22979560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

御足もとのMaria@ Re:若さの秘訣フリーメーソン(10/25) かの若返り物資のテーマかと思いきや、あ…
御足もとのMaria@ Re[2]:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) tt555さんへ 心情的には、そうは思いたく…
tt555@ 御足もとのMariaさん Upしときながら、自分で言うのも何ですが…
御足もとのMaria@ Re:RFケネディーの調査要請「ウイルスの起源は何か」(10/22) 日本で取り組んでいる議員は、他には 日野…
tt555@ バオさいたまさん >これが2020年に入ってピタッとなくなった…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年09月30日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​Update
昨日9/29、Drコワンの新刊がーー、

https://www.barnesandnoble.com/w/contagion-myth-thomas-s-cowan-md
The Contagion Myth: Why Viruses (including "Coronavirus") Are Not the Cause of Disease
​感染神話:なぜウイルスは病気の原因ではないのか

Overview
読者のために、トーマスS.コーワンMD、および共同著者サリーファロンモレルは質問します。

本当に「ウイルス」のようなものがありますか?

電気スモッグ(ケム)、有毒な生活条件、および5GがCOVID-19をもたらしているのではありませんか?

今日のCOVID-19のパンデミックの公式見解は、"危険な感染性ウイルス "です。

これは、世界の人々の大部分を自宅に隔離し、その感染拡大を抑制するための根拠になっています。

フェイスマスク、社会的距離を置くこと、抗ウイルス剤からワクチンに至るまで、これらの対策は、小さなウイルスが重篤な病気を引き起こす可能性があり、そのような病気は人から人へと感染するという前提に基づいています。

伝染性細菌が病気を引き起こすということを懐疑的な医学界に納得させたのはルイ・パスツールであり、彼の「細菌説」は今ではほとんどの病気の公式説明として機能しています。


​「細菌理論」と「環境理論」​

しかし、彼は個人的な日記の中で、彼の全キャリアの中で、細菌の純粋な培養物で病気を感染させることができたことは一度もなかったとはっきりと述べています(当時は明らかにウイルスを精製することができませんでした)。

彼は、伝染を証明するための努力はすべて失敗だったことを認め、「細菌でなく、環境がすべてである」という彼の有名な死の床での告白につながっています。

COVID-19の罹患率と死亡率の統計は信頼できるものではありません。多くの人々が、空気を吸うための喘ぎ声や「ぼーっとする」といった奇妙な症状を伴う奇妙な新しい病気が出現、何十万人もの人々が死亡したことは疑いの余地がないところです。

原因はウイルスではなく、現代特有の電磁波汚染ではないかと多くの人が疑っています。

今日、私たちの周りには、電線から冷蔵庫、携帯電話に至るまで、耳障りな周波数が重なり合って飛び交っています。

電信に始まり、世界中の電気、レーダー、電離層を破壊する人工衛星、そしてユビキタスWi-Fiへと発展してきました。この不穏な動きに最近加わったのが、第5世代ワイヤレス5Gです。

ベストセラー作家トーマス・S・コーワン、MD、およびサリー・フォロン・モレルは、COVID-19の真の原因に取り組みます。

2019年9月26日、中国の武漢で5G無線がオンになり(11月1日に正式に開始)、約1万本のアンテナ(全米に存在するアンテナよりも多くのアンテナが1つの都市に集中している)のグリッドを持つようになりました。

武漢では、5Gネットワークを利用した交通監視を開始した週の2月13日に患者が急増しました。その後、アメリカのすべての主要都市に5Gが設置され、病気が発生しています。

昔から、医学者や医師は病気の原因、特に「伝染病」と呼ばれる、同じような症状の人が同時に多数発生する病気について疑問を抱いてきました。

人類がこれらの病気に悩まされるのは、怒りに満ちた神や悪霊の手によるものなのだろうか?

大気の乱れや、伝染病なのだろうか?

私たちは他の人から、あるいは外部からの影響で病気にかかるのでしょうか?

私たちの自由への制限が続くにつれ、より多くの人々が、これが本当なのかどうか疑問に思っています。

生物として定義することさえできないRNAの断片のパケットが、このような大混乱を引き起こすことができるのだろうか?

もしかしたら、何か別のものが関与しているのかもしれません。自然のバランスを崩して、私たちを病気にかかりやすくしているものがあるのかもしれません。

パスツールが言ったように、「病原菌は何でもなく、環境がすべてである」のかもしれません。

本書はコワンの人生を掛けた一冊、


​https://drtomcowan.com/the-book-born-of-the-biggest-intellectual-challenge-of-my-life/​

​が、日曜日にメールが入る、

発売前にアマゾンで発禁扱いになったと!?

アララ-、

​翌日のメールで彼は言う(抜粋)、

Why Amazon Banned Our Book?
​世界最大の書店であるアマゾンが、私が友人のサリー・フォロン・モレルと共同執筆した新刊の販売を拒否したことは、すでにご存知でしょう。

「出版元の会社が出版中止を選んだ、と言って予約した人全員に通知を送ってきた、」とありますが、それは嘘です。

アマゾンの担当者が出版社に送ったメールによると、アマゾンは内容に異議を唱えたため、この本の出版を中止することにしたと。中略

一般的に、研究者は、病気の人からサンプルを採取、純粋なウイルスが得られるまで浸軟化し、ろ過し、遠心分離し、このウイルスを電子顕微鏡で調べます。

驚くべきことに、CDCの2020年7月号の39ページには、コロナウイルスの「分離株」が公表されていないことが認められています

同様にショッキングなことに、この新しいウイルスの分離と特徴付けに関する6つの最も重要な論文の著者は、すべて公に、そして文書で、このウイルスを精製も単離もしていないことを認めています

現時点では、このウイルスが存在するという証拠はなく、病気を引き起こすという証拠もありません。以下略

アマゾンは元々ペンタゴンの出資で始まった戦略的カンパニー、
それゆえ、公平性を期待すること自体、無理があるのだが、

丁度、昨日、
政府データを管理するアマゾンを取り上げたばかり、

​デジタル庁はイスラエル庁に

​発禁扱いくらいなら、まだましかもしれない、

追記)
コワンの動画(文字お越し):我々の本が検閲を受けた理由、

https://twitter.com/jimakudaio/status/1311100293556269057 >リンク







最終更新日  2020年10月01日 00時55分21秒
コメント(2) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.