21194317 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ハンサムクン@ Re:”33”は堕天使の血筋の象徴(02/11) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
tt555@ 恐れは正常判断を狂わせる 上のMakow氏記事へのコメントから、抜粋で…
tt555@ 中国の伝染病に関する私の結論-Jon Rappoport 2/5掲載 こちらは参考になると思われ、 My Bottom …
jiuchan@ Re:武漢パンデミックは中国政府発表よりはるかに深刻(02/05) 情報ありがとうございます。 早速購入しま…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2008年07月27日
XML
カテゴリ:投資
当初、ブッシュ大統領でさえ反対してたGSE救済法案が通った、
引き金はいくつかあるようだが、
最大懸案はWM(ワシントンミューチャル)かな、


昨日のコメント欄より、

FDICはすでに破綻が見えているからNCCやWM,Downeyの救済をどうするか。FNMの2割近くを占めるだろうWMが飛んでしまったら、どうなるか。WMだけでなく、FNMの資金繰りを政府議会が急ぐのは当然で、さらにFHLBは option ARM担保処分になり,30%超過担保がx30%で売れても、借入金6割の損。
(*FHLBは
連邦住宅貸付銀行参照、ザル銀行と言われている、)
WM破綻  -->FNMAの破綻  -->財務省の資金供与、
WM破綻  -->FHLBの破綻 -->FDIC破綻、
の方が金融市場への影響、株式市場への影響は計り知れない。
なるほど、
GSE(FNM)は、WMからMBSを買い、利ざやを稼いでる、
FHLBは、WMにMBSを担保に貸付けている、
WMが逝ったら、GSEとFHLBは損失を被る、

実際、 WMのCDSのSpread上昇から、危急の状況が見える、

2008y07m27d_133511208.jpg
Credit Default Swaps On WaMu, Others

Read your article today and thought you could use the following image for support, which indeed shows Washington Mutual Credit Default Swaps now above the level Bear Sterns was at (mid 800s) when it imploded.
(あのベアスターンが逝ったときでもCDSのSpreadは800半ばだった、いわんや、WMは現在ーー、)


これでは、何がしかの手を打たざるを得ない、

で、こうなる、
住宅公社支援法成立へ、米、金融安定化を最優先、サブプライム借り手救済。  2008/07/27, 日本経済新聞 朝刊 抜粋
 
ブッシュ大統領は「貸し手を利する不要な支援策」と批判してきたが、住宅公社への支援策が今月に入って急浮上し、受け入れる方針に転換。審議が急に加速した。
債務保証や補助金のような財政出動とは別に、公社の支援策は資本注入緊急融資の二本柱で、公的資金を使う。米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の二社が対象で、今月十三日にポールソン財務長官が法制化を促す声明を発表した。 
資本注入、融資ともに必要額は明らかでなく、発動する基準も明確ではない。政府は制度を運用する自由度を確保するため、万が一の経営危機に備えた「安全装置」との位置づけを繰り返すだけで押し切った。(中略)

  民間の銀行は破綻して大口の預金者など一部の利用者に迷惑がかかるのに対して、住宅公社は公的資金を裏付けに救済されることへの不公平感が国民の間に広がる可能性もある。

(支援内容)
米住宅公社(GSE2社+FHLB社)を支援 (by吉行さんコメント)
 緊急融資と公的資金による資本注入の枠組みを整備。発動は財務長官に一任する
米住宅公社の監督強化
 経営の健全性を厳しく点検するため新たな監督機関を発足
三千億ドルの債務保証
 米連邦住宅局(FHA)を通じて低利への借り換えを促進
初めての住宅購入を支援
 ローンの一部について税金を払い戻す優遇制度を創設
州への助成
 差し押さえに直面した物件の買い取りや修繕に四十億ドルの補助金を計上


スゴイ、強引に通したみたい、

万が一の経営危機に備えた「安全装置」との位置づけを繰り返すだけで押し切った。』
やはり、WMの破綻が迫ってきていることから、GSEの保証余力に手を打たんと連鎖を引き起こしてしまう危惧があったのだろう、

で、これでOKかといえば??、
効果は一時的に出るかもしれないが、次々に破綻が出てきたら持つかな、 何より、公的資金導入で財政赤字増大、$安、US国債格付け大丈夫??
アト、masayangからの情報で、この法案の有効期日が10/1かららしいんだが(現在確認中)、大丈夫かなGSE関連は即日、他法案は10/1以降とのこと、

暑い夏になりそう、



(参考)
Richard Bove氏の銀行(107行)分析レポート.pdf



(追記)
このニュース、気になる、

米住宅公社支援法案が成立へ...
July 26, 2008 21:16 EDT
ブルームバーグ

同法案は28日にホワイトハウスに送付される予定。ホワイトハウスのスポークスマンによれば、同大統領は正式のセレモニーは行わずに、同法案に署名する方針。

同法案の成立によって、ポールソン財務長官はファニーとフレディへの融資と公的資金による資本注入が可能になる。同法案は財務長官の提案内容を実現するため、国債発行限度額を9兆8160億ドルから10兆6000億ドルに引き上げる


成立するのはいいが、7840億ドルの国債を追加発行とある、一体、誰が買うんだ、まさかーー、







最終更新日  2008年07月28日 13時21分32秒
コメント(13) | コメントを書く
[投資] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.