17665905 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

のりあれみ@ Re:筋肉は必ずほぐれる、大腿四頭筋、上腕三頭筋(01/22) New! tt555さん、筋肉ほぐしのコツが分かってき…
tt555@ ふくやまさん New! コーいう時代だからこそ、XPです! (トカ…
ふくやま@ Re:HDDは不滅(01/20) New! 初めてコメントします。 毎日楽しみに読ん…
tt555@ えとうさん 情報ドーもです、 自分でもケムトレイル…
えとうさん@ Re:ケムトレイルは天候操作だけではない、細菌散布&アルミと5Gのコラボ(01/03) ケムトレイルをとりあげている番組 (アメ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2015年07月21日
XML
カテゴリ:災害

こちら、

箱根山で火山灰確認 気象庁「噴火だが噴火と呼ばない」
2015年7月21日20時27分 Asahi

気象庁は21日、活発な火山活動が続いている箱根山(神奈川県)の大涌谷(おおわくだに)で、6月に新たに確認された火口から、噴煙にわずかに火山灰が混じっている現象を確認したと発表した。

火山灰の噴出が短かったことから、同庁は「現象は噴火だが、住民の不安をあおるなどの防災上の影響もあるので、噴火とは呼ばない」としている。 

箱根山での火山灰の確認は、ごく小規模な噴火があった7月1日以来。

大涌谷の火口で21日正午ごろ、火山灰を含んだ噴煙を10秒ほど観測。高さ約10メートルの白色噴煙が一時的に灰色になり、50メートルほどの高さになった。

loading

噴火に伴う振動は確認されず、火山性地震も同時間帯に観測されなかった。

気象庁では、火口から火山灰が放出される現象を噴火とする一方、噴火として記録を残すのは「火口から噴出物が100~300メートル飛んだ場合」と説明。

6月30日と今月1日のごく小規模な噴火では、火口から100メートル以上離れた場所で降灰を確認したことを根拠とした。

ただ、21日は火口から100メートルの範囲で降灰調査は実施しておらず、実際の火山灰が飛んだ範囲は把握できていないという。

同庁火山課の小久保一哉・火山活動評価解析官は、今回の噴出現象について、「理科研究の小学生に、噴火かと問われれば噴火だと答える。ただ、気象庁では噴火と記録はしないと説明する」と話した。

ニュースねたとしては、噴火よりも、
気象庁の”噴火”の使い方に興味が行く!?

おそらく、このレベルにならないと、

loading

”噴火”は、
使えない使わないんじゃないの?

参考)
箱根町宮城野のSO2

神奈川県HP:箱根・大涌谷情報 

温泉地学研究所のホームページ

気象庁・「箱根山の活動状況」

気象庁・大涌谷(箱根山)火山カメラ画像

環境省インターネット自然研究所「箱根・大涌谷」







最終更新日  2015年07月21日 23時11分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[災害] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.