21860962 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ma-wind@ Re:大量死の時代(05/28) New! わざわざ解説いただき、ありがとうござい…
ma-wind@ Re:突然死の時代(05/27) 新記事に取り上げてくださってありがとう…
ma-wind@ Re:コロナウイルスと電波病の症状は一緒(05/26) いつもながら、わかりやすくまとまった記…
ホジュン@ Re[6]:コロナウイルスが感染しない理由(05/13) tt555さんへ なるほど‼️ありがとうござい…
tt555@ ホジュンさん 集団感染(クラスター)ですが、ウイルス…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年02月27日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​今回のコロナ騒動を簡単にまとめると、

https://twitter.com/HenryMakow/status/1232352763914354692

計画は次のように見えます:5Gを世界中に展開、一方で同時に「感染拡大するコロナウイルス」に関係する病気に大騒ぎし、ビルゲイツ提供の必須ワクチンでさらに多くの人々を殺す、by J.Perloff​


​https://twitter.com/jamesperloff/status/1232329116764037120​

​5Gとパンデミックは共存しています、5Gは酸素欠乏を起こします、そもそも歩いている人が突然倒れるなどウィルスではあり得ません、クルーズ船は最新の衛星通信を備えていました、

先日、​​5G(60GHz)はO2を破壊しコロナ肺炎を誘発する​​​​で紹介したが、
この中で出てくる60GHzの特性を再度見ておく、​​

この解説を出したのは、(今から19年前になるが、)
ハーモニックス株式会社代表取締役社長の白水重明氏、

Fixed Wireless Communications at 60GHz Unique Oxygen Absorption Properties April 10, 2001 rfglobalnet
訳:60GHzのワイヤレステクノロジーには酸素吸収特性がある​)
60GHzのミリ波周波数では、吸収が非常に高く、送信されたエネルギーの98%が大気中の酸素に吸収されます。60GHzでの酸素吸収はレンジを厳しく制限しますが、同じ周波数の端末間の干渉も排除します。​

​​60GHz電波は酸素を吸収するため、電波は遠くに行かない、

ところが、一旦スイープされた帯域空間はクリーンになり、​
次の60GHzは遠距離に安定して届くようになる、

それを解説したのがこのグラフ、

​周波数の再利用に対する酸素吸収の利点を図に示します 。

​図は、60GHzの周波数再利用範囲(緑の領域)と従来の範囲(青の領域)の距離関係を示しています。酸素吸収により、空間の非常に局所的な領域内で同じ周波数の再利用が可能になります。60GHzミリ波スペクトル内での動作により、同じ周波数の無線端末の非常に高密度で干渉のない展開が可能になります。​​

今から、19年前ゆえ、
この60GHzをコロナと併用する気があったのか不明ながら、
当初の目的は、通信の精度向上を目指していた、

ところが、(60GHzの)相手側のO2はこの干渉により、

電子スピンが変えられ、本来のO2でなくなる現象が起こる、

これで、呼吸不全、肺疾患となる、(コロナ肺炎となる、)

5G基地局は中国全体では13万基の展開、​

昨10月から試験運用を開始した武漢では1万基が展開され、
日常的に60GHzに晒された環境だった、

その中で昨12月にコロナパンデミックが発生と成ったわけだが、
そもそも、この60GHz、2001年の氏の解説によれば、

現在、連邦通信委員会(FCC)は、パート15での無許可使用のために57.05から64GHzのミリ波RFスペクトルを割り当てています。60GHzで動作するすべてのワイヤレス機器は、FCCパート15タイプ認証を取得する必要があります。

要認証だったが、

​www.siversima.com/news/2019- was-the-breakthrough-year-in-europe-for-60-ghz-unlicensed- 5g /​
2019年7月、欧州通信委員会の加盟国が主導する会議である郵便通信管理会議(CEPT)で非常に重要な決定が行われました。画期的な決定は、ライセンスのない5Gサービスに57-71 GHz帯域の使用を許可することでした。これにより、当社のミリ波技術をヨーロッパで展開する道が開かれました。2020年1月1日までに、48か国すべてがCEPTの推奨に従い、57-71 GHzが免許不要の5Gに使用できるようになります

昨年末までに、認証(ライセンス)が不要になっていた!?

認証不要のタイミングがコロナパンデミックと合っているゆえ、
既にシナリオがあったのだろう、

最強タッグ、5Gとコロナで見た通り、​コロナウィルスは、
​特定の電波/ケムトレイル/接種後のワクチン成分で重症化する、
(武漢では、加えて、大気/水/土地の汚染もこれに貢献、)
と言うかそのように見える、

*コロナの本来の意味は、放電時に出る白/青白い光のことで、

​​特定電波で発症するゆえコロナウィルスとなる、

CORONAVIRUS BIOWEAPON MYSTERY SOLVED :(抜粋)
さらに重要なことに、低電圧システムで生成される目に見えない(しかし検出可能な) コロナもあります。 以下の例は目に見えない電気汚染の海を表しています。 
(i)屋内での広範囲の環境電気汚染、
(ii)3G/4Gネットワ​​ークの電磁周波数のレンジ(セルタワー周囲など)、
(iii)5G送電網(マイクロ波塔など)から放出される高レベルの無線周波数とマイクロ波放射、
(iv)送電線と架空送電線の両方からの浮遊電圧、
(v)原子力、石炭火力、水力発電所からのエネルギーの生成と伝達、
(vi)電気変電所および変圧器。

​*上の6つのリスト見ると、上下横包囲の関東は希望が薄いな!?


​カバラの量子戦略、5G&イージスアショア​

結論として言えるのは、中国での5Gの軍事展開開始決定により、バイオエンジニアリングコロナウイルスパンデミックは、世界中で急速に拡大する5G網が引き起こすさまざまな症状、医学的疾患、健康状態をカバーするために密かに広まっていると言うことです。

コロナウィルスの話題ばかり広まっているけど、
その背後にO2を破壊する
60GHzを擁する5Gありだ

COVID-19と言うウィルスは存在しない、

​コロナウィルスサイプ(詐欺)​
ご本尊はインフルエンザであり、
その状況下で、60GHz(5G)を発射すれば、
O2欠乏の肺疾患で即死、あるいは重症化する、
それをコロナだ、コロナだ、と騒ぐのである、

そもそも、
50Hzの電磁界への曝露は、ウィルスの活性化を誘導、
​​EBVゲノムに潜在的に感染したヒトリンパ系細胞株であるAkata細胞を50Hz EMFに曝露すると、ウイルス初期抗原を発現する細胞の数が増加しました。 この発見は、DNAが磁場によって変調されるという追加の証拠を提供します。

​50Hzと言う低周波でも​、体内のウィルスを活性化するわけで、
(逆な見方で、体内の免疫が低下する、)
5G以前の問題として、あらゆる電磁波から離れていたいところ、

参考)
State of the Nationお勧めのコロナ(インフルエンザ)感染予防策、
コロナウィルスに感染しないようにする方法​

参考2)
​Makow氏サイトから、
5G is a Factor in Coronavirus Deaths (February 24, 2020)

​5Gはコロナウイルスの死亡ファクター






最終更新日  2020年02月27日 10時12分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.