23843481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ma-wind@ Re:ゆりかごから墓場まで(02/27) 記事に取り上げてくださり、ありがとうご…
オカ由@ Re:ゆりかごから墓場まで(02/27) 半年ほど前からブログを見ています 良い記…
tt555@ さんごーろくさん >小生も玄米と味噌汁、魚介類、野菜のワ…
さんごーろく@ Re:今あるものは既にあったもの(ケルブラン原子転換)(02/26) いつもありがとうございます。10年以上も…
ホルモン焼@ tt555さんへ 凄すぎて、ポカーンとしています。 私のよ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年03月11日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​Cases(感染者)と言うフレーズが良く出てくる、​


COVID-19 Coronavirus Outbreak

​これを決定するのがPCR法だけど、

PCRとは、Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の略で、DNA配列上の特定の領域(目的のDNA領域)を1対のプライマーと耐熱性DNAポリメラーゼを用いて増幅させる方法のことです。​


​https://lifescience-study.com/1-principle-and-outline-of-pcr/​

プライマーの設計は自由に行うことができますので、PCR法を用いることで、微量のDNAから特定のDNA領域のみを迅速かつ簡便に増幅させることができます。
PCR法では「1)熱変性→ 2)アニーリング→ 3)伸長反応」という3段階の温度変化による反応を繰り返すことによって、理論的にはDNA量を指数関数的(2n倍:2倍、4倍、8倍…)に増幅させることができます。このため、約20サイクル後には理論的に100万倍にまで目的DNAを増幅させることができます。また、PCR法での温度変化は専用の装置(サーマルサイクラー)を用いて行いますので、操作自体は簡単です。

いわば、素材(DNA)をドンドン拡大/増幅していくと、
そのうち隠れたウィルスが現れる(!?)と言うところか、

​​解説見ると、
(PCRでは、プライマーを設計するためのDNA配列が既知であることが大前提となります。

このプライマーって、ドーやって決めるのかしら?
ここらへんに問題の根源があるような、

今朝のメルマガ記事から、機械訳で、​(Google検索では出てこない!?)​

​Coronavirus: what real science would look like, if it existed
https://blog.nomorefakenews.com/2020/03/10/coronavirus-what-real-science-would-look-like-if-it-existed/

​​コロナウイルス:もしそれが存在するならば、本当の科学はどんなものになるだろう 2020/03/11 (水) 6:50 ジョン・ラポポート

これは私が現在の"流行に書いた最も重要な記事の一つです。

コロナウイルスの"潮を食い止める"に取られているすべての狂気の措置の正当性を見ると、CASES(感染患者)と言うフレーズの単純性/愚かさ(simplicity)に行き着きます。

ケースはいくつありますか?  何人の人が"感染していますか?"

それに対する答えは何から来るのでしょうか?

テストから。診断テストから。

もちろん、テストなしで"cases"といい、ばかばかしいラベルが付いている人もいます。私は他の記事でそのナンセンスを説明しました。

中国以外では、最も広く使用されているテストは PCRと呼ばれます。 無関係な微生物や細胞材料との汚染は誤解を招き、不合理な結果をもたらす可能性があるため、それは途方もない注意を払って行う必要があります。

PCRは、患者から小さな小さな材料を取り出し、何度もそれを爆破(ブロー)することができるので、識別することができます。「これはコロナウイルスです。 この患者は感染しています。」

それだけでなく、テストの支持者は、非常に簡単に、PCRはまた、患者の体内のウイルスの量を決定することができると主張しています。

なぜそれが極めて重要なのでしょうか。

なぜなら、患者が病気であることを言うには、何百万ものコロナウイルスが積極的に体内で複製されている必要があるからです。

PCRが患者の体内にどのくらいのウイルスがあるかを示すことができるという主張に挑戦/対抗する人々(そして私もそのうちの一人です)がいます。専門家は私たちを払いのけようとします--->私たちはテストの複雑さを理解していない、それは非常に技術的です、私たちは判断を下す資格がありません。

私はこの無駄な議論を回避する方法を探していました。その過程で、PCR について重要な何かを発見しました。私はテストの正確さがこれまでに証明されたという証拠を見ていません。

説明させてください。あなたは良い修理店にあなたの車を持って来ます。メカニックはそれをデバイスに接続し、車が失速する原因を診断するためのテストを実行します。誰が彼らのテストが正確であると言いますか?
過去のある時点で、これらの診断手順は、それらが適切に動作することを確認するために精査されています。

"私たちは問題を発見しました"とメカニックが言い、彼らがその問題を修正、あなたは車を運転し、それはもはや問題を起こしません。これは現実の生活の中での結果です。

が、これは、PCRの状況に当てはまりません。

PCRの支持者は、患者の体内にどのくらいのウイルスがある---特定のウイルスの量を数えることができると主張しています。しかし、実際の用例では、PCRがそれが可能であるという証拠はどこにありますか? その証拠はどのように確立されましたか?

私が証拠を言うとき、私は技術的なマンボジャンボ(mumbo jumboちんぷんかんぷん)を意味しません。私はこれらの科学者が彼らの間で使用する専門言語に言及していません。私は実際の生きている人間の患者、そして結果について話しています。

結局のところ、PCRが人々の診断に使用されており、結果が様々な国のコロナウイルス症例数を数えるために使用されている場合、そして症例数がイタリア全体を大量検疫でロックダウンする基礎となる場合、テスト(検証)はやはり重要ですよね。

私は、PCRが最初に導入されたとき、研究者が何ができるかを示すために、PCRが適切にチェックされたという確かな証拠を見たことがありません。

誰がテストしましたか?

私はプロセス---簡単なプロセスを考え出しました---それはPCRの真実性をチェックします。それは何十年も前に行われるべきでした。そうではなかったという事実は巨大なスキャンダルです。

こちらを見て下さい。

100人の患者から、非常に小さな組織サンプルが採取される。
PCRラボの人々はサンプルを採取しません。彼らは患者を見たり、彼らが誰であるかを知ることはありません。

ラボの専門家は、PCRを通じてこれらの百サンプルを実行し、結果を得て、報告します: それぞれのケースで見つけたウイルス、そしてそのウイルスの数を?

例えば、6人の患者の例では、ラボの技術者は、患者に大量のウイルスを発見したと主張しています。

まあ、それらの患者は病気であるべきでしょう。

が本当にそうでしょうか?

「私たちは、患者4、9、32、54、65、および86のすべてが体内に膨大な量のウイルスを持っていると判断しました。」

「面白い。 感謝。 えっと。 んん。これらの人々はペテン師であることが判明しました。病気ではありませんよ。私はあなたのテストがうまくいかなかったと思います。それは失敗です。」

または、テストが機能する場合があるかもしれません。6人の患者は病気です。さあ見つけましょう。彼ら自身の世界観で、ジャーナル(研究論文)からではなく。

それが私が実際の結果を意味するものです。ジャイブなし、タップダンスなし。(作り事なしの意)

もっとありますよ。100人の患者とのこの実験? それは一度だけでなく、何度も行われるべきです。その施設には100人の患者がいます。30または40の異なる施設、および100人の患者の30または40の異なるセット。それは利益相反のない独立した科学者によって行われるべきです。

それは何十年も前に行われるべきでした。私はそれがあったという証拠を見ていません。

テストが適切になされていませんでした。巨大なスキャンダルです。

それが何を意味するのか考えてみてください。
よく考えてみてください。

すべての含意的結果をチェックしてみてください。

例えば、あなたがコロナウイルスの症例が100件報告されている国の政治指導者だとします。

世界で今起こっていることすべてを考えてみてください。あなたの知性を使用してください。

よく考えてください。

恐怖のバンドワゴンに飛び乗ってはいけません。科学的と言われるバンドワゴンに飛び乗ってはいけません。

あなたの頭を使ってください。

道理で、巷の病院が嫌がるわけだ、

感染研にはいまだにコロナの感染データがないし、​
新型コロナウイルス(COVID-19) トップページ​(​コロナ終了のお知らせ)​







最終更新日  2020年03月11日 16時27分07秒
コメント(4) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.