21015271 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 南河内のおっさんさん >毒麦のお話は意味深ですね。 聖書の改…
南河内のおっさん@ Re:初めに災害ありき(01/18) いつも有難うございます。毒麦のお話は意…
tt555@ 南河内のおっさんさん >まずは出来レースのメディアを崩壊させ…
南河内のおっさん@ Re:暗殺、墜落と続くメーソニックシャレード(01/16) 今回の記事は激しく同意します。転寝で夢…
南河内のおっさん@ Re:南河内のおっさんさん(01/01) tt555さんへ 早速の回答を有難うございま…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年12月06日
XML
カテゴリ:健康

​Update
葉山のお母さんに2-3日前にメールした、

インフルは気をつけてください。
間違ってもワクチンなど打たないようにして下さいね。
効かないどころか、添加物の影響が怖いです。
たとえかかってもほっといて熱を出し、体の抵抗力/回復力に任せるのが一番です。 

参考)米国の情報からです。(詳細は​このページを訳す​​) 
一般的にワクチンには、抗体物質の他に、 効果を上げる名目で様々な添加物が入っています。 
アルミニウム、ホルムアルデヒド、水銀、グルタミン酸ナトリウム、卵たんぱく質が含まれ、脳及び神経系統に悪影響を及ぼします。 
+アルミはワクチン効果の促進剤で、アルツハイマーの発症要因、 
+ホルムアルデヒドは殺菌/防腐剤で使用され、神経毒となる、 
+水銀(チメロサールに含有)は防腐剤で、水銀は脳に入りやすく、疲労、脱力感、過敏性、記憶喪失、うつ病、脳損傷、難聴、視力障害など、多くの神経学的問題を引き起こす、 
+グルタミン酸Naはワクチンの安定剤で脳の頭痛、片頭痛、筋緊張、しびれ、刺痛、全般的な衰弱、動脈拡張、記憶の劣化を起こす、 (以下略)​

返事が今日来て、

すでに遅し!です。老人ホームのではワクチン接種には抗わられません。もし発病したら大変なことになります。
おそろしい成分が入ってるそうですがその害は、いま現在の私の健康をもって最小にとどめなくてはなりません。お気遣いとご好意に感謝です。ありがとうございます。 
長い存命は望みませんから、どの道どうなっても構いませんが、とりあえず毎日元気に過ごしたいと思います。 

ナールホド、強制接種かーー、

で言いだしっぺのその自分が、
実は昨日からインフル患者になってしまっていた!?

今朝未明から4回ほど大汗をかき、
一応峠を越したけど、絶不調!

まっ自分も長い存命は望まないけど、
とりあえず元気に過ごせればと思います、

更新日  2019年12月06日 23時51分42秒

追記)
咳き込みが少し治まってきたが、道半ば、

さすがに4日続くと堪えるわ、

今日はお母さんに返信(するのが精一杯)、

件名: 健康な体は少々の毒(インフル菌&添加物)を排除します

お母様の体がインフル菌及びワクチン添加物から守られるようお祈りしています。

健康な人であれば、少々のワクチン接種しても、抵抗力がありますので、大丈夫だと思いますが、敏感な人や、幼児/子供は体質によってダメージを受けることがしばしばです。
特に子供はワクチン過剰接種でAutism(自閉症)がうなぎのぼりに増加している傾向が米国で確認されており、
http://www.healingourchildren.net/Vaccine/vaccines_cause_autism.htm
今後も劇的に増え続けると警告されています。
https://sciencebasedmedicine.org/battling-antivaccinationists-at-freedomfest/autism-incidence/
(現在、この手のデータは政府検閲でネットから削除される一方です。)

米国の0-18歳までに強制接種されるワクチン回数は、
https://twitter.com/learntherisk/status/1001191383825338373
1962年:3回、1983年:24回、2018年:72回と勢いが止まりません。
​​
笑いが止まらないのが米大手製薬会社です。
https://healthfreedomidaho.org/vaccine-market-projected-to-be-worth-60-billion-in-2020/
​ワクチン販売は1982年169億円、2018年5兆円です。(300倍に膨れています。)


義務教育対象者や各施設従業員など強制接種を国が定めてしまえば、これほど(効果がないにも拘らず)儲かる商売もありません。

​​
以上参考まで
​​​​​​






最終更新日  2019年12月08日 21時17分59秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.