21175321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ハンサムクン@ Re:”33”は堕天使の血筋の象徴(02/11) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
tt555@ 恐れは正常判断を狂わせる 上のMakow氏記事へのコメントから、抜粋で…
tt555@ 中国の伝染病に関する私の結論-Jon Rappoport 2/5掲載 こちらは参考になると思われ、 My Bottom …
jiuchan@ Re:武漢パンデミックは中国政府発表よりはるかに深刻(02/05) 情報ありがとうございます。 早速購入しま…
南河内のおっさん@ Re:キーワードは”BSL-4に対応した研究機関”(01/30) いつも有用な記事を有難うございます。正…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年02月12日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​​プレディクティブプログラミングと言えば、

​古くはタイタニック号とか、​

https://twitter.com/Inconhere/status/1226340343940993024

911など20年以上前から出ていたが、
​​

​https://www.winterwatch.net/2019/09/predictive-programming-about-seattle-megaritual-is-off-the-charts/​

​ディーン.クーンツは彼の本「闇の目」(1981年出版)で、
​​
​https://twitter.com/MisterAntiBully/status/1226339502173687809​
​Just one of those timelines where Dean Koontz wrote a book about a Chinese super virus called Wuhan that escaped a secret lab.​
中国の秘密ラボから流出した武漢400と称する
スーパーウィルスを題材にした小説を書いている、​

​中国の研究者チェンがディスケットに武漢400のデータを入れ、米国に亡命した、
ウィルスの名が武漢400と言うのは、400種類の微生物を調合、武漢市郊外のRDNA研究所で人工的に作られたから、(中略)
我々はチェンと共に、ウィルスを複製し始めた、(以下略)
​​
39年前の作品だけど、

追記)
​Wuhan-400 Coronavirus – 1981 Novel Predicts Virus Origin
February 11, 2020 GreatGameIndia
(Google訳で)
武漢400コロナウイルス– 1981年の小説はウイルスの起源を予告する​​
​奇妙な偶然の一致で、ディーンクーンツによる 1981年の架空の小説 The Eyes of Darknessは、コロナウイルスのような発生とその起源を予告しています。この本は、Wuhan-400と呼ばれるウイルスが、名前が付けられた中国の武漢市周辺の軍事研究所でどのように開発されたかについて語っています。生物兵器プログラムの最高機密情報は、後に中国の亡命者から米国の諜報機関によって取得されます。アメリカ軍は最終的に、中国人ができなかったワクチンの作成に成功しています。​(以下略)​







最終更新日  2020年02月12日 12時40分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.