22189688 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

Jay Dee@ Re:ギレーヌマクスウェル逮捕劇の目的(07/08) New! ギスレーンマックスウェル逮捕劇で油断さ…
tt555@ みなるんさん イロイロありますが個人的には彼は(今の…
みなるん@ Re:コロナはただの5G(07/01) 平塚氏の5Gに対する見解は、少なくともこ…
さんごーろく@ Re[2]:CIAの上を行くハバッド(07/06) tt555さんへ ありがとうございます。納得…
tt555@ 356PreAさん >イエスさんっていざという時に登場して…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年05月19日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​​昨日、マスクの意味をイロイロ見てきたんだけど、

https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/068f93473373f814734110a180272cde09b67ce5.64.2.9.2.jpeg  
​マスクの聖書的意味「SIN」​

話題に乗って、本日、うちにも、あのマスクが到来!

が、思わずうなってしまった、

これって、本当に効果があるのかしら、
本当にウイルスをブロックするのかしらって?

で、この道30年の外科医がアドバイス、

https://twitter.com/CasparKashkin/status/1260519421799366662/photo/1

例えばコロナウイルス粒子の径は0.06-0.14ミクロン、
あのN95レシピレーターマスクのピッチは0.3ミクロン、

通常のマスクは論外で、
高性能マスクでもプロテクト(遮断)効果は期待できない、

オイオイ、

こちらはマスクの着用効果を調べた科学者のレポート、


​https://twitter.com/Luma923/status/1262221193182052353​

*ICYMI:in case you missed it.

​​pdfをDLして見ると、14ページに及び、
タイトルがいきなり結論で、「マスクは効かない」、

​https://www.researchgate.net/publication/340570735_Masks_Don't_Work_A_review_of_science_relevant_to_COVID-19_social_policy?​

*あくまでもマスクの有効性(遮断性)に重きを置いて、
ウイルスが存在する/しないや、感染する/しないは、別問題、
Dr.コワン(エキソソーム論)が見たら、一蹴するだろう、
「マスクなんて効くわけないだろ」って!?
*大事なのは、例え感染するとしても、マスクはダメと言う所、

(長いので機械訳抜粋で)

​​概要

​マスクや呼吸器(レシピレーター、N95)には効果がない。

広範な無作為比較試験(RCT)研究やメタアナリシスレビューが行われていますが、これらの研究では、マスクやレシピレーターはインフルエンザ疾患、または飛沫やエアロゾル粒子が媒介すると考えられる呼吸器疾患の予防には効果がないことが示されています。

さらに、私がレビューする既知の物理学と生物学では、マスクとレシピレーターが機能しません。 ウイルス性呼吸器疾患の知識から考えると、マスクやレシピレーターが機能するのはパラドックスと言えるでしょう。

主な感染媒体は、滞留時間の長いエアロゾル粒子(<2.5μm)であり、これはあまりにも微細で、遮断が出来ません。

マスクについての本論文は、政府、主流メディア、おかかえのプロパガンダリストが、空っぽの科学の中で実行すべきことを決定したり、自分たちの利益のために不完全な科学だけを選択できる事実を示しています。

このような無謀さは、現在の10億人を超える世界的なロックダウンという、医療と政治の歴史の中での前例のないイベントとして進行中です。

医学文献のレビュー

ここでは、手術用マスクと人工呼吸器(例:「N95」)の着用は、検証済みの病気に感染するリスクを低下させないことを立証する広範な科学的文献のアンカーポイントを紹介します。 (多いので抜粋で)

Jacobs, J. L. et al. (2009) "日本の医療従事者における感冒の発症率を低下させるためのサージカルフェイスの使用。無作為化オンコントロール試験"
American Journal of Infection Control, Volume 37, Issue 5, 417 - 419. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19216002 N95 マスクをした医療従事者(HCW)は、頭痛を経験する可能性が有意に高かった。HCWにおけるフェイスマスクの使用は、風邪の症状や風邪をひくという点で有益であることは示されなかった。 

Cowling, B. et al. (2010)
"インフルエンザウイルスの伝播を防ぐためのフェイスマスク。システマティックレビュー" doi:10.1017/S0950268809991658 https://www.cambridge.org/core/journals/epidemiology-and-infection/article/face-masks-to-prevent-transmission-of-influenza-virus-a-systematic-review/64D368496EBDE0AFCC6639CCC9D8BC05 レビューした研究のいずれも、HCW または世帯のコミュニティメンバー(H)のいずれにおいてもマスク着用の有益性を示していない。その中の要約表 1 および 2 を参照のこと。

bin-Reza et al. "インフルエンザの感染を防ぐためのマスクとエスパイレーターの使用:科学的根拠の系統的レビュー" インフルエンザとその他の呼吸器ウイルス 6(4), 257-267, https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1111/j.1750-2659.2011.00307.x。 "対象となる研究は17件。... どの研究もマスク・呼吸器の使用とインフルエンザ感染に対する保護との間に決定的な関係を確立したものではありませんでした

スミス、J.D.ら(2016年 "医療従事者を急性呼吸器感染から保護するための N95 エスピレーター対サージカルマスクの有効性:システマティックレビューとメタアナリシス" , CMAJ Mar 2016, cmaj.150835; DOI: 10.1503/cmaj.150835 https://www.cmaj.ca/content/188/8/567 
"我々は6つの臨床研究を特定しました... 臨床研究のメタアナリシスでは、(a)実験室で確認された呼吸器感染、(b)インフルエンザ様疾患、(c)報告された長期欠勤の関連リスクにおいて、N95呼吸器とサージカルマスクの間に有意な差は見られませんでした。"

Long, Y. et al. (2020)
"インフルエンザに対するN95呼吸器とサージカルマスクの有効性。システマティックレビューとメタアナリシス" J Evid Based Med. 2020; 1-9. https://doi.org/10.1111/jebm.12381 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1111/jebm.12381  "9171人の参加者が参加した合計6つのRCTが含まれていた。N95呼吸器とサージカルマスクを用いた実験室確認型インフルエンザ、実験室確認型呼吸器ウイルス感染症、実験室確認型呼吸器感染症、インフルエンザ様疾患の予防には統計学的に有意な差はなかった
メタ解析の結果、実験室確認済みの細菌コロニー化に対するN95レスピレーターの保護効果が示された(RR = 0.58、95% CI 0.43-0.78)。手術用マスクと比較したN95呼吸器の使用は、検査室確認済みインフルエンザのリスク低下とは関連していない。" (中略)

マスクは効かないという結論

アウトカムが検証されたRCT研究で、マスクまたは人工呼吸器の着用がHCW またはコミュニティメンバーに有益であることを示したものはない。そのような研究はない。例外もない。

同様に、公共の場でマスクを着用するという広範な政策の利点を示す研究は存在しない(これについては以下に詳述)。

さらに、飛沫やエアロゾル粒子に対する遮断力のために、マスクを着用することの利点があるとすれば、手術用マスクと比較して人工呼吸器(N95)を着用することの利点は大きいはずですが、いくつかの大規模なメタアナリシスやすべてのRCTで、そのような相対的な利点がないことが証明されています。

​​マスクとレシピレーターは効果がありません。

ウイルス性呼吸器疾患の物理・生物学とマスクが効かない理由

なぜマスクが効かないのかを理解するためには、ウイルス性呼吸器疾患、肺炎やインフルエンザによる過剰死亡の季節変動のメカニズム、エアロゾルによる感染症伝播のメカニズム、エアロゾルの物理化学、いわゆる最小感染量のメカニズムなど、これまでに確立されてきた知見を再検討する必要があります。

いつ発生してもおかしくないパンデミックに加えて、温帯地域では、季節性の呼吸器疾患による死亡がウイルスによって引き起こされるという余分な負担があります。例えば、Paules and Subbarao(2017)のインフルエンザのレビューを参照してください。これは、以前から知られていた長い間、季節のパターンは規則性を超えています。(中略、チャートも省略)

全国的なマスク着用政策の実証実験ができない理由

前述したように、公の場でマスクを着用するという政策のメリットを示すような研究は存在しない。これにはそれなりの理由があります。曖昧さや偏りのない結果を得ることは不可能でしょう。

- マスク着用の利点は、制御された実験では検出されないので、小さな効果しか期待できない、特に大気中の湿度の変化からの大きな効果に押しつぶされるでしょう。

- マスクのコンプライアンス(着用遵守)とマスク着用習慣は不明。

- マスク着用は他のいくつかの健康行動と関連している(相関関係がある)。

- 文化的習慣が異なるため、各地域での結果は他に応用不可。

- コンプライアンス(遵守)は恐怖によって達成され個人は恐怖に基づくプロパガンダに慣れてしまい、基本的な反応がバラバラになる可能性がある。

- モニタリングとコンプライアンス遵守の測定は不可能に近く、大きな誤差が生じる可能性がある。

- 自己報告(調査など)は、個人が自分の努力が役に立っているという利己的な信念を持っているため、偏りがあることはよく知られています。

- 流行の進行は、大規模な集団サンプルを用いた信頼性の高い検査では検証されず、一般的には非代表的な病院の受診や入院結果に頼っています。(中略)

結論

マスク着用の推奨や政策を一般市民に対して行うことによって、政府は科学的根拠を無視し、予防原則に従うこととは正反対のことを行っている。 

知識がない場合、政府は、被害を引き起こす可能性があると仮定した政策を行うべきではない。

政府は、広範な社会工学的介入を扇動したり、企業が恐怖に基づく感情を悪用することを許したりする前に、立証義務があります。

さらに、ウイルス性呼吸器疾患の流行期にマスクを着用することから生じる効果がないことを、個人は知るべきであり、科学的研究では、その効果は他の決定要因と比較して、実際には小さいものであることが示されています。

(科学はここまで指摘していますが)そうでなければ、公的資金が注がれている現在の科学の意味/目的は何でしょうか?

マスクについての本論文は、政府、主流メディア、雇われたプロパガンダリストが、空っぽの科学の中で、実行すべきことを決定したり、自分たちの利益のために不完全な科学だけを選択できる事実を示しています。

このような無謀さは、現在の10億人を超える世界的なロックダウンという、医療と政治の歴史の中での前例のないイベントとして進行中です。

パチパチパチ!

本編には上記外にも多数の実証試験の結果が記されていて、
説得性の高いレポートになっている、

政府は大号令をかけて​マスクをかけさせるのはいいが、
マスクについて説得ある説明が未だにないのはおかしいよね、

百害あって、

https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/4fef1238c9a82e88f1c8834649eec43559432d52.64.2.9.2.jpeg酸欠/CO2/不快/不衛生/免疫低下/合成素材/病誘発etc

​一利なし​、







最終更新日  2020年05月19日 23時25分35秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.