20485665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まりあ@ 参考になる記事、ありがとうございます! tt555さんへ 導入中止、ブリュッセル以外…
tt555@ まりあさん こちらの記事も面白いですね、 T-Mobile A…
まりあ@ 5Gに対しても やはりちゃんと、霊的な勝利の道がすでに…
まりあ@ ハレルヤ! 良い記事ですね。 主イエスの偉大な御名…
tt555@ まりあさん >特に、ジオマンシ―のあたり。 世の中の…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2009年05月27日
XML
カテゴリ:投資
徒然なるままに、抜粋で、
 
Monday, May 25, 2009 by Martin D. Weiss, Ph.D.
Martin D. Weiss, Ph.D. 

This would normally be my time for a quiet Memorial Day at home. But even as we seek calm, investors overseas are doing precisely the opposite.They’re dumping U.S. assets. They’re driving those assets down in price. And they’re threatening to sink our entire economy into a THIRD phase of this crisis.
5/25は私にとって静かなメモリアルデーだ、しかし、海外投資家にとっては違う、彼らはこの静かな日に米国資産を捨て始めている、今や我々は第三段階に突入しようとしている、

Remember: Thefirst phase was the debt disaster. The second phase was the collapse inthe economy. Now, in the third phase, Treasury bonds and the U.S.dollar are getting hit hard, largely due to foreign selling.
第一段階は負債の劇的増加、
第二段階は経済の崩壊、
そして第三段階は米国債とドルの投売りによるダメージである、

The latest drama began this past Thursday …
それは(先週の)木曜日に始まった、

財務省は、速いDESPITE連邦政府の大きい購入品を沈めている価格を結合します! - Treasury bond prices sinking fast DESPITE Fed's big purchases!

Look. In each successive phase of this debt crisis, investors have consistently attacked and destroyed the market value of institutions that owned large amounts of toxic assets — Countrywide Financial, Fannie Mae,Citigroup, Bank of America and many others.

The shares of these companies were pummeled; their ability to raise new capital, virtually extinguished.

世界中の投資家が今や、米国から離れようとしている、
カントリーワイド、ファニーメイ、シティー、バンカメ、などなど、増資の能力さえももはやない企業がゴロゴロしている、

Now it’s the U.S. government that’s the next victim of the market’s revenge.

The U.S. dollar is also plunging against major world currencies.
企業に向けられていた矛先が今度は米国政府に向けられつつある、米国債そしてドルである、 
U.S. dollar plunges to new 6-month lows!
Gold has surged dramatically,
又、金に資金が向かい始め、 

Long-term interest rates are getting ready to soar far further. 
長期金利は舞い上がり始めた、
Chart for 30-YEAR TREASURY BOND (^TYX)
You can expect as weeping, devastating impact on the economy, especially in the realestate market. Even with LOWER mortgage rates, commercial real estateis already collapsing. With HIGHER mortgage rates, any hope for stabilization will be dashed.
現在、比較的低い住宅金利でも、すでに商業用不動産市場は崩壊しつつある、この住宅金利が上がったらドーなるのか、不安定さに弾みがつくだろう、
 
Thousands of insurance companies and banks will suffer a new round of losses that could make the subprime mess seem small by comparison.
多くの保険/銀行が含み損を抱えており、それはサブプライム問題の時の比ではない、
 
The Dow will plunge to our target of 5,000; the S&P, to 500. 
ダウ5000、S&Pは500、は時間の問題だろう、

 
巷は、GM破綻が話題になっているが、
この著者の観点はその上にある、
今の経済状況を作り出しそれを長引かせているのは、無節操に税金投入している、他ならぬ米国政府自身である、
 
今までは企業の破綻が注目だった(第二段階)、
しかしもはやそのレベルは終わり、最終段階に突入したと、
 
前回、マネーの鳥瞰図で、逆三角形のマネー不安定図を紹介した、
その中で、金融システムは崩壊するのではなく、消えてなくなると言うくだりがあった、
(The system does not collapse but evaporate.)
 
今の状況を考えると、 ドルは下記の筋書きがありそうな予感、
 
アメロの恐怖 09/05/24 抜粋
アメリカはある日突然ドルを廃止し、アメロへの移行を宣言するかもしれないと言う。あのドルと金との兌換の中止、いわゆるニクソンショックを、突然、平然と行った国である、大いにありうると言わなければならない。

 その際、大問題なのは北米の国民以外のドルはアメロとは交換できないか、制限されると言うことである。つまり世界中のドルは、ある日突然紙屑となるのだ。しかも、アメリカ国債の最大の保有国中国とは協定があって、すでに莫大なアメロが中国に渡っているという!馬鹿を見るのは忠実で愚鈍な僕、日本で、何百億と言うドル建てアメリカ国債を一瞬にして失うだろう。何ともなめられたものだ。日本の繁栄もこれまでか。

以下にインターネットの記事から引用する。 これからの米国ドルの行方をシュミレーションすると、次のようになります。
 
Step1 米国政府は現在のドル(グリーンパック)を国内では流通不可にし、すでに準備してある新ドル(ブルーノート)を発行。新ドルは兌換紙幣とする(金との交換が可能)。
Step2 新ドル発行とともに、旧ドルは大暴落する。旧ドルを大量に抱えた中国や日本は、デフォルト(国家破産)状態となる。
これが米国が借金をゼロにする「クラッシュ・プログラム」と読んでいるものの実態で、これまで数年あるいは数十年かけて準備されて来ました。

 
消えてなくなるシナリオにピッタリ、

それと米国債はフォースマジュール条項があるのだから、鬼に金棒、経済危機が深まれば深まるほどやり易くなる、
 
で個人的な希望は、
ダウが5000いくまでは、アメロはデビューするのを控えて欲しいのだが、






最終更新日  2009年05月29日 00時57分07秒
コメント(4) | コメントを書く
[投資] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.