22949904 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) New! tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…
バオさいたま@ Re:4Gの開始で始まったインフル増大(10/21) いつも楽しみに拝読しております。 「Gの…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月12日
XML
カテゴリ:ミニストリー
先ほど、E=MC2のコメント頂いた、

アインシュタインの相対性理論の式で、
エネルギーEは、質量M(光速Cは定数)に依存するだが、

モノはエネルギーの塊、
モノを作るにはエネルギーが必要、と読める、

このエネルギー(見えない世界)をどの様に得るのか、

以下、参考で、

IF YOUR MAIN INTEREST IS CUTTING CAR FUEL COSTS
このページを訳す(Word文書)

このWebサイトの目的は、非常に興味深い特性が示されているデバイスのシリーズを紹介することであり、一部のデバイスは(誤って)「永久運動」マシンと説明されています。

周囲がよく言うこと「永久的な動きは不可能!」でしょうか?​

岩層の分子内の電子は、何百万年もの間停止することなく着実に軌道を回っています-がどの時点で、それらが永久に動いていることに同意しますか?

では、なぜ電子がエネルギーを使い果たして、停止するまで減速しないのでしょうか。

量子力学は、宇宙がエネルギーの沸騰する大釜であり、粒子が飛び出しては、再び落ちていくことを示しています。

E = mC2 であることを知っているので、あらゆる形態の物質を創るには、非常に大量のエネルギーが必要であることがわかります。


科学者達は、もしそのエネルギーのごく一部を利用できれば、私達は生涯にわたって自由エネルギーを持つことになると述べています。

エネルギー保存の法則、そのシステムに投入されるよりも多くのエネルギーをシステムから取り出すことができないこと、が事実であれば、確かに正しいでしょう。

しかし、これは、システムに投入した以上のエネルギーをシステムから得ることができないという意味ではありません。

一つの例は、太陽光の下での太陽電池パネルです。


​https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1142096.html​

パネルから電力を得ますが、太陽光をパネルに入れません。

太陽光は自然に届きます。この例は、太陽光がソーラーパネルに自然に届くのを見ることができるので、単純です。

ソーラーパネルの代わりに、たとえば電力を放出する(量子力学的)エネルギーの一部を吸収するデバイスがある場合、それはドーでしょうか?

ほとんどの人は「はい、それは不可能です!」と言います。

しかし、この回答は、私たちがこのエネルギーの海を見ることができないという事実に基づいています

テレビの送信信号が見えないため、テレビが機能しない可能性があると言うべきでしょうか。

多くの人々がこのエネルギーを利用するための装置やアイデアを生み出しています。

このエネルギーは、システムの温度が絶対零度まで下がったときに残るエネルギーであるため、「ゼロポイントエネルギー」と呼ばれることがよくあります。

このプレゼンテーションは、この分野ですでに達成されていること、つまり実行に必要な電力よりも多くの電力を出力するデバイスに関する紹介情報です。

これは、エネルギー保存の法則に矛盾するように見えますが、矛盾していません。ゼロポイントエネルギーフィールドを考慮すると、これを確認できます。

このWebサイトの資料には、図、写真、説明、Webサイトへのポインタなど、30以上の異なるデバイスが記載されています。

一部のデバイスは電子回路の理解を必要とするため、電子機器も提供されます。これにより、電子機器の知識がなくても、これらのデバイスで使用される回路の種類を読み取り、理解、設計、および構築できるレベルにまで達します。

これは非常に興味深い分野であり、「絶対不可能だ」という気持ちを乗り越えると、トピックは非常に面白くなります。

風圧がサイクリストの呼吸を妨げるので、15mph以上でサイクリングすることは不可能だと以前に言われました。

そのようなタイプの「科学」専門家と一緒にいたいですか?

楽しい事実を発見してください。

​コーいう事実は、NWO管轄の学校では教えてくれない、​

ニュートン力学、アインシュタインが闊歩するので、
科学の発展性はまるでなし、

自分は石油会社にいたが、石油は有限資源であるが原則、
(実は無限で、鉱物資源として湧き出てくる、)

デボラは、水は有限と言うのは虚偽で、無尽蔵に近いと、
(井戸の重要性を彼女は説く、)​​​

エネルギー然り、


​​http://www.cheniere.org/books/efv/toc.htm​
真空からのエネルギー

私たちは、地球が浮かんでいる事実上無限のエネルギーの海の中で生きています。科学界では、この空間を「真空」と呼んでいます。

トム・ベアデンは、生涯をかけて、この「真空からエネルギーを取り出す方法」の研究と研究に取り組み、実際に真空を利用する方法を発見した発明家たちと協力してきました。

真空は、コップ一杯で世界中の海を沸騰させるほどのエネルギー密度を持っています。正統派の科学はこのことをよく知っています。中略

これらのフリーエネルギーシステムを開発し、どこにでも配備することで、中央集権型電力システムの戦略的脆弱性を根絶することができます。


​​http://www.cheniere.org/sales/buy-feg.htm​
フリーエネルギー創出

いくつかのバッテリーを同時に充電しながら、入力よりも多くの電力を出すことができます。
フリー・エネルギー・ジェネレーションは、ジョン・ベディニの1984年の古典的な本、ベディニのフリー・エネルギー・ジェネレーターの再発行で、証明されたフリー・エネルギー・ジェネレーターの構築についての「ハウツー」本で、回路と部品リストが付いています。

さようなら、エネルギー保存則、

目の前にある無尽蔵のエネルギーを利用しない手はない、​​​​​​







最終更新日  2020年09月12日 22時14分17秒
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.