20617907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

じゅうちゃん@ Re:じゅうちゃんさん(10/03) さっそくお返事いただきありがとうござい…
tt555@ じゅうちゃんさん >やってみてもあまり効果を感じられませ…
じゅうちゃん@ Re:拳骨緩めはあなたたちを自由にする(10/03) はじめまして。 いつも楽しく読ませていた…
NMB@ Re:NMBさん(08/30) tt555さんへ 私がテンソルリングを知った…
tt555@ NMBさん >テンソルリング これは知りませんでし…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年09月15日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​いかにイスラエルがIT業界を制覇しているかと言う話題、

​​​本文は異様に長いので、最後の章から且つ抜粋で、
​(マイクロソフトの機械訳、​http://www.bing.com/translator/)​​​​

​How Israeli Tech and Mossad Are Working With the US Government to Radically Increase Surveillance of Americans
Sep 13, 2019 russia-insider
https://russia-insider.com/en/how-israeli-tech-and-mossad-are-working-us-government-radically-increase-surveillance-americans?
オーウェルでさえ悪夢は予測できなかった
8月上旬、エル・パソ・ウォルマートでの銃撃事件を受けて、トランプ大統領は大手ハイテク企業に対し、潜在的な大量銃撃犯を検知して「大量殺人を止める」ソフトウェアの作成に協力するよう司法省に要請した。
彼らが行動する前に。
トランプの考えは具体的には短かったが、民間の電子機器から収集したデータを使用して「神経行動」の警告標識を特定し、「潜在的な射手」にフラグを立てる新しい政府機関を創設する新しい提案がある。
この新しい機関は、元NBCユニバーサル社長とゼネラル・エレクトリック・ロバート・ライトの副会長によって提案された財団によって提案され、健康先端研究プロジェクト庁(HARPA)として知られ、防衛先端研究の後にモデル化されます。
プロジェクトエージェンシー(DARPA)。
最近ワシントン・ポストが詳述した提案によれば、HARPAのフラッグシップ・プログラムは「セーフ・ホーム」(精神的極端を克服する手助けをすることで異常な致命的な出来事を止める)であり、「特異性と感度の高い画期的な技術」を使用する。神経精神医学的暴力の早期診断のために、具体的には「人工知能と機械学習に基づく高度な分析ツール」。
このプログラムは4年間で推定6000万ドルの費用がかかり、「Apple Watch、Fitbits、Amazon Echo、Google Home」などの家電製品のデータと、ヘルスケアプロバイダーが提供する情報を使用して、誰が脅威かを特定。
ワシントン・ポスト紙は、トランプ大統領はこの提案に「非常に前向きに」反応し、彼は「コンセプトで売られた」と報じた。ポスト紙はまた、ライトは大統領の娘イヴァンカを「提案の最も効果的な重要人物」と見ており、以前にHARPA自身について彼女に説明したと指摘した。イヴァンカは以前、2017年の化学兵器攻撃疑惑後のシリア爆撃を含む、父親の政策決定の原動力として挙げられている。(中略)
DARPAのディストピア的な性質と、潜在的にHARPAのメンタルヘルスへのアプローチの両方を除いて、トランプ政権が犯罪前の技術をベースにして米国の大量銃撃事件に対処する動きに関する重大な懸念があります。人工知能、データマイニング、大量監視、パランティアのような企業や元ユニット8200役員が率いる多数のイスラエルのハイテク新興企業のおかげです。
すでに待っている技術。
カービンのような企業は、トランプ政権とイスラエルの諜報機関とのつながりを持ち、モサドにリンクされたガブリエルは、大量銃撃に対する「技術的」なソリューションとして自らをマーケティングする一方で、大量データの秘密ツールとしても倍増している。
収集と抽出は、最終的な結果は非常に完全で、ジョージ・オーウェル自身でさえそれを予測できなかったほど完全でディストピア的な大規模な監視システムです
別の壊滅的な大量銃撃や危機の事件に続いて、ジェフリー・エプスタインだけでなく、犯罪や恐ろしい事件に接続された非常にネットワークによって、これらの「解決策」を恐れるアメリカ国民に対して、攻撃的な努力が続くでしょう。(以下略)

先日のエプスタインの自殺話と並行していたのが、
エルパソ銃撃事件、

タイミングが一緒なのは偶然ではない、

エプスタインの事件(誘拐/Pedoネットワーク犯罪)と共に、
一連の大量犠牲銃撃事件頻発で、
この手の話題拡散を一層拡大強化
している、
​​
その理由が、これ、
Carbyneは、高度なIP対応通信機能と発信者ソリューションを提供する通話処理エコシステムを開発したPublic Safety Technologyの会社。
最近立ち上げられた会社で、
取締役会会長は元イスラエル首相であるエフド・バラク、
​​
盗聴監視システムカービン911の普及、

データ収集能力と解析力は群を抜いており、
怪しげな通信ワードをキャッチすると、直ちにキャッチ、
映像、音声、テキスト、位置を把握収集、
​​
テロリストや精神異常者対策と言っているが、
実際は万人対象で常時監視体制が出来上がる、

*銃規制が思うように進んでいないが、それが逆に、
この犯罪前キャッチシステムを導入しやすくしている、

*パレスチナでは既にIDFが導入しており、
怪しげな会話/通信を傍受すると、それだけでいきなり逮捕!

旗振りがトランプ、実行部隊がイスラエル企業だが、

その中心、まとめ役みたいなのがパランティーア、
​​​このボールはパランティーアと言う、
*パランティーア(palantír)は、J・R・R・トールキンの『指輪物語』などの創作に登場する物品である。クウェンヤで「遠くから見張るもの」の意であり、別名は見る石(seeing stone)。
石の表面に映像を映し出し、思念を伝えることによってパランティーア同士は通信することができる。また、単独でも距離的、時間的に離れた事物を映し、精神集中することによりその焦点をある程度制御することができる。(Wiki)​
謎のベールに包まれたこの会社は、
DWave-System社とも密接に連携しており、 
US政府からの委託で、対テロ対策の名の下、
世界中の通信傍受・解析を一気に引き受けている、 ​

監視システム普及も問題だが、さらに深刻なのは、
IT業界の主たる会社を今やイスラエルが制覇しつつあり、
それもトップがUnit8200出身者で占められていること、
​​
ネフィリムハイブリッドたちは、
伊達にイスラエルを建国していない、
​​
彼らは、米国を軸足に世界中を席巻しつつある、
​​
既に東京オフィスもあるので、

Tokyo, Japan | Palantir
この盗聴システム、日本に導入されるのも遠くない?
​​
*して見ると、今回のIT担当相(78、IT経験なし)の入閣は、
米国側の意向だったんじゃないの?とナットクしたり、
​​
今後、エルパソよろしく、
何か事件が起きる起こされるかもね、
​​
追記)
余談になるけど、(さっきスチーブンの動画見てたら、)
そもそも、今のイスラエルのロケーションは、
​ネフィリム(巨人族)がいたところなんだよね、
(創世記、ヨシュア記、民数記などに記載あり、)

祖先の地を奪還して、世界制覇の拠点にしているなら、
​ヒジョーにわかりやすい、
​​
現イスラエルの規範はバビロニアタルムード、
昔のネフィリムのスタイルがそのまま、
​​
その罪の内容のほとんどがSexに拘るもので、
相手は人(同性含む)、動物、お構いなし!?

特に若年対象のPEDOは合法化どころか、PEDOによって、
過去の罪が赦されるトカナントカ言ってるくらい故、
​​
エプスタインモードは今後も続きソーな予感、






最終更新日  2019年09月16日 01時33分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.