16269993 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 函館の自衛隊飛行機墜落 自衛隊機墜落 発見の4人は自衛隊員 全員…
tt555@ 中尾元信さん ああ、これですか、 <small> <a href="ht…
中尾元信@ Re:XP無敵(05/14) いつも心に届く内容をありがとうございま…
四つ葉@ Re:続)本当の男は女性を必要としない(05/12) 私も荒々しい交合に洗脳されていました。…
えろひーむ@ Re:There Were Giants in Japan、ダイダラボウ(05/11) 日本昔話の巨人は本当にあった話では。

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2013年11月27日
XML
カテゴリ:ミニストリー

Update(ヨーロッパ教会&子供の犠牲追記)
In Deepさんの今日の記事、

アイソン彗星が死んだかもしれないから抜粋で、

America's Missing
Clime Library on truTV

アメリカの行方不明者

アメリカの行方不明者の報告は、この25年間のあいだに6倍増加している。
1980年には約150,000人だったのが、今年は約 900,000人にのぼる。

この増加の理由のひとつには、アメリカの人口増加が関係しているが、しかし、現実には社会から疎外された人々の深刻な問題が存在する。

(中略)

さらに複雑な事件の分類として、米連邦捜査局( FBI )は、成人と子どもの両方を含むいくつかの行方不明事件の中で最も悲惨な可能性が考えられるケースを「死亡が懸念される( endangered )」、あるいは「自分の意志での失踪ではない( involuntary )」というカテゴリーとして指定している。

この「死亡が懸念される」と指定される行方不明の子供たちは、毎年 100,000人以上にのぼる。

そのうちの約 30,000人は、自発的な失踪ではないとみなされている。


(訳者注) 数年前のデータではありますけれど、「アメリカでは毎年、約10万人の子どもたちが生存の可否の問題を持つような消え方をしている」ということになるということのようです。

仮に、この数が今でも同じように続いているとすると、アメリカでは 10年間で100万人近い数の子どもたちの存在が消えているかもしれないという話なのかもしれません。

さすがに、この数には異常な迫力と恐怖を感じます。


In Deepさんには、
以下の参考情報を送ろうと思う、

この本の、

第6章:「ユダヤの恐るべき宗教儀式の秘密」、

loading

キリストへの呪いが原点にあると言われる、
ユダヤ人(高位支配層)による生き血を飲む儀式は今なお健在!?
しかも、USAでは、政府自身が、
儀式殺人用の犠牲者の調達に関わっている!?


最初、この章を読んだ時、
ちょっと、信じられなかった、

そもそも、この儀式殺人、
今に始まったことではないらしい、

何ゆえ、ユダヤ人が、
ヨーロッパ中から嫌われてきたのか、

この生き血を飲む儀式が深く関わっていると、

loading

(追記)
中世に、儀式殺人の犠牲になった子供たちを、
追悼する意味で建てられた教会が、ヨーロッパには400あまりある、

代表的教会が、英国ヒューオブリンカーン大聖堂、


http://en.wikipedia.org/wiki/Lincoln_Cathedral

ヒューは犠牲になった子供の名前で、
最大のゴシック建築の聖堂といわれている、

この教会の建立の由来は、大変有名だが、
当の教会内部にある解説、および観光ガイドからも、
それは削除されてしまっている、

英語版Wikiに、その記述があるのは救い、

3 Little Saint Hugh
In August 1255 the body of an 8-year old boy was found in a well in Lincoln. He had been missing for nearly a month. This incident became the source of a blood libel in the city, with Jews accused of his abduction, torture, and murder. Many Jews were arrested and eighteen were hanged. The boy became named as Little Saint Hugh to distinguish him from Saint Hugh of Lincoln, but he was never officially canonised (made a saint).


その他にも、
イタリア、トレント市の聖シモン教会が有名、
(シモンは犠牲にされた子供の名前、)

*本の記述には、
当時の子供の犠牲にされていく様子が細かく残されているが、
ここに書く気にはならない、


で、現代のこのUSの行方不明者の件(特に子供たち)、

ネットで、検索したが、
出てくるのは、行方不明者の数のみで、

行方不明の背景、理由など、
(見事に、カムフラージュされており、)
それらしいデータ、情報が
一切見つからなかった、


これだけの行方不明者が出ているにも拘らず、

執拗な検索で、
背景が出てこないということは、
意図的な隠蔽を疑わざるを得ず、

必然的に、
マリンズの記述の信憑性が高まってくる、

更新日  2013年11月28日 01時09分45秒


追記)
昨夜、こちらのニュースを見ながら、

シリア内戦、子どもの死者1万1000人超 英報告書 
2013.11.25 Mon posted at 10:46 CNN

爆発による死者が大半を占めたほか、多くの子どもが銃撃で死亡した。

意図的な攻撃の標的となったのは10代の少年が多かった。地域別にみた子どもの死者数は北部アレッポ県が最も多く、2223人に上った。

報告書の執筆者の1人、ハナ・サラマ氏は「人数の多さだけでなく、どのようにして殺されたかという事実も衝撃的だ」と話す。

意図的に子どもを狙ったとみられるケースは1000人を超え、乳児を含む112人が殺される前に拷問を受けていた。

世の中に子供の犠牲が絶えないのは、
何がしかの意図を感じてしまう、


また、国内でも、
時々見かける車の暴走事故、

何ゆえか、集団当校(下校)の小さな子供達の列に、
突っ込むのだけど、

あれは偶然なのか??







最終更新日  2013年11月28日 12時07分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.