21452145 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ バーチさん New! コロナで5Gの話題が希薄ですが、具体化し…
バーチ@ Re:千葉市でも学校に! New! 千葉市は小学校の通信環境向上に向け、楽…
tt555@ 風邪強さん New! ヘリですか、 臨時5G移動局?
風邪強@ とにかく変な、ヘリコプター 東京上空を旋回。 4月2日 flightradar24 午前9時40頃から変…
tt555@ あららさん 情報ありがとうございます、 コワン氏は今…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年03月26日
XML
カテゴリ:世界情勢
​​CDCの実態、

​CIA管轄のメディアはトランプに長いナイフを突きつけます​
2020年3月25日 SOTN(記事はラポポート)抜粋で

​トランプはイースターまでに経済を回復させたいと述べた。

当然、メディアは彼に復讐の誓いを新たにしました。
おそらくトランプは、CDCが…であることを認識していません。

CDCはEIS(Epidemic Intelligence Service)「感染病インテリジェンスサービス」で、CIAを嫉妬させるようなスケールで偽情報により操作します。 

このEISプログラムの卒業生は、医療カルテル全体の主要な位置を占めるようになりました。
*CDCディレクター; 医学部の学部長と教授; 医療財団幹部; 製薬会社および保険会社の幹部、州の保健当局; メディアアウトレットのメディカルエディターとレポーター。

それはインサイダークラブです。彼らは協力して、並外れた次元のカバーストーリーを浮かび上がらせます。

以下はCDCの「疫学情報サービスの50年」(2001年発行)抜粋です。

「1951年に、EISは生物戦争と人為的流行に対する早期警告システムとして朝鮮戦争の開始に続いてCDCによって設立されました。

2年間の期間でEISの担当者は、主に医師やその他の医療専門家でした…感染症の発生に焦点を当てていました。

EISは、統計学、疫学、微生物学、人類学、社会学、行動科学の博士研究員など、さまざまな公衆衛生の専門家を含むように配属されています。

1951年以来、約2500人のEIS担当官が、米国内および世界中での疫学支援の要請に応えてきました。毎年、EISの担当者は病気や怪我の問題の数百の調査に関与しており、CDCとその公衆衛生パートナーが公衆の健康と安全を改善するための提言を行えるようにしています。」

年間数百件の調査、真実をプロパガンダにする多くの疾病機会、病気に関する情報の管理。

EISのエージェントは「アウトブレイク」の現場に急行し、その声明を神聖なアカデミアのホールとCDCを通じて、報道機関に、ビッグファーマに、複数の政府機関に送り、感染フィールドを実効支配します。

情報の管理は偽情報を意味しますそれがEISの目的です。彼らは、自分が好まないウイルスに会ったことはありません。ウイルスが見つからなかった場合は、発見したふりをしました。

彼らは大企業の犯罪をカバーします。

水と土壌に恐ろしい殺虫剤が流れ込んでいるため、貧困に苦しむ人々が亡くなっている町があれば、-->いいえ、それはウイルスが原因です。

産業公害が人々の免疫システムを損なっている都市があれば、-->いいえ、それはウイルスが原因です。

EISの人々のほとんどはそれを自分で信じています。

激しい洗脳なしでは、そのようなロボットの奉仕を成し遂げることはできません。マインドコントロールプログラムの最初の始まりの場所は、医学部と呼ばれます。

EISは、全世界が常にウイルスに攻撃されていると信じ込ませます。それが彼らの使命です。

そしてもちろん、これはワクチンの確立を強化します。なぜなら、すべてのウイルスについて、ワクチンがあるはずですから。それは、有毒な化学物質とさまざまな細菌が腕の中に詰め込まれるショットです。

EISCDCCIAの3兄弟

3兄弟は、見つけたものが実際に人間の病気を引き起こすか否かを証明する気などありません。彼らはそれがそうだと言うだけです。彼らのテスト(PCR)は、原因のウイルスを特定証明することにはほど遠いのです。

何年も前に、いわゆる天然痘根絶キャンペーン(大規模なワクチン接種)が勝利を宣言した後、アフリカでは、ジュネーブで世界保健機関職員の秘密会議がありました。そのワクチンを二度と使用しないことに決めた。なぜならそれが天然痘の原因だったからです。

彼らは今、過熱したコロナウイルスの現場に介入しています。誰かがコロナウイルスの流行が低下していると言っているところはどこでもエキスパートがフォローのため追い焚きします。

何が起こるかを見てください:ロックダウン、恐怖、検疫、株式、混乱、新しい法律、政府への影響、犯罪カバーのストーリー、衰弱させる薬物とワクチン、登録を受け入れるための人口の条件付け、いずれもゆりかごから私たちの診断と治療のシステムにおける重大な問題ばかりです。 (中略)

​彼らは、Anthony Fauci博士が現在のアメリカ合衆国大統領であることを知っています。(以下略)
​​

Fauci博士:「間違いなく」トランプは驚異的な感染症の発生に直面する
2020年3月25日 SOTN
国立アレルギー感染症研究所所長のAnthony S. Fauci医学博士は、「疑いの余地はない」と語った。ドナルド氏は大統領の間、突然の感染症の発生に直面するだろうと。

Fauciは30年以上にわたってNIAIDInitialism of National Institute of Allergy and Infectious Diseases)を率いており、1980年代のAIDS流行の初期から現在のジカウイルスの発生まで、世界の健康の脅威について過去5人の米国大統領に助言してきました。(中略)

「私がNIAIDの局長を務めた過去32年間の歴史は、彼らが彼らの前任者が直面した挑戦に直面することは間違いないことを次の政権に伝えるでしょう」と彼は言った。(中略)

今週火曜日のフォーラムで、フォーチ氏はこの夏、ジカ(熱)の復活がある可能性について言及しました。 このウイルスは、米国で多くの旅行関連の症例を引き起こし、フロリダとテキサスでいくつかの地元で取得した症例を引き起こしました。 フォーチ氏は、トランプ政権の他の懸念には、新しいインフルエンザの大流行の可能性や、まだ誰の手にも届いていない病気の発生も含まれると述べた。

彼はいつどこでどのような感染が起きるかまでコントロールする、

​​大統領の上を行く恐喝部隊の隊長なわけだ、

英国からは既にコロナは恐れるに足らずという報告があるけど、

UK downgrades COVID-19​
3月25日 ジョン・ラポポート
​英国政府は、ウェブサイト上で、3月23日に「COVID-19のステータス」を発表しました:
「2020年3月19日現在、COVID-19は英国では高脅威の感染症(HCID:high consequence infectious diseases)とは考えられなくなりました。」

​「英4カ国の公衆衛生HCIDグループは、2020年1月にCOVID-19をHCIDに分類することを暫定的に勧告しました。これは、ウイルスと流行の初期段階で利用可能な情報を持つ病気に関する英国HCID基準の考慮に基づいていました。
COVID-19についてより多くの知られているので、英国の公衆衛生機関は、英国のHCID基準に対してCOVID-19に関する最新の情報を見直しました。
いくつかの機能が変更されたことを確認しました。特に、死亡率(全体として低い)に関する情報が多く、臨床意識が高まり、特定の敏感な検査が行われ、その可用性は増加し続けています。
危険病原体諮問委員会(ACDP)は、COVID-19をHCIDに分類すべきではないという意見でもあります。​」​(以下略)​​

ファウチが潰しにかかるかもね、​

参考)
コロナウイルス:パンデミックから警察国家へ​​

​腐敗したCDCと国立衛生研究所が運営する医療警察国家は、ビルゲイツ団の指示に従い、すべての善良な市民が大騒ぎすることなく強制ワクチンを確実に入手できるようにします。(中略)

このCovid-19は中国の武漢にあるBio-Safety Lab(BSL)からのウイルスであると考えられていましたが、Frank Boyle博士はこのウイルスからの細胞がメリーランド州のデトリック、即ち、これは、私たち自身の政府のバイオ研究が関与したことを意味します。すべてのサンプルは、世界有数の生物学的リポジトリであるAmerican Type Collection Culture(ATCC)に保管されています。ボイル氏は、このウイルスは気道を介して人間に感染するように設計されていると付け加えた。​(中略)

Anthony Fauci博士は、比較的良性の病気を致命的なパンデミックに変えたこれらすべての機能強化について何を知っていましたか? 過去にゲイツ氏のために働いたことはありませんか?(中略)

イスラエルが20年以上前にアラブ人を殺害し、ユダヤ人人口に影響を及ぼさない生物兵器に取り組んでいることが明らかになり、国防高等研究計画局(DARPA)と米軍は何年もコウモリ生まれのコロナウイルスを集中的に研究してきました。

*選挙年度ごとに新しい病気が流行していたことを覚えていますか?
1.)SARS – 2004
2.)鳥インフルエンザ– 2008
3.)豚インフルエンザ– 2010
4.)MERS – 2012
5.)エボラ– 2014
6.)ジカ– 2016
7.)エボラ– 2018
8.)コロナウイルス– 2020

これは偶然でしょうか?

Problem(問題を起こし)- Reaction(反応させ)- Solution(解決を与える)を使用して、政府の解決策を受け入れるよう大衆を驚かせます。

​https://twitter.com/HenryMakow/status/1242977277387911168/photo/1​

恐怖は強力な動機です!

彼らがこの計画されたウイルスで十分に私たちを殺した場合、私たちの残りは彼らの新しいワクチンのために並ぶのでしょうか? 

​冗談じゃない、

https://twitter.com/jamesperloff/status/1242823272737255425

粉砕あるのみ!







最終更新日  2020年03月26日 22時45分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界情勢] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.