22996649 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re:PCR検査の増幅採用倍率(10/31) New! すごい‼️ この増幅回数、よく見つけて下さ…
山ちゃん@ Re:誰が勧めているのか(10/30) New! 私はテクノロジー犯罪と称されるものの被…
御足もとのMaria@ Re:グリシンパウダー(10/29) スーパーチャコール、つまり 高機能活性炭…
山ちゃん@ Re:グリシンパウダー(10/29) 初めまして、いつも熱心に読んでます。 グ…
tt555@ ma-windさん >話を聞いただけでクラクラしました。 …

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年06月07日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​先日見た「細菌理論」と「環境理論」、​

ワクチンの接種根拠パスツールの細菌理論

​その違いをイメージで見る、

金魚に異常(鉢から飛び出した!?)が起きた時、

http://entityart.co.uk/the-germ-theory-deception-viruses-5g-agenda-vaccines-louis-pasteur-bechamp-terrain-theory-coronavirus/

パスツール(Germ細菌理論)はワクチンを金魚に注射、
バーナード(Terrain環境理論)は水を取り替える、

​​フムフム、​

以下に、http://www.bioregmed.org/covid-19/から、)
両者の比較を、
このページを訳す

上段(G:細菌理論)、下段(T:環境理論)で、

​G:​​病気は体外の細菌から発生します。
T:病気は体の細胞内の細菌から発生します

​G:​微生物(細菌、病原菌)は一般に「恐れられる」べき存在です。
T:これらの細胞内微生物は通常、身体の代謝プロセスを構築して支援するように機能します。

​G:​微生物(細菌)の機能は一定です。
T:これらの生物の機能は、その生物が死亡または損傷したときに、その生物の異化(崩壊)過程を助けるように変化します

​G:​微生物(細菌)の形や色は一定です。
T:微生物は媒体を反映するために形や色を変えます。

​G:​すべての病気は特定の微生物(細菌)に関連しています。
T:すべての疾患は特定の状態に関連しています

​G:​微生物(microorganism)は主要な原因物質です。
T:宿主生物の健康が低下すると、微生物は「病原性」になります。したがって、宿主生物の状態が主要な原因物質です

​G:​病気は誰でも「攻撃」できる。
T:病気は不健康な状態によって構築されます

​G:​病気を防ぐためには、「防御を構築する」必要があります。
T:病気を防ぐために私たちは健康を創造しなければなりません

​G:​強力なワクチン。
T:強力な反ワクチン

​G:​マイクロザイム(微生物)の存在を否定する。
T:マイクロザイムの存在を認める。

*注)べシャンの主張では、これらの「マイクロザイム」はヒト、動物、植物の生きている体の中に存在し、死滅や破壊されることなく、生きものと非生物の中間に位置付けられるような存在でもあるという。
特定のまたは病原的な影響により、これらの「
マイクロザイム」は発酵の特性を持つバクテリアに発達していく、とべシャンは述べている。
つまり、べシャンの主張では、疾患疾病の原因は体の中にある。べシャンのこの主張によって”微生物の多形態性理論”が見出され、その基盤が築かれ、ここからさらなる研究が発展するはずであった。(中略)
パスツールによれば、疾患疾病は外部からの細菌に起因するものであり、体の外からの攻撃であり、外にいた細菌から発生するということである。
ベルナールは、「いや、皆さん、微生物は何もしていません。(体内)環境がすべてなのです」と(体内環境論によって)その論争を修正した。
(http://hokkdika.seesaa.net/archives/20180106-1.html)

​G:​細胞を生命の基本単位とみなす。
T:生命のより小さな単位であるマイクロザイム[複数のマイクロザイム]。

​G:​血液および体細胞のphをほとんどまたはまったく考慮しません。
T:健康と病気における体のpHの重要性を認めます

​G:​免疫システムを完全に無視します。
T:病気との闘いにおける免疫系の重要性を認識

​G:​強い予防と殺菌を強調。すべての細菌を有害であると見なします。
T:細菌の殺菌を重視せず、アイソパシー(同種毒療法)薬の使用によって抑制。細菌を体内のホメオスタシスの維持に役立つと考えます

​G:​フランスの化学者ルイパスツール[1822-1895]とドイツの医師ハインリッヒヘルマンロバートコッホ(1843年12月11日-1910年5月27日)によって開拓されました。
パスツールによると、病気と闘うには症状を治療する必要があります
細菌はほとんどの病気の原因物質です。
T:生理学者のクロードバーナードが開拓し、看護師のフローレンスナイチンゲール、医師のルドルフヴィルコウ、および医学教授であり薬剤師のピエールアントワーヌベシャンです。
Bechampによると、病気と闘うには、病気が発症しない健康な体を作らなければなりません。細菌は、実際に病気を引き起こす不均衡な機能不全の細胞代謝と死んだ組織に作用する多形微生物の化学的副産物と構成要素です。
Bechampは、病気の酸性、低酸素の細胞環境は、有毒/栄養素不足の食事、有毒な感情、および有毒なライフスタイルによって作成されると仮定しました。
私たちの内部環境とその要素が病気の原因であることを述べています
病気は、生物学の機能として、また代謝プロセスが不均衡になったときに起こる変化の結果として、広範囲に発生します。
その後、細菌はより多くの症状の発生を刺激する症状になり、最終的には疾患に至ります。弱い環境は外部の脅威に対して脆弱であるため、栄養、解毒、および適切なpHまたは酸/アルカリのバランスを維持することによって構築する必要があります。

パスツールの最後の言葉、


バーナードが正しかった、
細菌理論は間違っている、環境理論がすべてだ、​​







最終更新日  2020年06月07日 03時05分07秒
コメント(6) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.