20104240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

同時多発テロはヤラセだよ!@ Re:NZテロが偽旗の14の理由(03/18) Googleのみならず、どこの検索エンジン使…
tt555@ 同時多発テロはヤラセだよ!さん >グーグルに入れても17日に書いた私の記…
同時多発テロはヤラセだよ!@ ビデオ等も隠されたと聞くけど <クライスト・チャーチの偽旗>とグーグ…
tt555@ バイク狂さん >バランスを取るためのハンドルを自ら大…
バイク狂@ Re:上達を妨げるには型を教えると良い(03/16) 二輪車の特性は常に前輪は左右に振れてバ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年05月22日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​こちら、

フランスの大手紙が「中国人は恐ろしすぎる」と評した理由
2019年5月21日 22時12分  サーチナ 抜粋
中国メディアの快資訊は20日、ル・モンド紙が「中国人は恐ろしすぎる」と報じたことを紹介する記事を掲載した。

記事によれば、ル・モンド紙は「中国が受けてきた軍備技術面での封鎖は過去、どんな国家や地区が受けた封鎖も及ばないほど厳格なレベルだった」とし、例えば、米国と中国の宇宙開発領域での協力を禁じるウルフ条項は、NASAのすべての施設において中国政府関係者の訪問を禁じていたほどだと紹介した。

続けて、米国が主導し日本その他各国が参加していた「対共産圏輸出統制委員会」では、軍事武器装備や先端技術製品等の中国への搬入を禁止したが、その項目数は当時世界で最も厳しく、他の封鎖されていた国より500以上も多かったと強調。

米国が封鎖していた技術のなかにはステルス関連の技術もあったが、それでも中国はステルス戦闘機の独自開発に成功したとしたほか、3Dプリンターや人工知能、軍用ドローンの領域では「すでに世界トップに躍り出た」とル・モンド紙が評価していると紹介し、また、「米国などの西洋国家は中国人の性格を理解していなかったゆえに間違った封鎖政策をとったが、逆に中国人のイノベーションを刺激してしまった」という同紙のコメントも紹介した。

最近では、米トランプ政権は中国通信機器最大手のHUAWEI(ファーウェイ)を狙い撃ちにした政策を打ち出しているが、中国国内では「ファーウェイ側はトランプ政権による致命的なダメージを回避する予備タイヤをいくつも準備している」との報道も見られる。

サイバー攻撃などで技術を盗んでいるという批判は多く存在するものの、確かに近年の中国の技術力の高まりは驚異的であり、その意味で「中国人は恐ろしすぎる」という指摘は的を得ていると言えそうだ。

​中国には最新技術が行かないようになっているにも拘らず、
世界トップレベルの技術が集約・実現しているのはこれいかに?​

​ここ、​


​ペンタグラムは健在、軍を持つルシファー ​

参考)
ゲームチェンジャー、中国の量子潜水艦探査装置SQUID

 

で、問題は、昨今、 なぜ、中国が急速に量子分野の技術を高めたか? 
他でもない、ジョーディーが中国にDWAVE技術を渡したから、 
USペンタゴンファンディングのカナダDWAVE社が、
USの軍事敵国でもある中国に最新技術を譲渡したのである、​

​​​​​参考2)
中国も量子レーダーを開発中 ~F35、ステルスどころか丸見え 役立たずを買わされる (2016/09/26) 抜粋
中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と米国は2019年ごろに中国周辺に「F35」をはじめとする最新兵器を配備する可能性があると伝える一方、中国は日米に対して「先進的なレーダーで対応する」と伝えている。

記事は、中国が8月に世界初となる量子通信衛星の打ち上げに成功したことを紹介し、「中国は近年、量子通信と量子コンピューターの分野で大きな進展を遂げている」と主張。

​さらに「量子レーダー」については「従来のレーダーに対してステルス性能を持つ物体や、非常に小さな物体でも容易に捕捉できる」と主張し、F35も容易に発見・追跡できるようになると主張した。​


​中国の量子レーダーはステルス機を過去の遺物に







最終更新日  2019年05月22日 11時40分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.