22962915 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…
バオさいたま@ Re:4Gの開始で始まったインフル増大(10/21) いつも楽しみに拝読しております。 「Gの…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月24日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update
着々と進むワクチン調達、

https://www.astrazeneca.co.jp/content/az-jp/media/press-releases1/2020/2020080701.html
 アストラゼネカ、日本政府と日本国内における新型コロナウイルスワクチン
AZD1222の供給に向けて基本合意書を締結 2020年 8月 07日

​ 「ワクチンは、あなたに届くか?」<--NHKの見出し!?​


​https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/43732.html  2020年9月2日 特集記事 ​

いやみを言うつもりはないが、
アストラゼネカが2回目の重症者を出し、こけ始めている中、
コロナワクチン3社は総崩れの様相を見せている、

​​ファイザー元副社長の発言、


​https://twitter.com/HenryMakow/status/1308734314633461760​

ファイザー社の元チーフ責任者いわく、偽陽性のCOVIDテストで「セカンドウェーブ」を偽装し、「パンデミックは終わった」と、
2020年9月22日 hubpages Google訳 抜粋

製薬大手ファイザー社の元チーフ最高科学責任者は、「第2の波が起こることを示唆する科学は存在しない」と。

「ビッグファーマ」の内部関係者は、本質的に信頼性の低いCOVIDテストからの偽陽性の結果が「新しいケース」に基づく「第2波」の製造に使用されていると主張。

​https://hubpages.com/politics/Pfizer-Chief-Science-Officer-Second-Wave-Based-on-Fake-Data-of-False-Positives-for-New-Cases-Pandemic-is-Over​

ファイザーの元副社長兼科学責任者であるマイク・エイドン博士は、COVIDの検査の半分または「ほぼすべて」が偽陽性であると。

エイドンはインタビューで語った:   
「いつもテレビから得られるテストデータがなければ、何も起こっていないので、パンデミックは終わったと当然結論づけるでしょう。もちろん人々は、秋のインフルエンザの季節に移行して病院に行きます。しかし、第2の波が起こることを示唆する科学はありません。」(中略)

PCRテストのうち、世界中で広く使用されているCOVIDテストについて、エイドンは著書で次のように述べています。

"more than half of the positives are likely to be false, potentially all of them."「陽性の半分以上は偽である可能性が高く、潜在的にはすべて偽陽性です。(以下略)

​​PCR検査の陽性はすべては偽陽性!!

アララー、

インサイダー(副社長)の発言は強力、

次、​モデルナ(&アストラゼネカ)、

Modernaの幹部が株を投棄しているのには、正当な理由がある
​2020年9月22日に SOTN Google訳抜粋​

ジョセフ・メルコラ博士による分析

​http://stateofthenation.co/?p=29140​

要約で、

​+モデルナのフェイス1の治験結果では100mcg/回のワクチン投与で2回目の投与後に副作用率が100%であったにも拘らず、そのままフェイス3の評価に進んでいることが明らかになりました。

+モデルナは、そのワクチンデリバリーシステムの主要な特許に対する法的権利を有していません。モデルナはアービュートスバイオファーマが所有する脂質ナノテクノロジーの特許を無効化しようとしましたが、2020年7月末失敗に終わりました。

+モデルナの幹部はストックオプションを現金化し、1月以来、個人の利益で約9000万ドルを得ています。モデルナの2人の幹部は会社の持ち株をすべて売却、その顧問弁護士がほとんどすべてを売却しました。 ​

+アストラゼネカは、英国の参加者における「疑わしく深刻かつ予期しない副作用」により、フェーズ3ワクチン試験を一時的に中止しました。

+アストラゼネカは副作用の性質を明かしませんでしたが、匿名の情報筋は、試験参加者が横断脊髄炎、脊髄に影響を及ぼし、ウイルス感染によって頻繁に引き起こされる炎症状態であることが判明したと。(以下略)

モデルナは問題だらけ、

100%の副作用を放置して、フェイス3に進んでいる、
特許を失っている、(ワクチン競争に参加不可!)
自社株式をオプション含め、全売却、(株主の不信急増、)

アストラゼネカ然り、

Modernaワクチンと同様に、AstraZeneca / Oxford Universityワクチンも、驚くほど高い割合の副作用を伴うようです。

2020年8月15日に発表されたフェーズ1&2の結果は、明らかに参加者の大多数が副作用を経験したことを明らかにしました。(これは既報なので、以下略)

​マスコミは、内情を明かさないだろうが、
どこまで引っ張れるか、乞う、ご期待、

追記)
NYTの記事でさえ、すべてのCovidケースの90%が偽陽性であると報告されています!​ 2020/9/23 Jラポポート Google訳抜粋

最近のNew York Timesの記事は、米国のすべてのCOVID症例で最大90%が偽陽性であると書いています。

CDCは、COVIDによる死亡のうち、ウイルスによるものはわずか6%であると述べています。

これは何かが狂っています。

COVID is a data-driven operation, but suppose the data are wrong?
コロナはデータ主導型の操作です。がそのデータが間違っていたら?

簡単な例えを示します:

金持ちは、土地を購入して海岸沿いのコンドミニアムを建設したいと考えています。

現在、手ごろな建物があります。

金持ちは建物を買うことを申し出るが、頑固な所有者は拒否します。

ある日、建物の鑑定士が現れ、全面検査を行います。

鑑定士は20の法律違反を示します。

所有者は大掛かりな修理を迫られますが、金銭的余裕がありません。

それで、彼はその建物を金持ちに売ることに同意します。

しかし、地元の調査官が疑問を呈し、調べると、鑑定士は誤った法律適用で検査報告を改ざんしていました。

実際、法律違反はありませんでした。鑑定士は詐欺(犯罪)を犯しました。

米国司法省(DOJ)は、COVID感染者数と死亡者数詐欺(犯罪)の可能性に関心を持つべきです。

間違った感染者数/死亡者数でロックダウンさせたら、
そりゃ、正真正銘の犯罪(詐欺)だろ、







最終更新日  2020年09月24日 12時59分46秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.