16628508 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

のりあれみ@ Re:エノク書の解説ビデオ(03/18) tt555さんへ 見たよ! 分かり易くて良か…
tt555@ エノク書の解説ビデオ コー言うの助かるわ、 What you need to …
tt555@ 随分昔の話題だけど 貼るところがないのでここに、 「南極に…
のりあれみ@ Re:後頭部の痛みの対処(07/19) びっくり。たまげた。詳細な図に解説をあ…
のりあれみ@ Re:どのようにしたら重ね合わせを理解できるか(07/17) お昼休みを狙っていそいそです。 直前の…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2014年01月26日
XML
カテゴリ:世界情勢

HSBCが大口の預金解約引き出し制限を始めている、

HSBC tightens cash withdrawal rules
24 January 2014 at 19:59 BBC

機械訳をそのまま、

Some HSBC customers have been prevented from withdrawing large amounts of cash because they could not provide evidence of why they wanted it, the BBC has learnt.

彼らがそれを望んだ理由の証拠を提供することができなかったので、一部のHSBC顧客は大量の現金を回収するのを防がれたと、BBCは情報を得ました。

Listeners have told Radio 4's Money Box they were stopped rom withdrawing amounts ranging from £5,000 to £10,000.

リスナーは、彼らが£5,000から£10,000にわたっている額を回収するのを止められたとラジオ4のマネー・ボックスに話しました。

HSBC admitted it has not informed customers of the change in policy, which was implemented in November.

HSBCはそれが顧客に方針における変更を知らせなかったと認めました。そして、それは11月に実行されました。

The bank says it has now changed its guidance to staff.

銀行は、今は案内をスタッフに変えたと言います。

New rules
新しい規則

Stephen Cotton went to his local HSBC branch this month to withdraw £7,000 from his instant access savings account to pay back a loan from his mother.

スティーブン・コットンは、彼の母からローンを払い戻すために彼の即座のアクセス預金口座から£7,000を引っ込めるために、今月、彼の地元のHSBC支店に行きました。

A year before, he had withdrawn a larger sum in cash from HSBC without a problem.

1年前に、彼は問題なしでHSBCから現金により大きな金額を回収しました。

But this time it was different, as he told Money Box: "When we presented them with the withdrawal slip, they declined to give us the money because we could not provide them with a satisfactory explanation for what the money was for. They wanted a letter from the person involved."

しかし、彼がマネー・ボックスに言ったように、今度は、それは異なりました:「我々が彼らに出金伝票を提出したとき、我々が彼らにお金がためだったものの満足な説明を提供することができなかったので、彼らは我々にお金を渡すのを辞退しました。彼らは、関係者からの手紙を望みました。」

Mr Cotton says the staff refused to tell him how much he could have: "So I wrote out a few slips. I said, 'Can I have £5,000?' They said no. I said, 'Can I have £4,000?' They said no. And then I wrote one out for £3,000 and they said, 'OK, we'll give you that.' "

コットンさんは、スタッフが彼がいくらを持っていることができたか、彼に話すことを拒否したと言います:「それで、私は2、3の伝票を書きました。『£5,000を持つことができますか?』Theyは私が言ったno.を言った、『£4,000を持つことができますか?』TheyはAnd番を言った、そして、私は£3,000のために1を書き尽くした、そして、『はい、我々はあなたにそれを与えます。』と、彼らは言いました。と、私は言いました。」

He asked if he could return later that day to withdraw another £3,000, but he was told he could not do the same thing twice in one day.

彼はもう一つの£3,000を引っ込めるために後でその日を返すことができるかどうか尋ねました、しかし、彼は1日で二回同じことをすることができないと話されました。

HSBC customer letter
HSBC顧客手紙

He wrote to complain to HSBC about the new rules and also that he had not been informed of any change.

彼は、少しの変化も知らされなかったと新しい規則についてのHSBCに、そして、また、不平を言うために書きました。

The bank said it did not have to tell him. "As this was not a change to the Terms and Conditions of your bank account, we had no need to pre-notify customers of the change," HSBC wrote.

銀行は、彼に言う必要がないと言いました。「これがあなたの預金口座の契約条件への変化でなかったので、我々には顧客に変化をプレ通知する必要がありませんでした」と、HSBCは書きました。

Frustrated customers
失望する顧客

Mr Cotton cannot understand HSBC's attitude: "I've been banking in that bank for 28 years. They all know me in there. You shouldn't have to explain to your bank why you want that money. It's not theirs, it's yours."

コットンさんは、HSBCの態度を理解することができません:「私は、28年間のその銀行の銀行業務でした。彼ら全員は、そこで私を知っています。あなたは、貴行に、あなたがなぜそのお金を望むかについて、説明する必要はありません。それは彼らのものでありません、それはあなたのものです。」

Peter from Wiltshire, who wanted his surname withheld, had a similar experience.

ウィルトシャー(その人は彼の姓が保留になることを望みました)からのピーターは、類似した経験をしました。

He wanted to take out £10 000 cash from HSBC, some to pay to his sons and some to fund his long-haul travel plans.

彼は、HSBC(息子に支払って、長距離旅行計画に少し資金を供給する何人か)から£10の000現金を取り出したかったです。

Peter phoned up the day before to give HSBC notice and everything seemed to be fine.

ピーターはHSBC通知をするためにその前日電話をかけました、そして、すべてはすばらしいようでした。

The next day he got a call from his local branch asking him to pay his sons via a bank payment and to provide booking receipts for his holidays. Peter did not have any booking receipts to show.

その翌日、彼は、彼に銀行支払いを通して息子に支払って、予約金額を休日に提供するよう依頼している支部から、呼び出しを得ました。ピーターは、示す少しの予約金額も持っていませんでした。

The following day he spoke to HSBC again and this time, having examined his account, it said he could withdraw the £10,000.

彼が再びHSBCに話した次の日と今度は、彼の口座を調べて、それは、彼が£10,000を引っ込めることができると言いました。

Belinda Bell is another customer who was initially denied her cash, in her case to pay her builder. She told Money Box she had to provide the builder's quote.

彼女の建築業者に支払う彼女のケースでは、ベリンダ・ベルは、彼女の現金をまず最初に与えられなかったもう一人の顧客です。彼女は、建築業者の相場を提示しなければならないとマネー・ボックスに話しました。

Customer protection
顧客保護

HSBC has said that following customer feedback, it was changing its policy: "We ask our customers about the purpose of large cash withdrawals when they are unusual and out of keeping with the normal running of their account. Since last November, in some instances we may have also asked these customers to show us evidence of what the cash is required for."

HSBCは、顧客フィードバックの後、それが方針を変えていたと言いました:「我々は、大規模な現金撤回の目的について、彼らがいつ珍しくて顧客の通常の経営とつり合わないかについて、顧客に尋ねます。この11月から、若干の例において、我々はこれらの顧客にも我々に現金が何のために必要とされるかという証拠を見せてくれるよう頼んだかもしれません。」

"The reason being we have an obligation to protect our customers, and to minimise the opportunity for financial crime. However, following feedback, we are immediately updating guidance to our customer facing staff to reiterate that it is not mandatory for customers to provide documentary evidence for large cash withdrawals, and on its own, failure to show evidence is not a reason to refuse a withdrawal. We are writing to apologise to any customer who has been given incorrect information and inconvenienced."

「我々であることが我々の顧客を保護して、金融犯罪の機会を最小にする義務を持つ理由。しかし、フィードバックの後、我々は顧客が証拠書類を大規模な現金撤回に提供することが義務的でないと繰り返して言うためにスタッフと向き合っている顧客にガイダンスをすぐに更新しています、そして、単独で、証拠を示すことに関する怠慢は撤回を拒否する理由でありません。我々は、誤った情報を与えられて、迷惑をかけられたどんな顧客にでも謝罪するために書いています。」

Money Box asked other banks what their policy is on large cash withdrawals.

お金のボックスは、彼らの方針が大規模な現金撤回に関して何であるかについて、他の銀行に尋ねました。

They all said they reserved the right to ask questions about large cash withdrawals.

彼ら全員は、彼らが質問に大規模な現金撤回について尋ねる権利を保有すると言いました。

But none of them said they would require evidence of what the money was being used for before paying out.

しかし、彼らの誰も、彼らがお金が外へ支払う前に何のために使われていたかという証拠を必要とすると言いませんでした。

Douglas Carswell, the Conservative MP for Clacton, is alarmed by the new HSBC policy: "All these regulations which have been imposed on banks allow enormous interpretation. It basically infantilises the customer. In a sense your money becomes pocket money and the bank becomes your parent."

ダグラス・カースウェル(保守党議員)は、新しいHSBC方針に驚いています:「銀行に押しつけられたすべてのこれらの規則は、非常に大きな解釈を許します。それは、顧客でinfantilisesに基本的にあります。ある意味では、あなたのお金はポケットマネーになります、そして、銀行はあなたの親になります。」


ここの問題点は、
事前予告なく、引き出し制限をはじめていること、

HSBCいわく、

契約の範疇であり、
制限の通知の義務は当方にない、

引き出し制限は、
支店のスタッフの責任範疇、

昨年、11月からは、
何のために使うのか理由を求めている、

HSBCって、ネット専業銀行じゃないんだけど、
大手でこれだからな、







最終更新日  2014年01月26日 12時08分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界情勢] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.