1389248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

太陽光発電とわんこの日記 ~エコして、トクして

PR

X

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

太陽光発電に関するトラブル

2015年09月26日
XML

にほんブログ村

9月26日(土)

今日は へいくろうHIT発電所 についてです。

中サイズ 20130503.jpg  

ここ最近の頭痛の種 発電量低下 についてです。

昨年からですが 当発電所の発電量が芳しくない のです。
この原因がお天気であるのならば、これは致し方ありません。
ですがどうにもお天気のせいだけとは思えないのです。


どうしてそう思うのか?
それは O様発電所さん との 発電量の比較 から感じているからです。
O様発電所さんは、当発電所とはまさに道を1本挟んだだけのお向いにあります。
内容は当発電所とまるで同じ。

大 概要.jpg

DSC00458.jpg  O様発電所外観


こんなにそっくりなので、太陽光発電システムの健康診断のつもりで、
定期的に発電量を確認させてもらっているのです。

年別比較表
O様比較.jpg

2012年はO様発電所さんに比べて105%の結果でした。
2013年はO様発電所さんに比べて104%の結果でした。
しかし、
2014年はO様発電所さんに比べて100%の結果に。
2015年はO様発電所さんに比べて 97%に。 ※数値は5月まで
だんだん差が縮まり、ついには下回りました。

当初の4~5%の差は お互いの出力特性表の比較で それが原因だと思われました。
ですが、なのに、今では97%の発電量しかありません。
同じ方法でI様発電所さん、ミント様発電所さんと比べてもおかしいのです。
同じ傾向で差が逆転していくのです。

キャプチャ.jpg

( ちなみに ソーラークリニック を見ていても発電量が減っていると感じます。 )

いったいなぜなのか?
これおかしいだろ!!



原因は何なのか?

パンチ モニターの積算数値とパワコンの積算数値に表示違いはないか?
 → なし!

パンチ 電圧抑制はおきていないか?
 → おきてはいるが大きな数値ではない。

2015年9月26日夕方では 316分 です。
IMG_0450_1.jpg

しかもこれ以上は対策できないし → 電圧抑制の調査結果


パンチ 残るはへいくろうHIT発電所の 太陽光発電システムの不具合 しか考えられません。
  著しい経年劣化とか。

販売店さんに相談をして、本日メーカーの方が来てくれました。
パワコンを調べてくれています。
蓋をあけてエラーの確認や、何やら機器を使って計測をしたり。
IMG_0429.jpg


お次は集積箱です。
IMG_0432.jpg

こんな計測機でパネルの状況が調べられるのだそうです。
雀がパネルの上を横切った時の影でさえこれでわかるのだそうです。

IMG_0433_1.jpg

モニターの過去の発電量の数値や、パワコンの中の様子などを何枚も写真に撮っていました。
全部で1時間程度かな、いろいろと調べてくれました。
会社で今日の数値や写真などを更に見て、改めて報告しますということでした。
ですがサービスの方のお話では 太陽光発電システムの状態は良好と思われる でした。

最後に当発電所の状況を、O様発電所さんとの比較ということで説明をさせてもらいました。
熱心に聞いてくださいましたが、やはり計測結果では 、、、 という感じでした。 

う~ん 、、、
それでも何か原因が見つかればよいのですが  (-.-)
報告書が届いたら、またこのブログでも残したいと思います。



最後は今月ここまでの当発電所の発電状況です。

IMG_0458_1.jpg   IMG_0459_1.jpg

今月も当発電所の予測発電量を下回るのかな  (>_<)


にほんブログ村






最終更新日  2015年09月27日 08時32分25秒
コメント(9) | コメントを書く


2015年06月17日

にほんブログ村

6月17日(水)

ちょっと最近、気持ちが滅入っています。
梅雨だからってこともありますが、
大切な大切な我が家の太陽光発電システムのことが心配で 、、、 (>_<)

6月12日の記事で 太陽光発電システムがおかしい! と書きました。

何が起きているのかといえば、
1つは→ 発電量の低下が他の発電所さんに比べて著しい。天気の差だけが原因とは思えない。
1つは→ 電圧抑制が再発している。 
この2つの問題のせいで憂鬱なんです。


先ずは後者の 電圧抑制の再発 の件です。
今年の5月になって 電圧抑制 が目立って起きるようになりました。
4月30日時点で 223 だったのが、5月31日には 249 へ。
そして今では 267 まで増えているのです。

DSC01193_1.jpg 6月16日夕方時点


当発電所では、発電開始から間もない2012年3月に中電さんに調査をしてもらっています。
( 2012年3月14日の記事 → 電圧抑制対策 )
この時は中電の電圧は正常範囲ということで、こちらのパワコンの電圧を109Vへ上げました。
この結果、全くおこらなくなった訳ではないですが、かなり改善することができました。
ですが上記のようにまた増えてきたので、中部電力さんへ電話をして再度調査を依頼しました。

今回は前回に続いて2度目ということで、中電さんの対応も簡素なものでした。
6月3日(水)頃に調査依頼の電話をし、おそらく調査開始が6月9日(火)頃。
そして調査結果の連絡が昨日、6月16日(火)に電話でありました。
この間、一度も中電の方と会うことはなしでした。全て電話で終了。
2度目だかららしいです。

そして伝えられた結果は、
中電側の電圧は規定の範囲のため問題なし。
こちらの電圧は104.4V~109Vの範囲だったので問題なし。
調査期間中に、少なくとも2日は抑制が発生していたはずですが、
何せ30分間の平均電圧が規定を越える必要があるので(確か107Vのはず)、
一瞬の出来事程度では 問題あり とは診断されません。
よって問題なしという結果を、言葉に気を使っていただきながら言われました。
もっとひどいお宅もあるので、、、 などなど。

こうなると想像していたので、では110Vに電圧を上げて良いですか? っと質問。
ここがびっくり。
当発電所のケーブルの長さ太さ(前回調査済み)では109Vが限界との回答。
110Vに上げることはできないのだそうだ  (>_<)
てっきり110Vまでは上げられると思っていたので、あてが外れました。
従って 電圧抑制問題 はここで終了です。
残念だし、つくづくもったいないと思うのですが、これ以上に打つ手がないです。
あとは抑制の程度がこれ以上に進まないことを願うことしかできません。

ですがこの電圧抑制問題は売電量にはそれほど大きな影響は現状ではないと思っています。
毎月検証している、発電量に対する売電率 や 自己使用の電気の量 からそう思います。


頭が痛いのは、もう一つの問題点である 発電量の低下 です。
この中電さんの調査の過程で、偶然にも何が原因が見つからないかと秘かに期待していました。
中電さんからの調査結果を聞いた後に試しに質問をしてみました。
発電量が落ちている原因について何か思い当たることはありませんか? っと。
今回の調査は電圧を測定しているだけなので、全くわからないと。
経年劣化と言う現象を聞いたことはあるけれど、取り付けたところへ問い合わせをされてみては?
成果全くなしでした  (>_<)


この後、SANYOへ直接電話をしようかとも思いましたが、今や販売会社としてはありません。
このために太陽光発電システムを取り付けてくれた会社へ電話をしました。
かなり期待薄なやり取りだったのですが、メーカーの技術さんへ問い合わせをしてもらえる
こととなりました。
電圧抑制の問題より、遥かに発電量の低下の方が大問題です。
予測発電量は越えているのだから、問題とはいえない。
この回答だけで終わらない回答がでることを切に願っています。
販売店のY課長さん、何卒よろしくお願い致します。

しかし、本当に、毎日が憂鬱です。
この問題に気付いてから 、、、 (ーー;)


O様発電所さんとの比較記事をまとめたものを最後に掲載です。
2015年5月まで分掲載
2014年分
2013年分
2012年分

キャプチャ.jpg

上のグラフは当発電所と条件酷似のお向さん発電所さん(O様)の、
お互いの年別発電量を表わしています。
これをお互いの発電量の年別の比率で言えばこうなります。
2012年には 105.0%
2013年には 104.1%
2014年には 100.1%
2015年には  96.7%
2012年と2013年の比率の差は出力特性表からわかる、おまけ分の差と思います。
出力特性表を比べさせてもらったところ 104.5% 差でしたから。
ところが2014年に急激に差が縮まり、今年はとうとう逆転しました。
なぜこのようなことが起こるのか?
この差は今後更に広がるのか?
かなり不安です  (>_<)




にほんブログ村






最終更新日  2015年06月18日 00時14分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年06月12日

にほんブログ村

6月12日(金)

少し前の記事で 太陽光発電システムがおかしい? と書きました。
あれから気になって、不安になって、いろいろと調べています。
調べれば調べるほどに、絶対おかしいと思うようになってきています。
以下は自分なりに考えた、自分で調べたことです。


< 調査その1 >
「予測発電量」を越えて発電はできているのか? 

この検証は太陽光発電システム機器の異常を調べる目的にはあまり適してはいませんが、
やはりこれを目安に経済効果などを導入前に考えているので、最低限抑えておく必要はあります。

当発電所の発電量を年別月別に、予測発電量と比べてみました。
一番左の青色の数値が月別の予測発電量、右は各年の発電量の実績です。
濃い青色の月は予測発電量を下回った月です。

予測発電量 再.jpg

当発電所では現状ではまだまだ 予測発電量 を越えて発電をしてくれています。
年に1度程度のペースで割り込む月もありますが、その程度の状況です、
年間の発電量比では必ず越えてくれています。
この検証だけでは、単純にお天気の良し悪しの問題で、
機器的には問題を感じないとなってしまいそうです。



では次のステップへ進みましょう。
< 調査その2 >
他の発電所と比較してどうなのか? 

過去記事にも載せていますが、
当発電所では定期的に2つの発電所様と発電量の比較をさせていただいています。
直近の記事はこちらから → I様発電所比較    O様発電所比較 
どちらの発電所様にも、お願いをしてモニターを直接確認させていただいています。 
今回は新たに今年1月~5月の発電量をいただくことができたので、最新の状況を調べてみます。

今回の調査対象の発電所様は全部で3件です。
それぞれの発電所様の概要です。

表1 発電所の概要.jpg

今回はいつものI様、O様に加えてミント発電所様を加えさせていただきました。
ミント発電所様についてはのちほど紹介させていただきます。

それでは順番に、今年の発電量をまとめたものを掲載させていただきます。

O様発電所さん
当発電所の道を挟んでお向さんです。
概要を見ていただくとわかりますが、当発電所にそっくりの状況です。
なのでこちらとの比較は決定的な対比が行えると思っています。

2015O様.jpg

注目すべきは右下の年間合計の比較値 96.8% です。
同じ条件にも関わらず発電量が違うということが一つ目のポイント。
次のポイントが重要なのですが、先にI様発電所をみます。


I様発電所さん
当発電所からだと東へ30km行った辺りにあります。
メーカーから設置状況までかなり違いますが、毎年比較検証をさせていただいています。
発電量の比較値は同じく右下で 99.9% です。

2015I様再.jpg


そして今回は自分のパネルの経年劣化の影響も強く疑っています。
HITは経年劣化が大きくでるという噂を聞いたことがあるからです。
このために今回はミントパパさんにも協力をお願いしました。

岐阜県のミントパパ様発電所さん
IMGP0029編集.jpg

こちらは実際に訪問させていただいたこともあります その時の記事 。
同じSANYO製のHITで、発電開始から既に10年を越える老舗発電所さんです。
当発電所はまだ4年目、どのような結果がでるのか興味深かったです。
年別の比較表をここは4年分掲載します。
注目するべきは右下の 年間発電量の比較値 、そしてその値が逆転していく様です。

M2012再.jpg


M2013再.jpg


M2014.jpg


M2015.jpg

わかりますか?
2012~2013年は104%だった比較値が、2015年では97%と逆転しています。

そして実はこの傾向が他のO様、I様発電所さんでもしっかりと見られるんです。
まとめてみました。

キャプチャ.jpg


どうです?
3つの発電所さんとの比較値を比べた折れ線グラフの傾向、そっくりですよね?

そもそもO様発電所さんとの発電量の差が毎年開くと言うか、変わることが先ずおかしい。
メーカーも場所も条件も異なるI様発電所さんも同じ傾向を示すこともおかしい。
HITの経年劣化をいうのなら、ミントパパ様発電所さんまでなぜこうなる?
あちらはもっと発電量が落ちてもおかしくないのでは?
(逆に言えばパパさんところは健康そのものなのでしょうね)

へいくろうHIT発電所、絶対に何かがおかしくないですかね?

お天気の差ではないと思います。
パネルの経年劣化が10年選手以上に早いのか? 
普通に考えたら機器の故障か何かではないのか?
っと、結論付けたくなります。

ちなみに、O様発電所と当発電所の発電開始当初の発電量の差の原因はこれだと思います。
出力特性表.jpg
へいくろうHIT発電所の出力特性表
発電量の差はパネルのおまけの差だと。

ただもう1点頭の痛い問題があります。
それは5月になって劇的に増えた 電圧抑制問題 です。
こちらはただいま電力会社さんにお願いして調査を行ってもらっています。

DSC01183.jpg  ※ただいま電圧調査中

この問題は以前にも体験しています。
2012年3月14日 電圧抑制対策
調査の結果を待って、併せて販売店さんに相談しようと思っています。
相談の根拠として、このブログの記事を読んでもらおうと考えています。

パワコンの保証期間は10年でした。
パワコンの故障の影響がこんな程度で済むのか? 
という疑問もあるのですが、この逆転現象が経年劣化だとすれば、かなり悲惨だと思います。


どなたか同じような経験をされた方はいませんでしょうか?
その際の対処方法を教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願い致します  <(_ _)>



にほんブログ村






最終更新日  2015年06月12日 17時27分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年05月26日

にほんブログ村

5月26日(火)

へいくろう所長は自分の太陽光発電システムの調子を常に気にしています。
でも自分で太陽光発電システムの機器類の点検はできません。
資格も知識も全くないです。
なので自分でできる確認方法として 発電量の比較 を、その方法として使っています。

比較その1
太陽光発電システム導入の際に販売店からいただいた 予測発電量 と比較すること。

比較その2
定期的に特定の発電所と 発電結果 を比較すること。
具体的には2人の方にお願いして、毎年発電結果を見せていただいています。

お一方は同じ愛知県内ではありますが、場所と製造会社などが異なるI様。
2014年の発電結果の検証記事→ I様発電所との比較
この記事の中で今年はいままでと4%程度差がなくなって、おかしいと書いています。


お一方はお向かいさんで、製造会社こそ違いますが同じHIT製のO様。
びっくりするほどの似た条件で、かつ道を挟んだお向かいさんという絶好の比較相手です。
こちらとの2014年の比較がまだでしたので、ここで検証を行います。
( 過去の比較記事はこちらから→ O様発電所との比較 )

先ずはお互いの発電所概要です。
道を挟んだお向さんというご近所で、この酷似は凄いんですよね。

大 概要.jpg


O様発電所さんからいただいた、2014年の月別発電量の結果です。
O様発電所さん、いつもご協力をありがとうございます。
IMG_0075_1.jpg


O様発電所とへいくろうHIT発電所の発電量を比べてみます。
左が2013年結果。
右が2014年結果。
2013年比較表.jpg   2014年 比較表.jpg

あれれ?
O様発電所との比較でも 約4%の差 がなくなっています。
I様発電所との比較と同様の結果がでています。
これはおかしい  (ーー゛)


念のために 比較その1 の手法、
予測発電量との比較結果もまとめてみました。

発電量の経過.jpg

この方法は最低限の目安程度にしか活用できないのですが、ここは合格といえます。
年による発電量の違いは、お天気の問題があるので、比較検証をすることはできないです。
これに日照時間をあてはめても、望む効果はでないと思っています。おそらく。


この他の 比較検証 の方法は ソーラークリニック の資料を活用があります。
漠然とおかしいと感じていますが、それ以前にお天気が問題と思い、詳細の検証はしていません。
ちょっと調べてみる必要がありそうです。

ちなみに太陽光発電システムの機器の点検は、
2013年10月26日に、工事会社さんによる1年点検を受けたきりです。
その時の記事はこちらから→ 1年点検の様子

かなり 不安 になってきました。


※やんころりんさん、ご指摘をありがとうございました。
 発電量が少ない月に差が開く(縮まる)傾向も感じています。
 今年も間もなく半年が終わるので、再度検証をしてみるつもりです。
 併せて保証内容も確認してみます。
 抑制時間も毎月確認していますが、これが4%の原因とは思えない量と思っていますし。



にほんブログ村






最終更新日  2015年06月12日 13時56分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年10月26日


みなさん、こんばんは。

へいくろうHIT発電所の所長です。


今日は当発電所の 一年点検 が行われましたので、その様子を紹介したいと思います。



この点検は、太陽光発電システムを購入した 日本エコシステム さんのサービスの一環です。


当発電所は発電開始から間もなく2年になります。

順調に発電をしていることは、日々の数値確認と、他の方との発電量比較で、わかってはいます。

ですがせっかくのサービスなので、なるべく遅いタイミングで点検をお願いしていたのです。




では、点検の様子です。


先ずは屋根の上に脚立を使って登ります。

今日は台風がいったばかりなので、風が強かったですが、安全を確認しながら、確実に登ります。

さすがは本職さんです。

DSC08199.jpg




架台との接続の緩みや、パネルの汚れなどを調べてくれます。

DSC08200.jpg


DSC08205.jpg



前夜の台風による雨のためか、パネルには鳥のふんなどもなく、問題はないとのことでした。





お次は接続箱をあけて、電圧の測定です。

DSC08207.jpg




続いてはパワーコンディショナーの目視による点検でした。

パワコンの中を開けるわけではないので、どこまで意味のある点検かは不明でしたけどね。


最後はモニターの時計をあわせていただいて点検終了でした。


点検結果の記録表がいただけました。

DSC08210.jpg


「 問題なし 」 とのことでした  (^^♪



ですが、この内容の点検に、どこまで意義があるのかはよく分からないですけどね  ^_^;

へいくろうHIT発電所では、

太陽光発電システムの異常には、日々の発電量の確認で目を光らせているからです。

( 発電量が適正かどうかは、同じ地域の、似た条件の発電所さんと比べることが一番 )


参考にしているのはこちらのサイトです。

太陽光発電ユーザー支援サイト SOLAR CLINIC


それから当ブログにも、最後にバナーを貼っていますが、

日本ブログ村の太陽光発電に登録している皆様の記事も参考になります。

電圧抑制のことなんかは、ここで知りましたし  (^.^)


1年点検が終わると、ここから先は業者さんによる点検はなくなります。

だから余計に自分自身で見守っていかないといけないです。


ちなみに2011年12月16日の発電開始から、

今日までの累計発電量は 14991kWh でした。

この内 13536kWh を 売電 しています。

当発電所の売電は、1kWhあたり42円なので、568512円になりますね  (^^♪

これからも、故障することなく、頑張ってほしいです。






今日の太陽光発電の結果です。

意外にも台風が反れていってくれたため、5日連続の一桁発電は免れました  ^_^;

DSC08211.jpg    DSC08212.jpg





今月の累計発電量です。

DSC08214.jpg   DSC08213.jpg



今月の当発電所の予測発電量は 513kWh です。

到達できるのか?




にほんブログ村









最終更新日  2013年10月26日 22時08分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月03日

先に今日の発電結果を

DSCN2368.jpg 雨とはいえ悲しい涙ぽろり

今日の発電結果は   2.0kWh
今月の累計発電量は70  kWh



そして今日は再び起きた電圧抑制の報告ですわからん

H240315電圧調整直後.jpg  左矢印3月15日の電圧抑制対策直後の記録です「51」。

H240401朝抑制.jpg 左矢印4月1日朝の記録「51」。

H240401夕.jpg 左矢印4月1日夕方の記録「52」。

4月1日は発電量は33.3kWhでした。
また3月15日から3月31日の間に30kWh/日以上の発電をした日数は7日あります。
この中でも3月21日は37.0kWhもの発電を行っています。
電圧抑制が起きる原因は発電量が多いだけではなく、周囲の電気の使用状況にも影響されるので、一概にいえないようですね。

また、中部電力の方もパワコンの電圧を+1Vの109Vにしても、
電圧抑制が全くなくなることはないと思いますと言っていましたが、まさにでしたわからん

春になり、発電シーズン到来ですので、負けずに頑張って売電してもらいたいですひらめき









最終更新日  2012年04月03日 20時55分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月27日

今日の発電結果からです

DSCN2267.jpg  DSCN2268.jpg

今日は朝から快晴晴れでしたので、もしかしたら過去最高もあるかと期待しましたが、
そんなに簡単ではなかったです。
ですがきれいな発電曲線を描いてくれています音符

今日の発電結果は   36.0kWh
今月の累計発電量は566  kWh

今月の発電目標まで残り33kWhです。
発電予報「ソラエコ」によれば、明日は今日ほど発電しないようなので、
達成は29日木曜日になる見込みですスマイル 




ところで、3月14日に中部電力さんが来て、調べてくれた電圧抑制の報告が昨日ありました。

14日~21日にかけて調査した結果、30分平均電圧の最高は104.6Vだったそうです。
この7日間には発電量が30kWhを越えた日が3日もありましたが、このような数値でした。
従って、中部電力さんには問題なし。

そして、パワコンの電圧設定を変えた今日までの約2週間では、
へいくろうHIT発電所の抑制は全くおきていません。
この間に、発電量が30kWhを越えた日は6日ありましたが、抑制は1分も増えていません。

パワコンの電圧を109Vに上げたことで、瞬間的におきる電圧抑制もなりを潜めたようですね。

こんなことなら、もっと早く中部電力さんを呼んで、パワコンを調整すれば良かったです。
昨年12月16日から今日までの累計抑制時間は51分もあります。
もったいないことをしてしまいました・・・わからん

ですが、中部電力さんによれば、これで今後の抑制が全くなくなるわけではないとのことでした。
これからも注意していきたいと思いますうっしっし









最終更新日  2012年03月27日 20時56分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月15日
今日は「電圧抑制対策」のために、パワコンの電圧設定を109Vに上げました。

これで電圧抑制は改善されるのでしょうか?
(ちなみにSANYOのパワコンは113Vまで設定変更が可能なようでした。)

今日の発電結果です下矢印

H2403151.jpg  H2403152.jpg

右の写真の発電量グラフの12時の数値が全くない理由は、
この時間に電圧設定を行うために、パワコンを止めたためです(15分程度)。
発電の全盛時間で5.3kWhを表示していただけに、15分程度とはいえ、勿体無いことをしました。
おかげで、最終が30kWhを割ったようなものですからね・・・うっしっし

今日の発電結果は  29.1  kWh
今月の累計発電量は293   kWh  *今日で今月の借金は完済です音符

ちなみに、発電開始から今日までの累計抑制時間は「51」分です。
今後を見守りたいと思います。

H240315電圧調整直後.jpg



今朝は少し楽しくなるモニター表示が見られたので、写真に残しました。


H240315朝650.jpg  左矢印朝6:50で既に売電をしていますスマイル

H240315朝8時.jpg  左矢印朝8:00で既に発電量0.6kWhスマイル

電圧抑制対策もしたし、朝の発電も頼もしくなってきたし、今後が益々楽しみです音符音符音符







最終更新日  2012年03月15日 21時22分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月14日
先に今日の発電結果からです。

DSCN2198.jpg  3日連続の30kWh越えです音符

今日の発電結果は   35.5kWh スマイル
今月の累計発電量は264  kWh

借金返済目指して、この調子で明日も頑張って欲しいものです上向き矢印

しかし、昨日も感じたことなのですが、
上のグラフのような、きれいなカーブが描けているということは、
この時期の発電量はこれが限界ということなのでしょうか?
ちなみに昨日も今日も抑制は各1分で済んでいます。
HIT君の日当たり発電量の限界はいくつなのでしょうかね?



それから、今日は「抑制」に対策がとられることが決定しましたので、この経過を書きます。

3月11日に散々抑制を経験したため、次の12日に中部電力へ相談の電話をしました。
13日の夕方に中部電力から電話があり、14日に来てくれることになりました。

中部電力の方の話によると、電圧抑制への対策は2つあるようでした。
1.電柱のトランスの電圧を下げる方法。
2.当発電所のパワコンの電圧を上げる方法。

今日はこれらの対策ができるかどうかの調査をしてくれました。

DSCN2193.jpgDSCN2195.jpgDSCN2196.jpg

対策1.の調査の写真はありませんが、電柱に計測器を取り付けていました。
これは1週間程度の調査を行い、30分平均電圧なるものが107Vを越えていれば、中部電力さんの方で電圧を下げる調整をしてくれるそうです。

対策2.の方は、当発電所の電気の流れる線の太さや長さを確認し、計算の上で、電圧をどこまで上げることができるかを調べてくれます。
写真はこのための調査の状況で、左2枚が分電盤とメーターの部分の調査。
右の1枚は当発電所のメーターの所での電圧の測定結果を写し出すモニターです。
ちなみに、この時の計測ではモニターには103Vを表示していました
(つまり107V以下なので問題なし)。

対策2.の結果は早速夕方に電話があり、109Vまで上げることができますと言われました。
現状が108V設定だそうで、+1Vの許可を得たことになります。
そして電圧を上げた場合に、我が家の家電に故障がでても中部電力は責任を負いかねます書類にサインが必要と言われました。
(家電は基本的に110Vまで大丈夫なようになっているので、よほど問題はないですがと言っていました。)

これらの話を受けて、中部電力はパワコンの電圧設定はしてくれないとのことでしたので、
太陽光発電システムを購入した会社に早速電話で109Vへの変更を依頼しました。

今日の調査で、モニター表示の電圧は103Vで問題がないにも関わらず、
2.の対策は即日指示がでたので、こんなことならもっと早くお願いすれば良かったです。

1.の調査の結果なんて、福岡の方のブログでも見させてもらいましたが、
「OUT」なんてでるとは思えないので、2.を急いで実施したいと思います。
もし「OUT」がでれば、中部電力さんの方で対応してくれるそうですし。

中部電力の方の話では、周りがあまり電気を使わない方が電圧は高めになる傾向があるそうです。つまり冬や夏より春秋が危険な可能性がより高いのだそうです。
また、発電量が多い方が、電柱へ送る際に、より高い電圧が必要となるそうです。
当発電所の場合は近くに大きな工場もあるので、その影響かもしれませんが。

抑制「0」は、ないかもしれないそうですが、これ以上の対策はできないのですから、
早急に109Vに変更したいです。

成果がでることを切に願って。







最終更新日  2012年03月14日 23時24分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月11日
今朝の空はすこぶる快晴晴れ晴れ

今日の発電結果を、12時までは大いに期待していました上向き矢印

しかし、またしても「抑制」です失敗
しかも、今日の抑制は激しかったです下向き矢印

抑制1.jpg 右矢印 抑制2.jpg 右矢印 抑制3.jpg

今日の抑制で初めて気がついたのですが、
上の写真のように、抑制が始まると、発電量がドンドン下がります。
ですが発電量が0kWになることはありません。
抑制ランプが消えると、少しずつ発電量が上がります(戻ります)。

今日の12時~14時までの間に、何度もこの上がる下がるを繰り返しました。
魔の2時間でしたショック

今朝の10時に確認したパワコンの累計抑制時間は24でしたが、
今日の最終では、なんと「49」まで増えていました失敗
抑制累計.jpg

発電開始の昨年12月16日~の約3ケ月間の合計抑制時間の「24」を、
今日のたった2時間で、倍以上まで積み上げたということです失敗失敗失敗

こんな恐怖は今後絶対経験したくありませんNG
中部電力に明日は必ず電話しようと固く誓いました。


そんな今日の発電結果です下矢印
0311.jpg

12時~14時は「抑制」、14時からはくもり雨くもり トホホな午後の結果でした・・・

今日の発電結果は   26.4kWh
今月の累計発電量は160  kWh


今日は15時で発電状況に見切りをつけたので、
我が家のわんこのみみさんと犬 大高緑地公園まで行ってきました。

H240311梅1.jpgH240311梅2.jpgH240311梅3.jpg

梅が見頃でしたスマイル











最終更新日  2012年03月11日 21時30分47秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.