21008517 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 南河内のおっさんさん >毒麦のお話は意味深ですね。 聖書の改…
南河内のおっさん@ Re:初めに災害ありき(01/18) いつも有難うございます。毒麦のお話は意…
tt555@ 南河内のおっさんさん >まずは出来レースのメディアを崩壊させ…
南河内のおっさん@ Re:暗殺、墜落と続くメーソニックシャレード(01/16) 今回の記事は激しく同意します。転寝で夢…
南河内のおっさん@ Re:南河内のおっさんさん(01/01) tt555さんへ 早速の回答を有難うございま…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年09月27日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​五輪対策で、​


国が5種類のウイルスを輸入するわけ

五種類のウイルスを輸入する計画を発表していたが、
いよいよ、今日から運用開始、

エボラなど初輸入=「BSL4」本格運用-東京・武蔵村山
9/27(金) 11:46配信  時事通信 抜粋
国立感染症研究所は27日、エボラ出血熱など致死性が高い5種類の病原体を初めて輸入し、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)の「BSL4」施設で保管を開始したと発表した。
2020年の東京五輪・パラリンピックでの訪日客増に伴う感染症リスクが見込まれる中、厚生労働省などは国内で流行した経験がない感染症の対策を進める。
感染研によると、輸入対象はエボラ出血熱のほか、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱の5種類の病原体で、海外2カ国の施設から25、26両日に搬入された。いずれも致死率が高く、感染症法で最も危険度が高い「1類」に属する。(以下略)

​​​豚コレラテロでブタワクチン接種も無事成功する中、
本格ステージに突入!?

​徹底取材「幻の1号患者」で明らかになったこれが現実!殺人・エボラ大流行日本は絶対に防げない ​​週刊現代 2014年11月15日
​​https://gendai.ismedia.jp/articles/-/41022?page=4​
村山庁舎から600mほどの場所に住む男性は、こう不安を口にした。
「日本のどこかにはなきゃいけない設備でしょうが、ここにあるのはおかしいですよ。エボラは空気に漏れて広がるウイルスじゃないというけれど、いくらなんでも、小学校の真裏だもの。
それにね、私は週末よくサイクリングに出るんです。ここは東京の水がめのひとつである多摩湖まで自転車で15分くらいと近い。多摩湖からは都心にも水を送っています。それを考えても、ここに危険なウイルスが来る仕組みは変えたほうがいいんじゃないか」
たしかに、村山庁舎から約2・5㎞の場所にある人造湖・多摩湖からは、都心の千代田区などに給水する境浄水場と、新宿区、渋谷区などに給水する東村山浄水場に水が送られている。

​「素人考えかもしれないけど、僕がテロリストだったらここを狙いますね。村山庁舎からウイルスを盗んで、ちょっと走って、多摩湖に捨てるだけ。それで首都全域が大混乱だ」​

既に、感染研では新規の
募集をかけて準備中で、
​​シナリオはいかようにでもできるが、
(素人なので、間違って廃棄とか、容器を取り違えたとか、)
東京の水がめがそばにあるというのが気になる、​

そもそもエボラそのものは人工ウイルス、


​https://patentimages.storage.googleapis.com/0b/d7/56/d191fbb037e093/US20120251502A1.pdf​

​ワクチンメーカーがてぐすねを引いて待つわけで、​
​五輪対策って、五輪終了後の(企業向け)景気対策か






最終更新日  2019年09月27日 16時03分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.