17231057 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ アゴヒゲさんへ 姿勢の話は大好きです、 しかし、最近、…
アゴヒゲ@ Re:アウターエッジの奇跡(05/04) 確かに良いですねー! 自分の場合は何故か…
tt555@ 横田基地スピーチ日本語翻訳 これは助かるな、 11月5日トランプ大統領…
tt555@ onmiさん >”自分は無限の光である”と信じる事から…
onmi@ Re:”体は光量子の集合体”がリアリティーを持ち始めてきた(10/29) こんにちは、 私もDr.Aikoがおっしゃって…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2014年04月20日
XML
カテゴリ:世界情勢

こちら、

タイタニック並みの救助率に世論沸騰 「100年前と同レベルとは」
2014/04/18 11:08 朝鮮日報日本語版

珍島沖で起きたセウォル号沈没事故で、乗船者の救助率は17日までに37.8%にとどまっている。1912年に北大西洋で沈没した豪華客船タイタ ニック号の事故では生存率が32%だった。

このため、国民からは「(陸の近くに沈没した)セウォル号の救助率は(大西洋の真ん中で沈没した)100年前の タイタニック号の事故と同じ水準だ」「今の韓国でこんなことが起きるなんて信じられない」といった怒りの声が上がっている。

乗船者475人のうち、179人が脱出、救助されたセウォル号の救助率は、2224人中710人が救助されたタイタニック号事故の救助率を5ポイント上回っているだけだ。

「無能な大韓民国はいまだに後進国だ」という嘆きと自嘲(じちょう)が聞かれる中、韓国を「キムチスタン」などと皮肉る表現も登場した。(以下略)

船舶事故の生存率を比較しているが、

自分が違和感を感じたのは、
”タイタニック”という
100年前の事故を出してきたこと、

生存率を掲げるのはかまわない、
が、世界には、海難事故は相当数あるにも関わらず、
なぜ、タイタニックなのか?

読者に、タイタニックに目を向けさせ、
事故そのもの(沈没日4/15を含め)に注意を向けさせる趣向?

暗黙のメッセージをこめているのではないか、
”タイタニックもソーだったのさ、”

そして、記事では、

以下の過去の大事故のデータを貼っている、


これ、犯行声明だろう、

”ゼンブ、オレタチダヨ、”







最終更新日  2014年04月20日 10時55分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界情勢] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.