20710314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ NMBさん >「宇宙の不思議 うそ ほんと」 JAXA…
NMB@ Re:それは欧州からの侵略で始まった(10/28) 「宇宙の不思議 うそ ほんと」によると…
tt555@ Santoshさん <small> <a href="https://twitter.com/U…
Santosh@ Re:SB製キラーロボットが闊歩する!?(10/28) <small> <a href="https://gigazine.net/…
じゅうちゃん@ Re:じゅうちゃんさん(10/03) さっそくお返事いただきありがとうござい…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年09月30日
XML
カテゴリ:ミニストリー

ラグビーの宴たけなわだが、​

有名企業の社長に「ラグビー部出身」が多いこれだけの理由
2019年9月30日 11時0分  NEWSポストセブン

ラグビーW杯の日本大会は、日本財界の強力なバックアップに支えられている。その背景にあるのが、有名企業のトップには、なぜかラグビー経験者が多いという事実である。その理由を探ってみると、ラグビーとビジネスの意外な相関関係が見えてきた。(中略)
ラグビーW杯で熱戦を繰り広げる日本代表。そのオフィシャルスポンサーを務める代表企業が、大正製薬である。同社の上原明・会長は、中高と成蹊学園ラグビー部に所属し、慶應大学でも同好会で活躍した生粋のラガーマン。その上原会長の強い意向があって、大正製薬は2001年より日本代表のスポンサーとなっている。
ラグビー経験者が有名企業の経営者になった例は、数多い。ユニクロ(ファーストリテイリング)やローソンの社長を歴任し、現在はデジタルハーツHD社長CEOを務める玉塚元一氏(慶應大学ラグビー部出身)、TBSホールディングス社長の佐々木卓氏(早稲田大学ラグビー部出身)、日本製鉄会長の進藤孝生氏(一橋大学ラグビー部出身)など。彼らは、今回のラグビーW杯の有力な支援者にもなっている。
野球やサッカーなど、ラグビーより競技人口の多いスポーツは数あるが、有名経営者として知られる人物にラグビー経験者が多い印象を受ける。
なぜラグビーだけが? ラグビージャーナリストの村上晃一氏は語る。「ラグビー部出身の経営者が多いのは確かで、インタビューすると彼らが共通して指摘するのが、“ラグビーは組織で動くスポーツ”だということです。(以下略)

組織で動く、

創世記3章22節が好きな人たち

https://en.wikipedia.org/wiki/Skull_and_crossbones_(fraternities_and_sports)
​スカル&ボーンマークの最初の英国ラグビーユニオンチーム

参考)
2015年英国ワールドラグビーオカルト開会式の解説







最終更新日  2019年09月30日 23時19分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.