kWh = 1.25倍

素晴らしい結果となりました。

今年は3月~5月の発電量が凄まじかったですからね。

DSC09262.jpg   発電量・消費量数値


ちなみに導入初年度の昨年は7736kWhでしたから、2年連続の大発電です OK






発電した電気は、中部電力さんになるべくたくさん買ってもらうことが重要です。

我が家では電気を中部電力さんから買うと、21円/kWh。

逆に中部電力さんに電気を売れば、42円/kWh。

従って、発電した電気はなるべく自分で使わずに、売った方がお得なことになるのです。


我が家ではほぼ9割の電気を売ることができています。

年間売電量 7258kWh ÷ 年間発電量 8072kWh = 89.9%







平成25年の太陽光発電の経済効果の検証


H25経済効果.jpg


見方がわかりますかね?

モニターの数値ではなくて、よりリアルに中部電力さんの検針票の数値を使用しています。

つまり実際の お金 ですね。


売電金額 + 節約効果 = 経済効果 としています。

   ※節約効果は平成23年と平成25年の購入電気代の差額としています。

   ※節約効果とは自己消費+節電効果のことになります。

   ※自己消費とは、発電して創った電気を自分で使うことを指します。

    つまりは買わずに済むということです。

   ※節電効果とは、電気の無駄遣いに気を使い、電気を買わずに済ませた効果です。


中部電力さんへの 売電額 は全部で 304920円 となりました。

経済効果は 331631円 となりました。


人によっては、この節約(節電)効果は経済効果に含めない人もいるかとも思います。

ですが、我が家では 太陽光発電を始めたために 節電に対する意識の向上 は必ずある、

あったと考えているために、含めることとしています。



では、いったい何年で 初期投資費用(最初の購入代金)を回収できるのでしょうか?

昨年の経済効果は 320720円 でした。


当発電所の初期投資費用 ○○○万円 ÷ (320720円 + 331631円) × 2 = 10年以下

  ( ※初期投資費用には補助金を加味しています )


あえて、初期投資費用は伏せますが、10年かからないで回収ができるペースです  (^^♪


太陽光発電システムがこのまま故障などせずに、元気に稼働してくれると仮定します。

初期投資費用の回収が仮に10年で済めば、11年目からは全部 儲け となります。

とっても楽しみな 儲け話 だと思っていますよ  (^_-)-☆




太陽光発電システムの導入には、経済効果の他に、こんな効果も得られます。

DSC09261.jpg   二酸化炭素換算



太陽光発電システムでの発電は 二酸化炭素 をだしません。

ECOですよね  (^^♪





太陽光発電システムの導入を始めてからは、天気の良い日が嬉しくてたまらなくなりました。

そして、電気を創ること 電気を使うこと に興味がわきます。

節電が 楽しく なりました。


みや.jpg

エコして、トクして。


本当に良いことだらけに思えます  (^O^)


太陽光発電を始めて 良かったです  (^O^)/






にほんブログ村






最終更新日  2014年01月04日 22時59分14秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年01月11日



遅くなりましたが、

2012年の太陽光発電に関する集計結果をまとめてみました。


長くなりますが、太陽光発電システムに興味のおありの方はお読みください。



最初に当発電所の概要を再度掲載しておきますね。


20121004撮影.jpg   HPプロフィール小写真.jpg


所在地は愛知県名古屋市です。

屋根は南西向きで、傾斜は4.5寸(約24度)。

写真のように太陽光パネルは1面のみの設置です。

パネルは SANYO製のHIT230W を 24枚 で 5.52kW の容量です。

2011年12月16日の午後より発電を開始しています。


ですので1年間通しての集計ができたのは今年が始めてとなりました  (^^♪

ちなみに写真右のわんこは 看板犬だった みみさん です。




当発電所の導入前の 予測発電量 はこのようになっていました。


DSC01111.jpg


太陽光発電システムの販売店さんが、導入前に示してくれたこの表によると、

当発電所では年間 6455kWh を発電することができる らしい です。


太陽光発電システムの導入の検討にあたっては、どれだけ発電をしてくれるのか?

これが非常に重要な要素となります。

システムの購入に必要な ○○○万円 という大きな金額がいったいいつ回収できるのか?

この心配事は 発電量 でほぼ決まってきますからね。


そして購入代金を回収してしまえば、後は故障さえなければ、全てが儲けになります (^^♪





それでは、待ちに待った、

2012年のへいくろうHIT発電所のモニターの積算結果です。



1年間の積算.jpg



やりましたね~  (^O^)/


なんと、年間の発電量は 予測発電量の6455kWh を 大幅に越えてくれました。

実発電量 7736kWh ÷ 予測発電量 6455kWh = 達成率119.8%

素晴らしい結果となりました。



そして、この太陽光発電システム付随のこのモニターは、この他にこんな数値もわかります。



月毎の発電量消費量.jpg  月毎の電気の発電量と消費量


発電量消費量グラフ.jpg   月毎の発電量と消費量グラフ


売電量買電量グラフ.jpg   月毎の売電量と買電量グラフ




我が家の特徴だと思っていますが、我が家では発電した電気を自分で使うことが少ないです。

創った電気のほとんどを中部電力さんに 売って います。


年間売電量 6979kWh ÷ 年間発電量 7736kWh = 90.2%

実に9割の電気を売っています。


ちなみに我が家では電気を買うと21円/kWh。

電気を売れば42円/kWhなのです。

従って、自分で創った電気はなるべく使わずに、売った方がお得なことになるのです。





お次は非常に重要なこちらの検証です、

「 我が家における 太陽光発電システムの導入 による 経済効果 の検証 」


編集済み.jpg



知識がないので、自分でエクセルで作った表をブログに載せる術を知りません。

写真に撮ったうえでの掲載なので、見にくくてすいません。


見方がわかりますかね?

モニターの数値ではなくて、よりリアルに中部電力さんの検針票の数値を使用しています。

つまり実際の お金 ですね  (^.^)


売電金額 + 節約効果 = 経済効果 としています。

   ※節約効果は平成23年と平成24年の購入電気代の差額としています。

   ※節約効果とは自己消費+節電効果のことになります。


中部電力さんへの 売電額 は全部で 295638円 となりました。

経済効果は 320730円 となりました。


人によっては、この節約(節電)効果は経済効果に含めない人もいるかとも思います。

ですが、我が家では 太陽光発電を始めたために 節電に対する意識の向上 は必ずある、

あったと考えているために、含めることとしています。



では、いったい何年で 初期投資費用(最初の購入代金)を回収できるのでしょうか?


当発電所の初期投資費用 ○○○万円 ÷ 320730円 = 10年以下

  ( ※初期投資費用には補助金を加味しています )


あえて、初期投資費用は伏せますが、10年かからないで回収ができるペースです  (^^♪


まだ導入からたったの1年ですが、導入して本当に良かったと思える内容でした OK



ちなみに今年の半年経過の時点でも同じような検証を行っています。

その時の記事はこちらです、

太陽光発電 経済効果 中間決算報告




そして、太陽光発電システムの導入では、経済効果の他にこんな効果も得られます。


CO2換算.jpg   CO2換算値



太陽光発電システムでの発電は 二酸化炭素 をだしません。

ECOですよね  (^^♪




そうそう、秋には販売店さんの売電コンクルールに参加して、見事グランプリにも輝きました。

景品は3万円相当の空気清浄機でした。


その時の記事はこちらです、

売電グランプリ結果報告



グランプリ獲得のO様邸.jpg  景品の空気清浄機.jpg



太陽光発電システムの導入を始めてからは、天気の良い日が嬉しくてたまらなくなりました。

そして、電気を創ること 電気を使うこと に興味がわきます。

節電が 楽しく なりました。


みや.jpg


エコして、トクして。

本当に良いことだらけに思えます  (^O^)


太陽光発電を始めて 本当に 良かったです  (^O^)/



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村






最終更新日  2013年01月11日 23時33分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年07月13日


周りの人に、「太陽光発電をやっています」 と話すと、必ず聞かれることがあります。

「何年で元が取れるの?」 っと、聞かれます。



太陽光発電の導入には、人によっていろいろな目的や意義があるとは思いますが、

当発電所では「投資」を目的に、このシステムを導入しています。

なけなしのお金をどう運用することが最も有意義なのかを考えての導入です。

国債、イオン銀行の定期預金、個人年金保険、株などの候補が当初ありました。




このため、導入から半年ではありますが、中間決算をしてみました。

検証です。


DSCN4353.jpg


知識がないので、エクセルで作った表を単純にカメラに撮って、貼り付けました。

文字が不明瞭なのはこのためです。すいません。



この表の中では「経済効果」を算出しています。

算出の方法は 売電金額 + 節約効果 = 経済効果 としました。

売電金額 = 中部電力に買ってもらった電気代 (中部電力検針結果より)

節約効果 = 太陽光発電システム導入前の検針結果 - 導入後(同月)の検針結果の差額


※節約効果を加味することに悩みました。
 ですが、自己消費があるために中部電力からの購入電気量が大幅に減ります。
 このために、購入電気代が最も安い単価の設定分で済むという効果が生まれます。
 また、節電の意識が高まる効果も必ずあります。
 そして、導入前に販売会社さんからいただいた試算表も同様の試算がされています。
 これらの理由から加味することとしました。

 ちなみに我が家では自己消費効果額は半年で8026円です。
 残りの6020円がその他の効果となりますが、この内訳は購入量が減ったことによる
 単価のダウン効果と冷蔵庫買い替えによる節電効果が大きいと思われます。

そんなわけで、この半年間での経済効果は 159450円 となりました。


これを月平均にするために6で割ってみます → 26575円 となります。

たった最初の6ケ月間の数字を以て、将来を推測することは乱暴かもしれませんが、

太陽光発電システム導入費用 - 補助金 =初期投資費用(元本)

初期投資費用(元本) ÷ 月平均の経済効果(26575円) ÷12 = 返済必要年数


これにより、当発電所の元本返済に必要な年数は 「10年以内」 となるのでした


ちなみに当発電所は平成23年12月発電開始なので、電力会社への売電は@42円、

国からの補助金は48000円/kW × 5.52kW でした。

名古屋市や県からの補助金は終了していたので、ありませんでした。



 <検証結果> について

上記の通り、「10年以内に返済可能」と検証することができました。

これ以上の数値の明言は避けますが、導入前の試算よりも1年以上早いペースとなりました。

10年以内で元本を取り戻し、20年後の時点では〇〇〇万円のトータル益を企んでいます。

果たして 取らぬ狸の皮算用 で終わるのかどうか? 

中間決算からの わくわく、ドキドキの検証結果でした  (^^♪


ちなみに、ちなみに、もし10年以内完済に失敗しても、太陽光発電システムの導入には

「エコ」 であったり 「原子力発電に頼らない」 などの効果も相当にあります。

なので、最終的には元本さえ回収できれば、それはそれで価値のある行動と確信しています。




ですが、今時の銀行の定期預金の金利を見ていると・・・・ (>_<)


なので、太陽光発電システムの導入は間違いなく正しい選択と信じています。


みや.jpg


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年07月13日 23時20分24秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.