22444737 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ みなるんさん New! 情報ドーもです、 イスラエルのインチキ…
みなるん@ Re:爆発は硝酸アンモニウムではない(08/06) 誤字訂正です >アメリカの製のF4ファン…
みなるん@ Re:爆発は硝酸アンモニウムではない(08/06) 貴重な情報ありがとうございます。 今回…
tt555@ INLの指摘 先ほどのINLで、 <small> <a href="https…
tt555@ 風光波さん 気になるのがこのコンビ、NASAとsputnikne…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年07月13日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​Update2
コロナ詐欺のおかげで、コー言うのも抵抗がなくなってきた、​​

イルミナティのデマ?原爆は存在しない
2020年7月12日 HMakow DeepLで翻訳
"合計10カ国が核兵器を持っていると主張していますが、これは実際にはデマの怖い部分であり、世界の主要政府がいかに結託しているかを示しています。"

免責事項:私(HM)は判断を保留します

ブラバニスト(henrymakow.com)

真面目な話、核兵器は存在しなかった。広島と長崎は、5ヶ月前(3/10)に東京を襲った原爆よりも壊滅的なものではないが、「新しい素晴らしい兵器」という捏造話で再包装された2つの恐ろしい都市型ナパーム火炎放射性物質による爆撃に過ぎなかったのだ。

1945年7月と8月、歴史上最大のデマが始まった。寡頭政治家が不幸な納税者から何兆円もの金を盗むのを助けているのです。

広島がいかに詐欺だったかを詳しく説明する前に、私たちが「核爆発」から連想するキノコ雲は、写真のように工場が爆発したときの化学爆発の結果であることを考えてみよう。


​https://www.henrymakow.com/2020/07/nuclear-bombs-do-not-exist.html​

昔の「核爆発」の写真やフィルムは、現代のツールを使って、化学爆発の画像を背景に混ぜて見ると、明らかに偽物であることが多いのです。

広島や長崎で見られる惨状は、実際に何万人、何十万人もの人々が死亡したり、恐ろしいほどの被害を受けたりした東京や他の日本の被爆地と全く同じです。

​​スウェーデンの技術者アンダース・ビョークマン氏(1946年生まれ)は、技術的に不可能だと主張しながら、長年にわたり核兵器のデマを暴露する活動を続けてきた。(ビョークマンのウェブサイト)

ナパーム

アメリカと第二次世界大戦の同盟国は、1944年7月にテニアン島で化学ナパーム攻撃を開始したが、すぐに都市全体を破壊するまでにエスカレート、1945年3月9-10日の夜には最大で10万人以上が死亡し、東京の41平方キロメートルが破壊された。

偉大な都市が蒸発してしまうかのように見えた東京の夜の恐怖は、アメリカを核兵器のデマに駆り立て、1945年7月16日の「トリニティ核実験の爆発」、8月6日と9日の広島と長崎への原爆投下へと駆り立てた。

アレクサンダー・デ・セヴェルスキー(1894-1974)は、青年期にロシア・ツァーリスト海軍のエースパイロットとして活躍し、アメリカに移住して軍事航空に携わるようになった。

彼は「核爆発」の直後に広島と長崎を訪れ、目撃者に話を聞き、1946年2月の『読者のためのダイジェスト』の記事の中で、「核兵器」は偽物であることを口々に明かした。彼は直接の発言は避けたが、「驚いたことに、広島は日本の他の焼け野原になった都市と全く同じように見えた」と指摘した。

セヴェルスキー氏はゼロ地点直下で、「建物は構造的に無傷で、損傷していない旗竿、避雷針、手すり、看板、その他の比較的壊れやすいもので覆われていた」と指摘した。

異常な現象の痕跡は見当たらなかった。それは、物質が気化したというのは、単に真実ではない...木の幹やつるが伸びている壁は、超熱の主張を反証している...それは、火事であり、ただの火事であり、生命の犠牲者がそのような高い犠牲者を出した。(http://www.heiwaco.com/bomb1.htm

広島で目撃したドイツのイエズス会のジョン・シーメンス牧師は、複数の飛行機が焼夷弾を撒き散らしていたという現地の目撃情報を記録している。日本人の生存者の話でも、それが原爆の恐怖であったことが確認されている。しかし、日本は公式には核爆弾のデマに従っている。

数年前、第二次世界大戦中の空戦記録が暴露され、広島原爆投下の日に、アメリカの66機の飛行機が「今治日本への原爆投下」のために送り出されたことが明らかになったのである。

しかし、4月26日と5月8日の2回の空襲で全滅し、小さな今治はもう存在していなかった。この日誌には、約55キロ離れた広島に投下された爆撃機が対象となっているが、これは死刑法の下(軍法会議)で公表されなかった。

​​広島・長崎の生存者の1990年の医療研究​​では、「壊滅的な核爆弾の放射線」から私たちが期待しているような目立った遺伝的損傷や癌の増加などは見られなかった。

「核兵器」がいかに馬鹿げたものになったかを示す1960年代初期のビデオ。米国大統領の弟ロバート・ケネディが、折りたたみ椅子に座って少し離れたところから「核兵器」の爆風を見ながら、30キログラムの小型の「大砲の砲弾に入った核爆弾」(アメリカ合衆国が開発した戦術核兵器システム「デイビー・クロケット」による)を見ている様子を映したものである。

合計10カ国が核兵器を持っていると主張しています。これは、世界の主要政府がどのように結託しているかを示す、実はこのデマの恐ろしい部分なのです。

最初に参加したのはスターリンのソビエト連邦で、利益を追求するアメリカの軍部によって密かに支えられていた。

ここで簡単に、「核兵器」デマの歴史を紹介しましょう。

1945年 - 米国は核爆弾を持っている

1949年 - ロシアは爆弾を持っている、ソ連のエリートは一緒に遊ぶための永久的な報酬を得た

1952年 - 英国は2等になりたくない - 英国は爆弾を持っている

1960年 - フランスは英国の2等ではないに困惑 - フランス&ドゴールは、爆弾を持っている

1964年 - メジャーリーグにアップグレードされた中国 - 共産中国は核を持っている

1966年 - イスラエルは1967年&1973年の戦争でアラブ人を脅迫するためにクラブに参加 - ユダヤ人は爆弾を持っている

1974年-インドは爆弾プログラムに「微笑む仏陀」というジョークの名前を与える-インドは爆弾を持っている

1979年-南アフリカの白人アパルトヘイト政権は取得する-白人レイシスト南アフリカは、黒人を殺すために爆弾を持っている...しかし、マンデラ&黒人政府が詐欺を見つける前に'爆弾を解体する'

1998年 - パキスタンはプレーヤーになる - パキスタンのイスラム教徒は爆弾を持っており、テロリストはそれを手に入れる可能性がある

2006年 - 北朝鮮は、アップグレードする - 北朝鮮は爆弾を持っている

新世界秩序が迫っている時期に、彼らはデマを止めようとしています。国連はすでに「すべての核兵器を廃絶する」ために動いています... ローマ法王は、おそらくエルサレムにいるでしょう。存在しなかったもの(核)を排除するのに貢献したことに誇りを持って微笑んでいるでしょう。

結論

確かに原子力は現実にあるし、核燃料製造の副産物である「劣化ウラン」を使ったタンク貫通兵器のようなものによる放射性物質中毒などの危険性もある。「核実験」は、通常の爆発物、化学物質、核燃料物質を組み合わせて、クレーターを作り、地震計に記録されたブームを作ることができます。

ICBMミサイルなどの核関連機器がどれだけ本物なのか、

あるいはこのような写真に写っている兵士がカートに積んでいる「爆弾」がどれだけ本物なのかは不明だが、このような人たちは本当に兵士なのか、それともただの役者なのか。重い爆弾を扱うタフな女性たち。

アメリカは7万発以上の核兵器を製造したと言われているが、そのうち現存するのは15%にも満たない。

核兵器の恐怖は、多くの目的を達成した。何兆ドルもの納税者の資金が、10の「核保有国」に流用され、軍備利潤家とその政治的友人たちのポケットに直接入り込みました。

あなたの社会全体と全世界を殺すことができるとされている外国の「敵」に対する「緊張戦略」の恐怖を煽っています。

核兵器への恐怖が生まれたのは、第二次世界大戦後、西洋世界の多くがキリスト教から離れていったのと同じように、核兵器への恐怖が生まれたのです。

人々がもはや「永遠の地獄」を恐れなくなったので、疑惑のある「科学」は、完全な破壊と恐怖の新しい恐怖を、心理的コントロールの道具として提供したのです。完璧なオリガルヒ(ユダヤ人富豪たち)のゲームです。
---

ジェームズ・Cからの最初のコメント
あなたのサイトは、真実を伝えています。私はこの記事が真実であることを知っています。私は1965年8月に広島にいました。

偽物の核爆弾からの放射線の兆候はありませんでした。私がいた頃には、街は原爆で破壊され、再建されていました。

私がいた頃のさらに20年前(1945年)にもし核爆弾が投下されていたら、放射線量が高すぎて誰も街に出られなくなっていただろうし、米軍も米海軍中尉の私を現地に行かせることはできなかっただろう。しかし、私は現場にいました。目撃者です、 残念ながら、我々は嘘の世界に住んでいます。悲しいことです。

​一応このようになっているけど、​


​https://www.komei.or.jp/km/hachijou-yamamoto-tadashi/2019/11/05/​

実は存在していない!?

コロナウィルスの世界だな、

​*スウェーデン技術者ビョークマンのサイトは必見、
No1とNo2があり、No1はでかすぎて翻訳不可ゆえNo2のみで、
http://www.heiwaco.com/bomb1.htm)Google訳、​​​​​​

追記)
【宇野正美講演会】これこそ恐るべき実験
​​​​14分の録音のみの抜粋だが、大変興味深い、

後半で、NHKスペシャルが取り上げられ、
8/6広島原爆投下直後

日本中から、数百人いやもっとか、医師が駆けつけ
被災者を横目に、ひたすら写真と記録が取られた事、

2ヵ月後、進駐軍が来た時、データはすべて献上されたと、

このデータ献上の事実自体は、サリン事件時も一緒で、
あの地下鉄駅の真上にあった
聖路加病院が、被災者ほぼ全員の
被災/看護データを取り、米国に渡しているので、さもありなん、


聖路加病院が近いのでーー

*​1945年(昭和20年): 聖路加国際病院があることにより築地・明石町一帯は東京大空襲による爆撃を免れ、(一説には米軍が病院屋上より爆撃地点を確認したとの説がある。)、日本の敗戦後には占領米軍に接収され、1955年(昭和30年)まで米軍極東中央病院として使用された。

問題は、原爆投下直後と言う箇所で、
これが意味するのは、放射線の影響はなかったと取れるが

追記2)を見ると、
その後入ってきた人に「放射線病」が多く見られ、とある故、
影響がすぐに消えると聞かされていて、
それで安心して現地入りしたと解釈でキソー、

おそらく後遺症に悩んだかも、マスタードガスで、

追記2)
記事の追加コメントから、
イルミナティのデマ?核爆弾は存在しない Google訳
(下記はDeepL訳で)

マイケルからの最初のコメント

ブラバンティアン氏の核兵器詐欺に関する記事を掲載していただきありがとうございます。多くの有効な指摘をしているが、その中には重要な部分を見逃しているものもあります。

​​​私がこの1年半にわたって詳細に調査してきた重要な要素は、広島と長崎でナパーム(通常の爆薬と同様に)だけでなく、毒ガスも使用されていたことです。目撃者の報告書には、広島に初めて入った西洋人ジャーナリストのウィルフレッド・バーチェットを含め、毒ガスについての直接的な言及が数多くあります。
https://assets.cambridge.org/97805217/18264/excerpt/9780521718264_excerpt.pdf(
このページを訳す

「広島の子どもたち」children of hiroshimaという本
https://archive.org/details/childrenofhirosh0000unse_y3g5
は、学童時代に被爆を経験した102人の目撃者の証言を集めたもので、そのうち13人が明確に毒ガスについて言及しています。いくつかは親族の死因として直接毒ガスを引用しています。

私は訓練を受けたMD/医学博士であり、過去18ヶ月間、この問題に関する科学的・医学的文献を調べてきました。私は以下のことを証明する明確な証拠を集めました。

1.両市で放出されたのは少量の放射能(原子炉廃棄物の可能性が高い)のみ。

2.被爆者の中には、「放射線病」やがん、白血病など放射線の影響で予想される長期的な影響を受けた人が多数いるが、その分布は原爆の本来あるべきストーリーと整合性が取れません。

と言うのも、

a) 「理論的には致死的な放射線」を浴びた(ことになっている)多くの人々は、(実際は)無傷(unharmed)であった。このことは、プリンストン大学(イェール大学)とハーバード大学の医学専門家であるオウターソンとウォーレンの報告書で認められています。

その引用から:
致死量の放射線を理論的に被曝した人々に放射線の影響が全くないことを説明するのは難しい。それは「難しい」のではなく、厳密には不可能です。」

b) 致死量の放射線が放出されたのは爆発の間だけであったはずです。それにもかかわらず、その後都市に入ってきた多くの人々が「放射線病」にかかり、場合によっては致命的な結果をもたらしました。(放射線病と毒ガスの症状が似ている!?)

3. 医学的な観察結果は、ややまばらな文献から得られる限り、マスタードガス(ナパームと同様に)の使用で説明できます。米国は、マスタードガスを充填した M47爆弾Wikiを訳す)を実際に備蓄していた。このことは、バーチェット(上記参照)などによる直接の観察とも一致しています。

KKからのコメント

以下のサイト ( heiwaco. tripod.com このページを訳す) をお勧めします。このサイトでは、核兵器の詐欺や「人類宇宙旅行ショー」など、興味深いことがよく説明されています。核兵器詐欺は、「冷戦」の脅威・恐怖を生み出すために生まれたものであり、その主な恐怖は核兵器でした。(以下略)







最終更新日  2020年07月16日 12時45分41秒
コメント(11) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.