22973818 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re:若さの秘訣フリーメーソン(10/25) New! かの若返り物資のテーマかと思いきや、あ…
御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月30日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​聞きなれない名前だが、サイバーリーズンと言うカンパニーがある、

イメージを掴むために、
ホイットニーウェブの7月の記事から機械訳で抜粋、

​その最大の投資家はソフトバンク
イスラエルのスパイにリンクされた技術会社が
どのようにして米国政府の最も分類されたネットワークにアクセスしたか​

​今月初め、MintPress Newsは、イスラエルの軍事諜報部隊8200の元メンバーが率い、イスラエルの軍事諜報機関とCIAの両方の元最高幹部と現在の役人から助言を受けたCyber​​eason社が主催した米国2020選挙のシミュレーションについて報告しました。
FBI、DHS、米国シークレットサービスの連邦当局が参加したこれらのシミュレーションは、選挙が惨事に終わり、Cyber​​easonの従業員が率いるハッカーのグループによって引き起こされた混乱により、選挙は最終的にキャンセルされ、戒厳令が宣言されました。以下略​

​Wikiからも、

概要:​サイバーリーズンは、イスラエルの情報収集部門である8200部隊でサイバーセキュリティに携わった3名の共同創立者が2012年に設立した。Cybereasonのプラットフォームには、世界で最も複雑なサイバー攻撃に対処してきた創業者たちの専門知識が生かされている。
サイバーリーズンのセキュリティプラットフォームは、エンドポイントのログを収集し、侵入したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知することができる、クラウド型のデータ解析プラットフォームである。以下略

要は、先日のブラックキューブと同じ、


5Gで注目の2つのブラックキューブ

8200部隊が動かすカンパニー、

と、​​大体のイメージがつかめたところで、​​こちら、

政府、サイバーセキュリティ対策に「ゼロトラスト」導入へ
2020年09月28日 07時00分 ITMedia
菅義偉(すがよしひで)内閣が掲げる行政のデジタル化に備え、サイバーセキュリティ対策を強化するため、政府が「ゼロトラスト」と呼ばれる新しいセキュリティ対策の導入を検討していることが25日、分かった。「不正侵入はあり得る」との前提で対策を講じる新たな考え方で、侵入を防御する従来の対策からの転換となる。

ゼロトラストは「信用しない」という言葉の通り、外部も内部も全てうたがってかかるという「性悪説」に基づいた考え方。具体的には全ての利用者や使われている機器を正確に把握し、常に監視・確認する仕組みだ。米Googleが今春にサービス提供を開始し、広く知られるようになった。


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/28/news051.html

​現状の政府のセキュリティ対策は「境界型」と呼ばれ、城の守りのようなイメージで、ネットワーク上に強固な壁を作り、ウイルスや不正なユーザーが入り込むことを徹底的に防御している。ただ、境界型は壁を一度突破されるとリスクは甚大で、内部犯行にも十分に対応できないといった弱点がある。

行政のデジタル化を進める政府としても、2021年早々にも、内閣官房の情報通信技術(IT)総合戦略室の事務局のシステムに一部導入して実証実験を開始。一連の取り組みは、21年創設を目指すデジタル庁に引き継がれる見通しだ。​以下略

他でもない、このゼロトラストの請負がサイバーリーズンだが、
笑ってしまったのは、上の記事のITMediaサイトのトップ広告が、
サイバーリーズンだったこと、​


​https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/28/news051.html​

​手回しがいいが、日本のオフィスも既に出来ている、

​サイバーリーズン公式ウェブサイト(日本語版)

ドーセ、マル投げになるだろうから、
デジタル庁はサイバーリーズンが動かすことになり、
実質、イスラエル庁へ、

​​画して、8200はお金をもらい、セキュリティー保護の名目で、
日本の全PC/データへのアクセス権を得ることに、​

国のデータもアマゾンが掌握するゆえ、

​ベゾフが豪邸を買ったわけ​

​国民/国家そろって、イスラエルの管理下へ、

めでたし、めでたし、

*余談になるが、
ホイットニーウェブの記事では、
このサイバーリーズン絡みで、
大統領選に一荒れありソーな予測を立てている、

「超党派」のワシントンインサイダーは、トランプが選挙に勝った場合、カオスの計画を明らかにする

​それと、ソフトバンクの暗躍も見逃せない、​







最終更新日  2020年09月30日 02時28分00秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.