23866959 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ ホジュンさん +環境論(べシャン)から、  - 微生物は…
ホジュン@ Re[13]:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08) うーん… マジョリティが非ワクチンなんで…
tt555@ ホジュンさん 今年の供給数は3340万本で <small> <a hr…
ホジュン@ Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08) 先日質問させていただきました。確かに枠…
tt555@ リーモスさん バチカンって、悪の巣窟ですよ、 「バチ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月11日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​デボラのサイトから、(途中までしか見ていないけど、抜粋で)

​北米に対するロシアの電磁波による気象兵器の歴史、


Russian Weather Engineering over North  America 1985 to Present Day How it's done

​​​(コー言うの初めて聞いた、)

1984/4/9、東北沖での出来事、
海上で爆発的噴火発生、

噴煙は直径は150マイル(240km)、1.8万mまで急上昇、
近くを747が5機飛行中で、一機はB52経験の操縦士だった、

​爆発に伴い、きのこ雲が発生、
パイロットは、即、核爆発と思った、それも、過去最大の、

​​衝撃波に備え、酸素マスク着用、
しかし衝撃波はなかった、

フラッシュ(閃光)もなかった、
これは冷たい爆発だった、

電磁波で爆発を起こす方法、

2方向から低電位のレーザー照射すると、
その交差ゾーンで電磁爆発が起こる、

が負のエネルギーで、引き込む形となり、
(急速に水蒸気を吸い上げ、)
熱は発せず、冷たい爆発となる、

高電位レーザーの解説はなかったので省略、
おそらく、上の逆かと、

参考)

https://essentia.ca/wp-content/uploads/2019/07/Pulsor-Bearden-Theory-of-Pulsor-operation.pdf

​エネルギーの交差点と言うのは、
イロイロ起きソーで大変興味深い、​

これはソ連によって、広くテスト/採用された、

レーザー物理学者の友人いわく、実験室で再現が可能、
小容量(ミリワット)のレーザーを皿の水上に当てると、

冷たい爆発が起こり、きのこ雲が発生する、
---------

上の解説で興味深いのは、
レーザーで、冷たい爆発が起こせること、

水上(水中)で爆発起こすと、
フラッシュのない(熱のない)、きのこ雲発生、

地殻内で起こすと地震発生、

ソ連では60年代から、使用されているというが、
きのこ雲=核爆弾と言う方程式が崩れてしまう、

​追記)
​元の動画サイトはこちら、
https://www.youtube.com/c/DutchsinseOriginal/videos
9/09/2020 -- Russian Weather Engineering over North America

​オリジナルの解説DVDが出ている、

http://www.cheniere.org/video/sovietweathervideo.html

紹介文を掲載、(機械訳)

トム・ベアデン氏による1985年のプレゼンテーション
62分 - DVDビデオ

天候が操作されているのであれば、気候変動にはもう一つの知られていない要素があります。

オリジナルビデオからデジタル化されたこのDVDでは、トム・ベアデン氏が、「従来の」科学のギャップが、ソビエト連邦が「本物の」電磁科学の豊かさと拡張電磁科学を利用して、アメリカ上空の天候を操作するための、目に見えない無音の兵器を作り上げることを可能にしたことを、複雑に詳細に説明しています。

トムによると、米国上のこの気象工学は、1966年頃に始まり、1983年に米国全土の彼らのスカラー電磁干渉パターンの活性化で完全な効果に展開され、悪名高い「ウッドペッカー」グリッドのオーディオ信号によって前触れがありました。

これらの遠隔に誘導された干渉地帯は、高気圧又は低気圧地帯を作成するために使用されるエネルギーセルを作成しました。

これらは、ジェットストリームを指示し、捕獲し、制御することができ、それは、例えば、太平洋の上空からの水を巻き込み、それを分配することができます。

カナダから移動してきた寒気が混ざっていると、雪や氷の嵐が発生します。さらにカールが加わると、竜巻が発生するなどの現象が起こります。

科学の先生であるトムは、この講義の中で、自然のスカラー干渉帯が遠距離で地球ストレスライトの形でエネルギーを生成していることを指摘しています。

これらの光の玉は、アメリカだけでも1200箇所以上で発生しています。ですから、この現象の兵器化は空想的な概念ではありません。

現役の米軍将校だったトム・ベアデンは、主に他国からの脅威に焦点を当てていましたが、1985年にここで概説された物理的な原理が、他国によっても採用され、強化される可能性があることを理解するのは想像の域を超えていません。

「テロリストは、電磁波を利用して気候を変えたり、地震や火山を遠隔操作したりするエコ型のテロリズムにも取り組んでいる。」-->1997年4月、サム・ナン元上院議員主催のテロ対策会議でのウィリアム・コーエン国防長官の言葉。







最終更新日  2020年09月12日 01時25分48秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.