22975011 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re:若さの秘訣フリーメーソン(10/25) かの若返り物資のテーマかと思いきや、あ…
御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月19日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​先ほど、フェイクなフェイクニュースで、

偽人工ウイルス記事をUpしたら、こちらも出てきた、

記事の内容自体は目新しいものではないが、
発信元がプロパガンダサイトDailyMailとなると別、

​https://twitter.com/HenryMakow/status/1307184787640156161​

機械訳で、

シェミラニは英国で最も危険な女性なのか?
2020年9月19日(土) Daily Mail 抜粋

停職中の看護師 ケイト・シェミラニは コロナの存在を信じていません。
その症状は5G携帯電話技術とリンクしていると言います...
そしてワクチンは我々のDNAを変える陰謀だと主張しています。

​​+サセックス州出身の4児の母は、英国の予防接種反対運動の新たな顔となっています。

+彼女は、規制に反対する抗議行動にデビッド・アイクとピアーズ・コービンと一緒に参加しています。

+今週末、彼女はトラファルガー広場の集会に登場します。

ケイト・シェミラニは、マスクの着用が義務付けられているにもかかわらず、誰も彼女のノーマスクに異議を唱えることなく、自信を持ってホテルに乗り込んできました。

ホテルの受付嬢がデスクの後ろから出てきた時には、54歳の看護師はすでにストラッピーな白いハイヒールを履いて廊下を駆け抜けていました。

もし彼女が止められていたら、どんな騒動が起こっていたのかは知る由もありません!?

世界的なCovid-19パンデミック(スカンデミック)についての彼女の見解を求めると、反ワクチンのシェミラニは率直に返事を返してきました。

ここ数週間で、イーストサセックス州出身のこの艶やかな4人の子の母は、英国の予防接種反対運動の新しい顔として浮上してきました。

先月末、彼女は陰謀論者のデビッド・アイクと元労働党党首ジェレミーの兄であるピアス・コービンと共に、コロナウイルスの規制とコビド19ワクチンの計画に反対する抗議行動に参加しました。

今週末には、トラファルガー広場で行われる別の集会にも登場する予定です。


​https://twitter.com/KateShemirani/status/1305878447676420097​

Covid-19は存在しないとシェミラニは言う。

その症状は、新しい5G無線技術の展開とリンクしている。パンデミックは存在しない、それは大衆をコントロールするための陰謀なのだと。

近々行われるCovid-19のワクチン接種は、実際には、人々のDNAにアクセスして変更するための政治的な手段であると。

彼女は、現在進行中の封鎖政策をホロコーストに例え、大衆が目を覚ますかどうかを尋ねています。

これらの突飛な主張は、7月に、誤った情報を広めたとして英国看護助産師協議会(NMC)が彼女の看護婦の資格登録を停止Facebook/Instagramのアカウント停止といった事態を招いています。

しかし、過去3週間で彼女のTwitterは3倍の伸びです。(中略)

新しいCovid-19ワクチンには、彼女が言うには、『米軍の「DARPA」技術を搭載した粒子が含まれていて、彼らは私たちの脳で起こっていることのあらゆる側面を見ることができるでしょう』と。私(記者)は目がクラクラしてきました。

大きな疑問は、一体誰がこんなことをしたいのかということです。

彼女の答えは、世界的な「プラン」、つまり強力なエリートがパンデミックを利用して新しい世界秩序を作り出すというものです。(中略)

イングランド公衆衛生局は「ただの犯罪者の集まり」である。Cancer Research UKは「ペテン師」であり、NHSは「新しいアウシュビッツ」であると。(中略)

今年の3月、地元サセックスのラジオ局Uckfield FMの「健康とウェルネス」で専門家として、彼女は20分かけてコヴィド19についてリスナーに「真実」を語りました。

彼女のこの放送の要約は(記者の私には)不可解です:
「私はCovid-19について話した。'中国の通信ネットワークによると、武漢は、2019年秋から5Gのためのテスト都市であったこと、中国では2019年12月に強制的な予防接種が施行されたこと'」

​リスナーからの苦情の後、Uckfield FMは上(Ofcom)から叱責され、謝罪の放送を命じられた。(以下略)

Daily Mailの記者も女性だが、
シェミラニ(元看護婦)を陰謀論者扱いしながらも、
よくここまで書いたと思う、

「5Gで何でコロナウイルスが出来るのよ!?」
「DARPAが私たちをコントロールするですって!?」

わからんだろうな、キット、

​​参考)
​エキソソームの補足(Dr.カウフマン)

コロナはただの5G


​コロナウイルスと電波病の症状は一緒​

ヒューマン2を作るモデルナワクチン

3コンポーネント:​
mRNAワクチン(DNA書換え、人間おしまい!)
ルシフェラーゼ(接種証明、666獣の印)
ハイドロジェル(送受信ジェル、コントロール用)







最終更新日  2020年09月19日 23時26分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.