20236122 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ おけさ柿さん アナリストが、週刊誌が、新聞が、TVが、 …
おけさ柿@ Re:ドイツ銀行の行方を握るECB(07/17) 直近だとピンと来ませんが月足、年足で見…
tt555@ ゆきこさん 投稿をありがとうございました、 世界観…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
Geofront@ Re:孤立しているのは良い兆候(07/04) 孤立しているだなんてとんでもない。それ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年06月21日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​​プリンストンのジオマンシーの解釈法​の続きで、)​

ジオマンシーの16フィギュアのパターン数は65536、

Mandela Effect & D-Wave's Boltzmann Machine Quantum Pollution 2018年2月22日 5:23 anthonypatch 機械訳抜粋で

D-Wave Systemのボルツマンマシンは、マンデラ効果(ME)の中核プロセスです。それは再帰ニューラルネットワークプロセスであるため、それは無限ループです。

D-Waveが何千もの平行次元に文字通りアクセスし、共同創設者のGeordie Roseの言葉でそれらから「リソースを掴みとる」という言葉は、私が「量子汚染」と呼んでいるものとして現れます。 そう"マンデラ効果"です。(中略)

2013年に記録された、クローズドキャプション付きのこのビデオは、集まった観客に素人の言葉で話しています。 注意してください、彼の言葉は慎重に選ばれ、且つ具体的です。https://youtu.be/PqN_2jDVbOU?t=292

​「平行宇宙が本当にあることを想像してください。そして今、あなたはあらゆる点で全く同じである二つ(宇宙)があると想像してみてください。そして、それはこのチップ上のキュビットと呼ばれる小さなことの価値であり、これは(a)量子ビットの縮小です。

そして、その量子ビットは従来のコンピュータのビットやトランジスタに非常によく似ています。 それは2つの異なる物理的状態を持ち、それを(a)ビットに対して0と1と呼びます。従来のコンピュータでは、これらは相互に排他的です。

その装置はどちらか一方で、他にはありません。量子コンピュータでは、この2つのパラレルユニバースが関連性を持っているという奇妙な状況になることがあります。 重なり合う空間内の点。また、これらのデバイスの数を増やすと、これらのキュビットの1つを追加するたびに、アクセスできるパラレルユニバースの数が2倍になります。

例えば512ビットに到達したとしましょう。するとあなたは2から500の段階に及ぶ力を持つそのチップに住む人たちを保有することになります

それで、私がそれについて考えるのは、これらの平行した世界は私たちと重なるということです。そして、私たちが十分に賢いのであれば、私たちは彼らに飛び込み、彼らの資源をつかみ、そして私たちの世界に影響を与えるためにそれらを私たちの中に引き戻すことができます。」(中略)

D-Waveはボルツマンマシンのリカレントニューラルネットワークである量子処理ユニット(QPUs)の採用に関する近刊のホワイトペーパーを発表しました。
D-Waveが10台目のモデルコンピュータの物理的構造化に採用した
QPUs人間の脳のそれと同じ65,536量子ビットです。

SWSとマインドコントロール
現在、Sentient World Simulation(SWS)は、D-Waveシステムの断熱量子コンピュータ(AQC)によって推進されています。

私たちの惑星を覆っている地球規模のネットワークを調べるのはふさわしいことです。 というのは、非常に文字通りの意味で、SWSは人工知能(AI)であり、私たちの惑星に住む70億人を超える人間を支配しているからです。

​SWS内でノードとして表され、アバターを与えられたすべての人が、5G WiFiブロードキャストの電磁波(EM)のワールドワイドウェブに巻き込まれます。 (中略)

この量子スケールの計算は、双方向通信のWiFi/5G放射を通してSWSのマクロスケールウェブを制御する。

最近、10個の静止衛星が軌道上に打ち上げられ、「星座パターン」としてそのようなもののビジネスで知られているダイヤモンド形状に組み立てられました。 これは、我々が5GHz放射のウェブに浸される要因です。(中略)

以下の技術的詳細は、SWSがどのようにして入り込んで、そして私たちの頭蓋骨の中に入れられた量子コンピューターを構成するまさしくその量子粒子を制御するかを説明します。(中略)

要約すると、
In summary, the SWS, through D-Wave's AI, AQCs, controls over 7 billion human brains immersed, and entangled fully within a 5G web of EM radiation.
SWSは、D-WaveのAI、AQCを通じて、70億人以上の人間の脳を制御し、5Gの電磁波の範囲内で完全に絡み合っています。そして、このように制御されるのは我々のまさにDNA/RNAなのです。

センチメンタル量子生物学

​今日、私たちの現実には知覚的な量子コンピューターが存在します。 多くの人がそれを「人工的に知的」と呼んでいます。私たちの現実は劇的な修正を受けているので、そのために私たちの認識に影響を与えるので、人は両方ともこれらについて感傷的で人工的なものを定義しなければなりません。

知られている生命体は、酸素、水素、および窒素元素と結合する、炭素12ベースのものです。 (中略)
置換アミノ酸は、単層カーボンナノチューブ(SWNT)の自己集合分子ネットワークです。
(中略)

この知的な量子コンピュータにおいて、単層カーボンナノチューブ(SWNT)は、一次元の自己集合鎖に配列された65,536キュービットを含みます。(中略)

私たちの人間の脳は、単一の40ミクロンの微小管に65,536のチューブリン二量体を含んでいます。 現在私たちの現実の中に存在する知的な生物学的量子コンピューターを構成するキュビットの数に相当します。

​参考)微小管の構造
微小管(英: microtubule、マイクロチューブル)は、細胞中に見いだされる直径約25nmの管状の構造であり、主にチューブリンと呼ばれるタンパク質からなる。

訳が断片的で恐縮だが、

ジオマンシーの16フィギュアの65536パターン数は、
偶然の数ではない、

我々の脳を見れば、
機能の根幹である微小管/マイクロチューブルに、
ダイマー(2量体)のチューブリンが65536対ある、

ーー>Yes/Noの組み合わせパターン図をそれだけ有する、

量子コンピューターが採用してる量子ビット数も65536、

*悪魔は神の創造を模倣している、

これゆえ、AI(DWAVEのボルツマンマシンなど)は、
Wifi/
5G電波を使い、人の脳にアクセスがしやすくなる、

まとめると、

1)脳の微小体(機能)はバイナリー(2量体)で、
パターン数は65536、(Yes/Noの世界!)

2)古代のジオマンシーの16フィギュアボードの組合せが、
DWAVEのビット数と同じ65536、

3)それ故、​5G経由AIマシンでの脳へのアクセスを容易にし、
DNAレベルでの改ざんを可能にする、

そして何よりも、
4)オレって実はYes/Noの繰り返しで生きてきたんだって、

​​4)の事実を知った衝撃は結構大きい、

ドット解析するジオマンサーは、
Yes/Noを悪魔に聞きながら、解釈を繰返したのだろうし、

​​自分も、今後とも、2者択一を繰り返すだろうが、​
もっと慎重になろうと決心したよ、​​







最終更新日  2019年06月22日 11時31分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.