22726197 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

天の道@ Re:続々)歩く男(09/15) その道は光輝く 虔十公園林 宮沢賢治 <…
tt555@ 増田幸雄さん 情報ドーもです、 ターナー記事から: AN…
増田幸雄@ Re:ピーチとANA(09/16) 貴記事のタイトルとは関係なのですが、と…
天の道@ Re:エネルギーは実は無限(09/12) 白隠禅師の「水の中にいて、渇を叫ぶがこ…
いつも素晴らしい記事ありがとうございます♪@ Re:バイク事故が倍増(09/14) 常時マスク着用している人がかなりいます…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年08月03日
XML
カテゴリ:ミニストリー
惑星Xと​​ロバート・ハリントン博士(50)の謎の死の続きで、)

惑星Xに関し、ゼカリアシッチンも登場するが、

二人に共通しているのは、Wikiの評価が散々で、
メディアから非難轟々であること、

俄然、信憑性が高まる、

​プラネットXとロバート・ハリントン博士の謎の死
2008年5月22日 YOWUSA.COM DeepL訳

アメリカ海軍天文台の主任天文学者ロバート・S・ハリントン博士は、惑星Xが太陽系に接近しているという事実を公表する前に亡くなった。


​http://www.yowusa.com/planetx/2008/planetx-2008-05b/1.shtml​

多くの人が彼の死を隠蔽工作の一部だと感じています。政府機関が、歴史上最も地球を震撼させる発見を隠蔽するために、迅速に動いたと。

もしそうならば、真実の探求は、ニュージーランドで始まります。

1991年、アメリカ海軍天文台の主任天文学者であるロバート・S・ハリントン博士は、小さな8インチの望遠鏡でニュージーランドのブラック・バーチに行きました。

R. S. ハリントンによる惑星Xの位置 1988年10月 (PDF)


​http://adsbit.harvard.edu/cgi-bin/nph-iarticle_query?bibcode=1988AJ.....96.1476H

しかし、以下のソースは、ハリントン博士が40度ではなく30度を予測したことを引用しています。

インデペンデント紙、1990年9月18日イギリスの新聞の引用

​ハリントン博士は、惑星Xについて予測された最も注目すべき特徴は、その軌道が黄道から30度離れて傾いていることであると言う、これまでの全ての探索が集中していた太陽系の主面から。彼のモデルはまた、太陽からのより大きな距離、約100億マイル、または冥王星の2〜3倍の距離を予測しています。​

有名な冥王星の発見者であるクライド・トンボーによって考案された「瞬き比較」技術を用いてコマ撮り写真を分析することによって、ハリントン博士は、惑星Xが実際に我々の太陽系に入ってきたことを証明しました。

ハリントンは、この不吉な発見の報告を送り返しましたが、彼が望遠鏡を荷造りし、非常に宣伝された記者会見を開くために帰宅する前に、食道癌と報告されていたもので死亡しました。

以下のソースによれば、ハリントンがブラック・バーチでの探索を始めたのは、彼が亡くなる2年前の1991年4月のことです。しかし(2年間の滞在は)、非常に大きな干し草の山の中から遠くの針を見つけようとする痛みを伴うプロセスを考えれば、2年という時間は決して長くはありません。

インデペンデント紙、1990年9月18日イギリスの新聞の引用

4月(1991年)、ニュージーランドのブラック・バーチ天文台で新しい大捜索が本格的に始まります。トムボー氏が使用したのと同じような8インチの望遠鏡で、ケンタウルス座の北側を調べます。連続した夜に撮影された同じ地域の空の写真のペアがワシントンに送られます。ハリントン博士は、2枚の写真を比較する装置である瞬き比較器を使って、2枚の写真の間に移動したかすかな物体を見つけたいと考えています。(新聞記事引用ここまで)

以下の事実を考慮してください。

1)ハリントンの発見を公表することは、世界の社会的、政治的、経済的安定性に大きな脅威をもたらします。

2)奇跡的に肉体的に厳しい遠征に出かけ、集中的な天文学的作業を行っている間に、急速に発症した癌に特徴的な痛みと衰弱の急激な影響を受けて、数日のうちに癌に罹患して死ぬということは、極めてあり得ないことである。

彼の死亡記事より:
ロバート(ボブ)ハリントンは1993年1月23日、短い間ではあったが、食道癌との闘病生活の後、亡くなりました。彼には妻のベティ、2人の娘、妹、そして両親が残されています。

3)ハリントン博士は惑星Xが太陽系に接近しているという事実を公表する前に亡くなりましたが、米国海軍天文台は、NASAと同様にそれを知っていたにも拘らず、これら政府機関は、歴史上最も地球を揺るがす発見を隠していました;(これは、このライターが1週間かけて反対意見の情報をインターネットで検索しましたが、何も見つけられなかったので、真実のようです)。

4)さらに、ハリントン博士の死亡記事を出版する際に、アメリカ海軍天文台は、ハリントン博士の最後の業績について、「彼の晩年に、ハリントン博士は、"惑星Xのための2世紀に及ぶ天文学的な検索に興味を失っていた”」と明らかな嘘を述べました。

死亡記事では、次のように述べていました。

「太陽系の安定性に関する考察は、ボブ(ハリントン)を衛星の動的進化の研究でT.C. Van Flandernと共同研究するように導き、最終的には、冥王星を越えて存在し、天王星と海王星の軌道での小さな、説明されていない残留物の原因であると推測される "惑星X "の探索へと導いた。しかし、彼のキャリアの後半で、ボブは、そのような天体にかなり懐疑的に見えました。」

5)惑星Xの接近についての秘密は、彼の晩年のハリントンの興味に言及しないことによって、うまく達成されたかもしれません; が一体全体なぜ彼らは、このような嘘を作り上げたのでしょうか? 彼等のずるがしこさ、脳の低信頼性は、国家情報機関の内部に根付いています。

6)ハリントン博士の惑星Xの探索における同僚、トム・ヴァン・フランデルン博士は、惑星Xの接近についての彼の肯定的な発言を逆転させ、この問題について奇妙に沈黙しました。メタ研究紀要4:3 (1999年9月)の中で、彼は述べています。

"さらに3つの海王星を越えた物体は、海王星を越えた領域に第2の小惑星帯が存在することを確認しています。これは、おそらく、仮説の惑星Xが、現在、完璧な惑星ではなく、小惑星帯(AsteroidBand集団)であることを示している。"

7)1983年12月30日に、ワシントン・ポスト紙は、赤外線天文衛星によるこの全く同じ天体の発見を発表する一面記事を発表し、それを「巨大な惑星木星と同じくらいの大きさの天体で、太陽系の一部になるほど地球に近い可能性がある」と述べました。以下は、そのレポートからの抜粋です。

ワシントン・ポスト、1983年12月30日
木星と同じくらいの大きさの可能性

この謎の天体は、赤外線衛星が昨年1月から11月にかけて北の空をスキャンした際に2回観測されていますが、その際には、赤外線衛星の望遠鏡が天空で最も冷たい天体を見るための超低温ヘリウムを使い果たしてしまいました。

2回目の観測は、最初の観測から6ヶ月後に行われ、謎の天体がオリオン座の西端近くの空のスポットからその間に移動していないことを示唆した。

"これは彗星ではないことを示唆しています。惑星が500億マイルほど近ければ移動したかもしれませんが、もっと遠くにある惑星で、半年後には移動していない可能性もあります "とHouck氏は述べています。

もし巨大な惑星とその側近が四半世紀前に太陽系に接近していて、メディアがそれを隠蔽することを選んだとしたら、このレッキング・ボールは突然シャボン玉になってしまうのでしょうか?

それとも、権力者達の恐怖に満ちた沈黙は、彼らが社会的、政治的、経済的支配の帝国を、可能な限り長く守るために、精巧な地下都市に潜り込む前に、神の約束された怒りを生き延びるために、希望に満ちた試みをしていることを暗示しているのでしょうか?

(*以下は繰り返し記されている、強調のため、)

以下の多くの事実を考慮してください。

1) ハリントンの発見を公表することは、世界の社会的、政治的、経済的安定性に大きな脅威をもたらすでしょう。

2) 肉体的に過酷な遠征や集中的な天文学的作業を奇跡的にこなしながら、急速に発症した癌に特徴的な痛みと衰弱の急激な影響を受けて、数日のうちに癌に罹患して死ぬということは、極めて考えにくいこと。

3) ハリントン博士が惑星Xが私達の太陽系に接近しているという事実を公表する前に死んだにもかかわらず、アメリカ海軍天文台は、NASAと同様にそれを知っていましたが、これらの政府機関は、歴史上最も地球を揺るがす発見を隠していました。

4) 更に、ハリントン博士の死亡記事を出版する際に、アメリカ海軍天文台は、ハリントン博士の最後の業績について、「彼の晩年に、ハリントン博士は、惑星Xのための "2世紀の天文学的な "捜索に興味を失っていた」と述べて、むやみに嘘をつくことにしました。

惑星Xの接近についての秘密は、彼の晩年のハリントンの興味に言及しないことによって、うまく達成されたかもしれません; それなのに、なぜ彼らは、この嘘を無目的にでっち上げたのでしょうか? 
彼等の脳の(低)信頼性は、国家情報機関の内部に定着しています。

5) 惑星Xの探索におけるハリントン博士の同僚、トム・ヴァン・フランデルン博士は、惑星Xの接近についての彼の肯定的な発言を反転させ、この問題について奇妙に沈黙しました。

6) 1983年12月30日と同じくらい昔、ワシントン・ポスト紙は、赤外線天文衛星によるこの全く同じ天体の発見を発表する一面記事を発表し、それを「巨大な惑星木星と同じくらいの大きさの天体で、恐らく私達の太陽系の一部になるほど地球に近い天体」と呼んだ; しかし、この偉大な科学的発見は、ニュースメディアが全く沈黙したので、過去四半世紀にわたって知られていない。

もし巨大な惑星とその側近が四半世紀前に太陽系に接近していて、メディアがそれを隠蔽することを選んだとしたら、この大惨事は突然シャボン玉になってしまうのでしょうか? それとも、権力者達の恐怖に満ちた沈黙は、社会的、政治的、経済的支配の帝国を、可能な限り長く守るために必死になっていることを暗示しているのでしょうか?

以下は書籍と動画の紹介、

私達の政府は、どのようにして惑星Xの到着を知らせるのか
ボブ・フレッチャー、調査官


​GO!​

Planet X System Update No. 1 - HD(動画38分)


​https://www.youtube.com/watch?v=64Abxjn1FiM​

この動画は、惑星X系の概要、それが太陽系をどのように移動するか、そしてなぜ私達がいつも太陽の近くで、私達の背後ではなく、太陽の近くで観測しているように見えるのか、それに加えて、アラスカ湾とメキシコ湾に位置する海洋ブイによって捉えられた惑星X系の3つの惑星の最近の観測を紹介しています。

参考)
Best Nibiru Observation for 2018 – 11/16/18 Over Russia(動画)







最終更新日  2020年08月03日 13時01分33秒
コメント(3) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:惑星Xは近づいている(08/03)   風光波 さん
tt555 さん いつも有益な情報ありがとうございます。

最近の惑星Xの話題で、一つ思い出した記憶があります。

2011年 東北大震災 (いわゆる 福島311の時の出来事です)
連日 311の発生と余震が日本樹に蔓延していた時の出来事のなかで、このときも惑星Xではないかと言われる惑星が太陽系に侵入してかすめるように出て行った事件がありました。
結局それは 彗星 elenin と名付けられた 彗星で、惑星Xと同じような軌跡を通過して消えさった惑星でした、

当時、311はこの惑星と地球と太陽が一直線状の時の発生したような誘導がなされました。(その後、そのような関係性は無いと言えないがもっと他の原因があったことは周知の事実ですが)


その時の メモが機が残っていましたのでここに記入します。(その正確性は定かではありませんが、当時言われていたものをメモしたもの不正確かもしれません)

---

惑星名 「 Elenin 」 C/2010 X4
現在は C/2010 X1 (Elenin) https://en.wikipedia.org/wiki/C/2010_X1_ (Elenin)

20100904 発見 太陽系付近で発見 当時は発表されていた。

2011年03月11日 elenin 地球 太陽 一直線通過

2011年08月03日 最接近 2011年11月17 地球 通過

2011年08月18日 2011年10月16日-20日 金星 通過

2010年11月23日 火星 通過

マヤカレンダー 2011年10月28日


※ この時期だったと思いますが NASA STEREO Behind の太陽観測衛星イメージ画像に多数の未確認物体が多数発見されたのがこの時期の前後ではなかかったかと記憶しております。

------

注目したいのが この日付けが新型コロナ発生時期と、今 話題の惑星Xの接近する可能性の話題に時期と類似しているのではにかと思ったからです。

311での甚大な被害でのショックドクトリンのあとの天災は、新型コロナのタイムラインに酷使しているのではにか。また、そう仮定したた時には、上記の日時付近で何か起こることを事前シュミレーションしていたのではないかと妄想したりもします。この数字を見るに付今回の新型コロナの関連性に何か意味ありで 胸騒ぎする字面です。 (2020年08月03日 21時37分43秒)

風光波さん   tt555 さん
こちらは少し気に留めています、

7月に目撃された火球由来の隕石、2つ目を発見 千葉県船橋市で
2020年8月3日 20:34 
https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_nl_20200803132/
火球は7月2日2時32分ごろ関東で目撃され、千葉県習志野市に落下。同館は分析した結果「隕石」だったと発表していました。

 2つ目の隕石は志野市の隕石(仮称:習志野隕石1号)発見地から約1キロ離れた地点で発見。7月22日にアパートの屋根瓦が割れているのが発見され、その修理の際に割れた瓦と一緒に駐車場近くの地面に破片が落ちていたといいます。国立科学博物館でガンマ線の測定を行って宇宙線生成核種を検出し、隕石であることを確認したとしています。

ひょっとすると、これが惑星Xの日本到来1号だったり、
今後の落下隕石に注目ですね、

(2020年08月04日 00時40分03秒)

Re:惑星Xは近づいている(08/03)   風光波 さん

仰るように、これもどうなんだろうと、気になっていました。

「2020年8月3日、ネットワークは6つの火の玉を報告しました。」
と報告しています。
https://spaceweather.com/archive.php?view=1& ;day=03&month=08&year=2020

地球。惑星接近通過は 8月が9個 9月が7個は予定されている。これが今後変化していくかどうか発表を見ています

また、5000年に一度の彗星が現在 北西方向地変遷上に肉眼で見えるとラジオ番組で発言なさっている方もいらしゃる。
https://spaceweathergallery.com/

今後ここの投稿も注目して夜空を見ています。

今宵は満月、見事な月をみていると、平安や奈良鎌倉の先達たちはどのような思いで見ていたのだろうとも思いをはせる時もあります。 (2020年08月04日 10時03分51秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.