21175680 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ハンサムクン@ Re:”33”は堕天使の血筋の象徴(02/11) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
tt555@ 恐れは正常判断を狂わせる 上のMakow氏記事へのコメントから、抜粋で…
tt555@ 中国の伝染病に関する私の結論-Jon Rappoport 2/5掲載 こちらは参考になると思われ、 My Bottom …
jiuchan@ Re:武漢パンデミックは中国政府発表よりはるかに深刻(02/05) 情報ありがとうございます。 早速購入しま…
南河内のおっさん@ Re:キーワードは”BSL-4に対応した研究機関”(01/30) いつも有用な記事を有難うございます。正…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2012年11月23日
XML
カテゴリ:世界情勢

The Washington Instituteと言う機関が米国にあ

中東問題が専門の政府機関だが、
そこの上級リーダーの一人にPatrick Clawsonがいる、

imagebam.com

Patrick Clawson is director of research and head of the Iran Security Initiative at the Institute. A Persian speaker, he is the author or editor of eighteen books and studies on Iran as well as more than 150 articles on the Middle East. Previously, he served at the National Defense University, the World Bank, and the International Monetary Fund, among other institutions.

出版(18冊)、記事(150以上)、講演活動も活発で、アラビア語に堪能、世界銀行、IMFにも在籍していた経歴の持ち主、

その彼、2ヶ月程前、
2人の専門家と共に、以下のセッションを持っている、


タイトルは、How to Build U.S.-Israeli Coordination on Preventing an Iranian Nuclear Breakout(イランの核開発を防ぐためにUS-イスラエルはドーすべきか)、

3人の講演の中、
世間の目(耳)を引いたのが、
記者からの質疑の中で
彼の答弁箇所、

Israel lobbyist and deputy director for research at the Washington Institute for Near East Policy (WINEP), Patrick Clawson, suggests that a false flag attack is almost certainly needed to go to war with Iran, as initiation crisis has always depended on some kind of a single event, in many cases a false flag to justify the waging of war.

過去の戦争同様、
イランとの戦争にはフォールスフラグが必要だと、


Firedoglakeからフルスクリプト、

I frankly find that crisis initiation is really tough. And it’s very hard for me to see how the United States President can get us into war with Iran. Which leads me to conclude that if in fact compromise is not coming that the traditional way that America gets into war is what would be best for U.S. interests.

Some people might think that Mr. Roosevelt wanted to get us into World War II, as David mentioned, you may recall we had to wait for Pearl Harbor.

Some people think Mr. Wilson wanted to get us into World War I, you may recall we had to wait for the Lusitania episode.

Some people might think that Mr. Johnson wanted to send troops to Vietnam, you may recall we had to wait for the Gulf of Tonkin episode.

We didn’t go to war with Spain until the USS Maine exploded.

And may I point out that Mr. Lincoln did not feel he could call out the Federal Army until Fort Sumter was attacked which is why he ordered the commander of Fort Sumter to do exactly that thing which the South Carolineans had said would cause an attack.

So if in fact the Iranians aren’t going to compromise, it would be best if somebody else started the war. One can combine other means of pressure with sanctions. I mentioned that explosion on August 17th. We could step up the pressure.

I mean look people, Iranian submarines periodically go down, some day one of them might not come up, who would know why?

We could do a variety of things if we wish to to increase the pressure. I’m not advocating that, but I’m just suggesting that this is not an either or proposition, you know it’s just sanctions have to succeed or it’s other things.

We are in the games of using covert means against the Iranians. We could get nastier.

Business Insiderでも取り上げられており、
その要旨で、

USと言うのは、相手が仕掛けてきて初めて動き出します、

過去のパールハーバー(WWII)、トンキン湾(ベトナム戦争)がそうであったように、フォールスフラグ(戦争の口実)が必要なのです、

イランが妥協しなければ、こちらからプレッシャーをかけることもできます、

一番いいのは誰かが戦争を始めてくれることですが、

我々は制裁を持ってそれに対応しますから、

たとえば、ペルシャ湾でイランの潜水艦が帰還しなかったとしましょうか、(それがなぜだか、)誰も真実はわからない、

(イヤイヤ、これは単なるたとえですけど、)

現在、我々は、イランに対して、ゲームのさなかにあるのです、

 

戦争と言うのは、
仕掛けが大事で、
ゲームのようだと、 

フォールスフラグによる戦争が、
当たり前だと言わんばかり!?

(マッ、実際、ソーなんだろうけど、
ここまで、はっきり言われると、気持ちがいいかも、)

政府の中枢にいるトップリーダーにして、
これだからね、

(こんなにハッキリ言っていいの??

さて、ゲームメーカーのパトリック氏、
彼は、これから、何をやるつもりなのかしら、


(参考)
パトリック氏の最新刊

loading
An Iranian Nuclear Breakout Is Not Inevitable
December 20, 2011Policy Notes, Books


パトリック氏の講演にブチ切れている人たち:

 







最終更新日  2012年11月23日 17時20分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界情勢] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.