21020495 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 南河内のおっさんさん >毒麦のお話は意味深ですね。 聖書の改…
南河内のおっさん@ Re:初めに災害ありき(01/18) いつも有難うございます。毒麦のお話は意…
tt555@ 南河内のおっさんさん >まずは出来レースのメディアを崩壊させ…
南河内のおっさん@ Re:暗殺、墜落と続くメーソニックシャレード(01/16) 今回の記事は激しく同意します。転寝で夢…
南河内のおっさん@ Re:南河内のおっさんさん(01/01) tt555さんへ 早速の回答を有難うございま…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年02月11日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​自称ユダヤ人の本当の母国はハザール、​

​The Hidden History of the Incredibly Evil Khazarian Mafia (Updated)
The history of the Khazarians, specifically the Khazarian Mafia (KM), the World’s largest Organized Crime Syndicate that the Khazarian oligarchy morphed into by their deployment of Babylonian Money-Magick, has been nearly completely excised from the history books.
バビロニアン金融マジックを操る世界最大の犯罪シンジケート/​ハザールマフィア、その実態が今明らかにされる、

https://www.veteranstoday.com/2015/03/08/the-hidden-history-of-the-incredibly-evil-khazarian-mafia/
ユダヤ人の真の故郷は8世紀にユダヤ教に大量改宗したハザール国である、
彼らは古代イスラエルとは縁もゆかりもない、
ヨーロッパ、米国、現イスラエルに住み着き、自らをユダヤ人と称している、


参考)ユダヤ人を装うカザール人

世界のユダヤ人口92%は東ヨーロッパのユダヤ人であるが、彼らの多くは元々カザール人である。
カザール人はアジア中心部深くに存在した好戦的な民族だった。彼らは非常に好戦的だったので、アジア人達は彼らを東ヨーロッパへ追い出した。
その後、彼らはカザール帝国を築く。彼らは男根崇拝者だった。
カザール王は自分の国の堕落にうんざりし、一神教の信仰を採用。それがユダヤ教への改宗だった。ユダヤ教を国教にした。
数千万人のカザール人が一斉にユダヤ教徒になった。だから、アシュケナジーと呼ばれるユダヤ人の多くはカザール人であり、彼らの先祖は旧約聖書に登場する古代イスラエル人ではない。
それにも関わらず、彼らはパレスチナ(約束の地)に帰還すること求め、キリスト教の人々に支援を要請している。
彼らはマスコミと政治家、宗教家を支配しており、それらを使ってアシュケナジーを本当のユダヤ人と思わせるプロパガンダを展開している。 

ビザンティン帝国・イスラム帝国双方共、敵に回したくはないハザールは、結局、キリスト教でもなく、イスラム教でもない、第三の宗教「ユダヤ教」を「国教」として選択したのです。

これで、ハザールも安泰かに思われたのですが、ビザンティン帝国の謀略やら、国内諸民族の紛争・国土の荒廃・経済基盤の崩壊によって9世紀には衰亡。10世紀に遂に国家が消滅し、ハザール人は各地へ離散してしまったのです。

そして、この時、ヨーロッパに入ったハザール人改め「ユダヤ人」の内、ある者は「ヴェニスの商人」に代表される商業・金融の中核へ、又ある者は各国政界の中枢へと食い込んでいったのです。

そして、迎えたのが20世紀・・・ 

第2次世界大戦が終結して間もない1948年、突如、パレスティナに一つの国家が樹立されました。その国の名を「イスラエル」と言います。

その後、イスラエルはアラブ諸国と幾度と無く戦火を交え(中東戦争)、聖都イェルサレム・ヨルダ ン川西岸・ガザ・南レバノン・ ゴラン高原・シナイ半島(後にエジプトに返還)と言った地域を占領しました。

ここで 前述のハザール人が再び登場します。現イスラエル首相・ネタニヤフを見てもお分かりの様に、彼は明らかにコーカソイド(白色人種)つまり、ハザール人です。

聖書に登場し、バビロン捕囚に消えた「契約の民・ユダヤ人」では無いのです。

参考2)イスラエルは神の選民の国家である?

現代には、3種類のCrept Jews(隠れユダヤ人)がいる、
1)パリサイ人系列(ユダヤ教ラビ)、
イエスは彼ら(パリサイ人)をののしった、
「お前たちの父は悪魔だ、」(ヨハネ8:44)

彼らの正典は聖書ではなく、タルムード(悪魔の経典)、
タルムードの中身

・ただユダヤ人だけが人類である(ただ汝のみ人として選ばれたり)
・異邦人の子供は動物である
・異邦人の女は動物として選ばれた(造られた)とある
・異邦人に律法(この場合はタルムード)を教える事は禁じられている
・他の民の資産はなべてユダヤの民に属し、必然的にいかなる良心の咎めもなく占有する権利がある
・神はユダヤ人にすべての方法を用い、詐欺、強力、高利貸、窃盗によってキリスト教徒の財産を奪取することを命ずる
・もしユダヤ人が異邦人の落とし物を見つけた場合、返す必要はない
・法廷においてユダヤ人が異邦人を騙す事は差し支えない
・ユダヤ人は異邦人を罠にはめるために虚をついても良い
​​
タルムードの集大成が共産主義、

2)ハザールユダヤ人(トルコ系のユダヤ教徒)、

10世紀以降、ユダヤ教に改宗したトルコ民族、
*現在の自称ユダヤ人のほとんどがここに由来、
3)蛇の子孫、(The Seed of the Serpent)、
​​

創世記3:15で記された悪魔の子孫(gods/神々)、
​​
​​​​​​
*バブテスマのヨハネの叱責に注意、
ルカ3:7 それで、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出て来た群衆に言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。3:8 それならそれで、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。『われわれの先祖はアブラハムだ。』などと心の中で言い始めてはいけません。よく言っておくが、神は、こんな石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。
偽ユダヤ人の世界支配のための3大手段、
1)イスラエル国家
(特にモサドによる米国・米軍支配)
2)ロスチャイルドの金融システム
(米FRB&バンキングシステム)
3)(シオニストによる)エンタメ宗教
エンタメは、
とか、
宗教では、シオニズムで、キリスト教徒に詐欺教理を展開、
イルミナティご用達のスコフィールド聖書注解書では、
英国のバルフォア宣言(*)を預言の成就と記載し、
シオニズムのさきがけとした、
* 第一次世界大戦中の1917年11月2日に、イギリスの外務大臣アーサー・バルフォアが、イギリスのユダヤ系貴族院議員である第2代ロスチャイルド男爵ライオネル・ウォルター・ロスチャイルドに対して送った書簡で表明された、イギリス政府のシオニズム支持表明。バルフォア宣言では、イギリス政府の公式方針として、パレスチナにおけるユダヤ人の居住地(ナショナルホーム)の建設に賛意を示し、その支援を約束している。
以降、その注解書は福音系神学校のスタンダードとなる、


https://twitter.com/jamesperloff/status/827650202030981120 James Perloff

”携挙”(Rapture)の文言が出てきたのは、この聖書から、
John Nelson Darbyの聖書は有名(!?)


https://twitter.com/jamesperloff/status/827638418582675458 James Perloff

”サタニックバージョン”の記述が見える、
このスコフィールド解釈の聖書を多くの教会が採用、

​​
https://twitter.com/truthjihad/status/829361660649472001 James Perloff

ディスペンセーション(7時代区分)が急速に広まる、
*多くのディスペンセーション主義者は、1948年5月14日のイスラエル建国を、旧約聖書のディスペンセーションの成就として理解した。
彼らのキーワードは、
創世記12:3 あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。
祝福を受けるため、キリスト教徒に、
イスラエル国家の正当性承認と、支援(献金)を説く、
米国政府に対しても然り、
が、現実は、彼らは選民でもなんでもない、

パウロはガラテヤ書でこれを解説する、
ガラテヤ3:9 それで、信仰によって生きる人々は、信仰の人アブラハムと共に祝福されています。(中略)
3:28 そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。 あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。
3:29 あなたがたは、もしキリストのものだとするなら、とりもなおさず、アブラハムの子孫であり、約束による相続人です。

アブラハムの祝福はいまや霊的祝福となって、
キリストに受けつがれ、その信仰者に分かたれている、

​参考3)
偽ユダヤ人のクリスチャンへの論理
​​
アブラ(ハ)ムの子孫は、(イスラエル在住の)ユダヤ人(我々)である、
今のイスラエルは神の祝福の結果であり、
イスラエル(在住ユダヤ人)を祝福するものは祝福される故、支援必須、
​​
「あなた方が神の選民達を約束の地、先祖の故郷へ送る手助けをすること、それはあなた方キリスト教徒の義務なのです。 我々はあなた方の王、救い主として、我々の息子の一人(イエス)をあなた方に与えたのです。あなた方は今では日曜日に教会へ行くと跪(ひざまず)き、そしてユダヤ人(*イエスキリスト)を礼拝しています。そして私達はユダヤ人なのです。」 
​​
ーー>キリストは 我々ユダヤ人の1人、 彼は私たちが遣わした、
我々ユダヤ人を助けるのは、あなたたちの義務だ!?​

*イエスをユダヤ人とするのは彼らのプロパガンダである、
イエスは生粋のガリラヤ人である、
​​
参考4) ​
クリスチャンシオニズムWIKI
クリスチャン・シオニズムは、神がアブラハムと結んだ「アブラハム契約」に基づき、シオン・エルサレムがアブラハムの子孫に永久の所有として与えられたとするキリスト教の教理の一つ。
全教派で認められている・信じられている訳ではなく、アメリカのキリスト教プロテスタントの福音派やドイツルーテル教会のマリア福音姉妹会[1]などを中心に信じられている教理である。
この教理を信じる人をクリスチャン・シオニストと呼ぶ。
​​
著名なクリスチャン・シオニスト

ドワイト・ライマン・ムーディー(アメリカの大衆伝道者)
サイラス・インガスン・スコフィールド(アメリカの神学者)
ウィリアム・ユージン・ブラックストン(アメリカの神学者)
ルイス・スペリー・シェイファー(ダラス神学校の創設者)
中田重治(日本のホーリネス教会の指導者)
バジレア・シュリンク(ドイツ・マリア福音姉妹会の創設者)
​​

現在のシオニズム推進宣伝の先鋒

福音派
ハガイ牧師、 ​​​
​https://www.veteranstoday.com/2015/04/25/the-khazarian-mafia-part-ii/​






最終更新日  2019年02月12日 16時50分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.