20842065 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

おけさ柿@ Re:インフルは寝るのが一番(12/06) tt555さま 最近、街中や電車の中でも辛そ…
NMB@ Re:NOW FOODS ビオチン5000ミリグラム(12/04) tt555さんへ すみません 単位を間違えて…
tt555@ NOW FOODS ビオチン5000ミリグラム 情報ありがとうございます、 ところで、NO…
NMB@ Re:下部線維の強化メニュー(12/04) インフルエンザお見舞い申し上げます。記…
まるごと@ いつも楽しく見ています いつも楽しく拝見しています。 ブログとは…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年08月20日
XML
カテゴリ:科学
電気太陽の実験(Safireプロジェクト)の続き、アンソニー8/7動画から)

Safireのプロジェクトメンバー、


​https://www.youtube.com/watch?v=xhkQrBwsuUg

カバラ偽サイエンスに対抗するだけあって、
皆さん、​気合が入っている!?​

真空チャンバーは、こんな感じで小さいが、​


​これがもたらす人類への影響は計り知れない、​

実験の様子:Safireプロジェクト
​真空チャンバーにより、蛍光灯とあまり変らない放電を発生させることができます。
チャンバーには、カソードに囲まれた電極(ボール状の正に帯電したアノード)があり、 混合ガス比率、圧力、電圧、および電流(直流)を変えると、さまざまな種類のプラズマ放電が可能です。
いくつかの特性は、電場および磁場、スペクトル全体の光(電波から紫外線)、化学分析など、さまざまな診断で測定されます。

​主任のマイケル・クララージュは次のように説明します。「SAFIREチャンバーは、ソーラーシステムで電気がどのように現れるかを理解するためのツールです。それをチャンバー内で再現できるかどうかを確認します。」

チャンバー内のカソードから、
アノード(アイアンボール)へプラズマを送る、​
(基本、この初期放電のみ、)

第1フレーズで1800ワット、
第3フレーズで200万-1000万ワットへ

注目は、この過程で、
レーザー光線とか高圧力発生とか何も付加操作してないこと、
単純にアノードによるプラズマ(無限にある)の引き込みだけ、

輝きが増した時ラジエーション(悪影響)などは発生しない、

驚くべきは、同心円状になった時(輝きが増した時)、
温度は周囲(熱くないが)より中心の方が低いこと、
ーー>
巷の常識(太陽は熱い)を覆す、

アンソニーが(以前の)インタビューで、
原料(ガス)も安く、安全ソーだが家庭用に使えるかと聞くと、

リーダーいわく、
それを目指しているのだと、

もっとコンパクトにすることが可能で、
そうすれば、家庭用のデバイスとして利用ができる、

太陽が光る原理、
即ち、周囲から無尽にあるプラズマを引き込んで輝く、

を利用して、家庭用の電源装置を作る、

すごいね、



​電気宇宙論(イントロ)​







最終更新日  2019年08月20日 00時31分08秒
コメント(0) | コメントを書く
[科学] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.