22973869 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re:若さの秘訣フリーメーソン(10/25) New! かの若返り物資のテーマかと思いきや、あ…
御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月26日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​Update
ナールホド、​​

​​https://twitter.com/YoanaVega10/status/1308698850367098880

インフルワクチンを打ったのでインフルになった、
と言う人がいたら、それは間違っています、
正しくは​その人は毒化されたのです、

毒化された時の体の反応は、毒出しのため、病になることです
なぜなら、あなたは毒を注入されたからです、

接種後、​​インフルライクな熱や咳、だるさと言うのは、
一見、インフルにかかったかのように見えるが、)​
実は、体の免疫反応(排毒作用)がなせる業だったわけだ、​

​参考)​​
​インフル予防注射だけはやめた方がいい4つの理由​​

1.そもそもワクチン打って、インフルが治った事例がない!?
2.数あるワクチンの中で、インフルワクチンほど危険なものはない、

ワクチン後遺症の7割はインフルワクチンである、
3.ワクチンには約51ppbの水銀(防腐剤)を含む(飲料水許容量の25000倍)
4.副作用がひどい:ギラン・バレー症候群(*)、関節炎、胸痛、めまい、脳卒中、脳腫脹、麻痺(中風)、
​*ギラン/バレー症候群(Guillain-Barré syndrome)は、急性/多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が侵され、四肢に力が入らなくなる病気。

ワクチンのおさらい

アルミニウムホルムアルデヒド水銀グルタミン酸ナトリウム卵たんぱく質が含まれ、脳及び神経系統に悪影響を及ぼす、

アルミはワクチン効果の促進剤で、アルツハイマーの発症要因、
ホルムアルデヒドは殺菌/防腐剤で使用され、神経毒となる、
水銀(チメロサールに含有)は防腐剤で、水銀は脳に入りやすく、疲労、脱力感、過敏性、記憶喪失、うつ病、脳損傷、難聴、視力障害など、多くの神経学的問題を引き起こす、
グルタミン酸Naはワクチンの安定剤で脳の頭痛、片頭痛、筋緊張、しびれ、刺痛、全般的な衰弱、潮紅、動脈拡張、記憶の劣化、
MCR5も追加、胎児の細胞、他動物の細胞も、

ワクチンの誤情報って何なの?

18歳までに接種されるワクチン数が72回、この30年で3倍に増加、​
(*18歳は高校までの強制接種、)


1980年代、小児がん、糖尿病、自閉症、アレルギーなどほぼなかったのに、

​ワクチンのおさらい​

ワクチンと自閉症の因果関係の調査結果、

https://www.lostartsradio.com/articles/james-perloff-s-vaccination-visuals

​40年前の調査開始時、子供の自閉症の発症率は1/10000でした、
現在の発症率は
1/100です、何が違うのでしょう、
私が診てきた35000人以上の子供たちには誰一人自閉症患者はいません、
40年間Zeroです、
その理由は、他でもない、
一切、ワクチンを打たせていないからです、
ノーワクチン、ノー自閉症です、

インフルウイルスのパテント、​(*豚インフル)


https://www.lens.org/lens/patent/188-354-068-726-630

インフルワクチンのパテント、

https://www.lens.org/lens/patent/056-612-859-389-573

​マッチポンプの世界、


​https://snippits-and-slappits.blogspot.com/
​インフルワクチンが始まって78年、インフルは止まない、

インフルライクな症状は電波からも出る、​​

電磁波の生体への影響を考える(3)インフルエンザの症状は起きる​​​​​

​電磁波と化学物質と乾燥空気​

​3.呼吸器上部の乾き、呼吸困難
4.目の乾きと炎症
6.粘膜が膨張し(感染性ではない)、鼻、のど、副鼻腔、 耳が腫れる
7.インフルエンザに感染していないのに、症状が始まったかのような感覚​

​アストラゼネカ再び重症者​​

​ワクチン接種に関する意見書(抜粋)から、

ワクチンは以下のような成分でできています。それは公式文書(添付文書といいます)にも記載されている初歩的なことです。

・水銀
水銀は重要な神経毒であり、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。あらゆる金属の中でもっとも有害性の高いものが水銀であり、水俣病でその怖さはご存じの方もいるでしょう。この水銀は食べるのとわけが違い、食べるより格段に吸収されることになり、免疫の異常をもたらすこと、一番は脳に溜まり脳の異常をもたらすことがわかっています。

・アルミニウム
アルミニウムは骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。子宮頸がんワクチンをはじめとする最近のワクチンには、アルミニウムアジュバントが添加されています。アジュバントの代表格が水酸化アルミニウムであり、脳の運動ニューロン死滅作用が強いことがわかっています。

・グルタミン酸ナトリウム(MSG)
グルタミン酸ナトリウム(MSG)いわゆる調味料などに入っている成分ですが、各国で規制対象や自主規制の対象となっており、ワクチンに入っていると容易に脳関門を通り越し、脳に影響を与え、てんかんやけいれんや食欲中枢の破壊をもたらします。

・ホルムアルデヒド(防腐液)
ホルムアルデヒド(防腐液)はいわゆるホルマリンであり、発ガン性物質として有名な物質であり、シックハウス症候群などを起こす物質としても有名です。

・ポリソルベート80、ツイーン20など
ポリソルベート80、ツイーン20など、これは合成界面活性剤という物質です。水と油を混ぜるために使うのが合成界面活性剤の基本用途ですが、これは種々の場所で体のバリアを壊します。ポリソルベート80はメスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮を引き起こすことがわかっています。ネズミにおける注射部位のガンを発症することもわかっています。

・猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の胎児細胞や遺伝子、それから豚や牛から作ったゼラチンなど
細胞や遺伝子が入っているのはウイルスを培養するときに、このような動物性の細胞を使い、それがそのまま注射の中に入っています。本来私たちは肉や魚を食べますが、口から胃腸を通って吸収されるものはそんなに害はありません。しかしこれが注射として入ってくると本来の経路と違いますので弊害を起こします。

ワクチンは基本的に劇薬指定されています。

​追記)
インフルの空気感染詐欺って、日本でも明治からあるんだな、
​​

​​https://1.bp.blogspot.com/-_jB339Hww38/X27QXygB43I/AAAAAAAEFtA/65XIwtEBMGYHktFDJMa6MLrBUfHKTPy1ACNcBGAsYHQ/s878/VIRUS%2BMASKS%2B%252813%2529.jpg
(菌が漂っている絵がにくい!?)
パスツール以降、ばい菌がうようよしているので、
さもありなんか、
​​
参考2)

「ウイルスは感染する」神話






最終更新日  2020年09月27日 02時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.