23234466 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

sachi@ Re:女子会のテーマ(11/29) 参加したいです。
tt555@ バオさいたまさん 参考で、 <small> <a href="https://twit…
バオさいたま@ Re:Fakeコンビ(11/13) やっぱり。 顔にオバマ夫人と同じ強い線を…
しまきち@ Re:クラウスシュワブの活力の元(11/18) いつも勉強させて頂いております。Israeli…
みなるん@ Re:I will lay me down(11/17) >あなたを決して捨てたりはしない。まし…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年10月18日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​最近は、日米に宇宙軍が創設されたり、



https://grandfleet.info/japan-related/role-required-for-japanese-space-operations-squadron/

​空の彼方がせわしくなっているが​、
デボラのサイトから、宇宙計画が詐欺である証言、及び、
1959年デズニー映画で天候操作の解説がされている事実​、他、

​Dr Carol Rosin & Deborah Tavares talk Trump Space Force and Nikola Tesla Electromagnetic Weaponry

まず、デズニーの映画(1959)で、


​​Disney film from 1959 details weather control using chemtrails​

ハリケーンの勢力を弱める​設定で、天候操作が登場、

1)種(ケム)を撒く、(飛行機/打上げロケット、)
2)電波照射(加熱)で雲生成、拡大、
3)大雨にしたり、氷結剤を撒いて雪にしたり、
4)低気圧の卵(ハリケーン)も創れる、

​​但し、プロパガンダが一つあって、​

宇宙サテライトから天候操作の指令を出すと言うもの、

​と言うところで、その虚偽を指摘する次のトピックが、
Drキャロルのパワフル証言、​

現在74歳、数々の証言は米議会など公になされるも、
巷の情報発露が少ないのは、あまりにもズバリな証言ゆえ、

​​​​ネット上にインタビューの文字お越しがあったので貼り付け、

Dr. Carol RosinGoogle全訳はここ)​

以下DeepL訳の抜粋で、​

キャロル・ローザン博士は、フェアチャイルド・インダストリーズの初の女性経営者であり、晩年はヴェルナー・フォン・ブラウンのスポークスマンを務めました。

彼女はワシントンDCに「宇宙の安全保障と協力のための研究所」を設立し、宇宙を基盤とした兵器について何度も議会で証言している。

フォン・ブラウンは、地球外の脅威のでっち上げに基づいて、宇宙空間での兵器を正当化する計画をローザン博士に明らかにした。

彼女はまた、90年代の湾岸戦争のシナリオが計画されていた70年代の会議にも出席していました。(*この話題は長くなるので省略、)

CR: キャロル・ローザン博士
SG: スティーブン・グリア博士

CR: 私の名前はキャロル・ローザンです。私は、航空宇宙会社フェアチャイルド・インダストリーズの初の女性企業経営者となった教育者です。

私は宇宙・ミサイル防衛コンサルタントであり、多くの企業、組織、政府部門、さらには諜報機関にまでコンサルティングを行ってきました。

私はTRWのコンサルタントとしてMXミサイルの開発に携わっていましたので、その戦略の一端を担っていましたが、その戦略は、宇宙を舞台にした兵器をいかにして一般の人々に販売するかというロールモデルとなりました。

MXミサイルは、私たちが必要としなかったもう一つの兵器システムです。

私は、ワシントンDCに拠点を置くシンクタンク「宇宙空間における安全保障と協力のための研究所」を設立しました。

著者であり、議会や大統領の宇宙委員会でも証言しています。

私が1974年から1977年までフェアチャイルド・インダストリーズ社の経営者をしていたとき、故ヴェルナー・フォン・ブラウン博士に会いました。


​https://ronmamita.wordpress.com/2015/10/17/full-disclosure-nasa-face-mass-protest-amid-claims-of-criminal-fraud/​

私たちが初めてお会いしたのは1974年の初めでした。

当時、フォン・ブラウン博士は癌で死期を迎えていましたが、彼は私に、あと数年は生きて、今行われているゲームについて教示すると約束してくれました。

フォン・ブラウンは兵器システムの研究経歴を持っていました。

彼はドイツを脱出してこの国に来て、私が彼に会った時にはフェアチャイルド工業の副社長になっていました。

フォン・ブラウンの晩年、死期を迎えた時点での彼の目的は、
なぜ宇宙を舞台にした兵器が馬鹿げていて、危険で、不安定で、コストがかかりすぎて、不必要で、実行不可能で、望ましくない考えであるのか、そして、利用可能な代替案について、一般市民や意思決定者を教育することでした。

事実上、死に際のスピーチとして、彼はそれらの概念と、このゲームのプレイヤーが誰なのかについて私を教育してくれました。

彼は、自分が死にかけていたので、宇宙空間の兵器化を防ぐためにこの努力を続ける責任を私に託しました。

ヴェルナー・フォン・ブラウンが癌で死にかけていたとき、彼は私に彼のスポークスマンになって、彼が病気で話すことができないときに出てくるように頼みました。私はそれを実行しました。

私が最も興味深かったのは、彼と一緒に仕事をする機会を得た約4年間、彼が何度も何度も私に言った一言でした。

彼は、市民や意思決定者を教育するために使われていた戦略は、恐怖戦術を使うことだったと...それが敵を見極める方法でした。

ヴェルナー・フォン・ブラウンが教えてくれた戦略は、まずロシアを敵とみなすというものでした。

実際、1974年には、ロシアは敵であり、識別された敵でした。

私たちは、ロシアが「キラー衛星」を持っていると言われました。彼らは私たちを捕まえに来て、私たちを支配しようとしていると言われました。彼らは "共産主義者 "だと。

次にテロリストが恐怖候補として出てきました。テロリズムの話はよく聞きました。

第三世界の"気違い"を擁する国家は"懸念国家"と呼ばれます。しかし、彼はそれが第三の敵になると言っていました。宇宙兵器を製造する相手です。

次の敵は小惑星でした。この時点で彼は最初に言った時、笑っていましたが、小惑星に対して、我々は宇宙ベースの兵器を作るつもりです。

そして、最も面白かったのは、宇宙人、地球外生命体と呼ばれるものでした。それが最後の恐怖です。

私が彼を知っていた4年間、何度も、彼のためにスピーチをしていた時、彼は最後のカードを持ち出しました。

「キャロル、覚えておいてくれ、 最後のカードは エイリアンのカードだ、私達は宇宙に兵器を作る必要がある、エイリアンに対抗するために、全部、嘘だが、」

当時の私はあまりにもナイーブで、システムにかけられていた陰謀の深刻さを知るには、あまりにも甘かったと思います。が今、パズルのピースは定位置に収まり始めています。

私たちは宇宙をベースにした兵器システムを構築していますが、それは嘘であり、スピンです。

ヴェルナー・フォン・ブラウンは、70年代初頭から1977年に亡くなるまで、私にそのことをほのめかしていました。

彼が私に言ったことは、現在、加速的な努力が行われているということでした。

彼は時系列の話はしませんでしたが、誰もが想像できないほどのスピードで加速していると言っていました。

宇宙に兵器を投入する努力は、嘘に基づいているだけでなく、人々がそれを理解することさえできないほどに加速するだろうと言っていました。

フォン・ブラウンが私の目の前で死にかけていたとき、私が彼に初めて会った日、彼は脇腹からチューブが出ていました。

彼は机を叩いていた。「フェアチャイルドに来なさい」と。当時私は学校の先生でした。

彼は言った、「フェアチャイルドに来て、宇宙に武器を持ち込まないようにする責任がある」と。

彼の目は強烈だった。彼に初めて会ったその日に釘付けになった。宇宙兵器は危険で、不安定で、コストがかかりすぎ、不必要で、テストできない。最後に握られていたカードは、地球外生命体(の敵)のカードだった。

その言葉の激しさから、彼は怖くて口に出せない何かを知っているのだと気づかされた。

彼はそれについて話すのを恐れていた。彼は私に詳細を教えてくれなかった。もし彼が私に詳細を話してくれていたら、あるいは1974年の彼を信じていたら、私はそれらを吸収(理解)していたかどうかはわかりません。

しかし、あの男が知っていたこと、知る必要があったことは間違いない、と後になってわかりました。

ヴェルナー・フォン・ブラウンが地球外問題について知っていたことは、私の心の中に疑いの余地はありません。

彼は、なぜ兵器が宇宙に投入されることになったのか、その兵器を作ろうとしている敵は誰なのか、そしてそれらはすべて嘘であることを私に説明してくれました。

彼は、1974年に宇宙に兵器を投入する最終的な敵として、地球外生命体が特定されようとしていたことに言及しました。

彼が私に言ったことは、私の心の中に疑いの余地はありませんでした。彼は何かを知っていて、怖くて話せないことを知っていました。

ヴェルナー・フォン・ブラウンは、地球外生命体に関連して知っていた詳細については、いつか地球外生命体が敵として特定されようとしていることを除いて、私には一切話しませんでした。

私は約26年間、宇宙兵器の問題を追い続けてきました。将軍や下院議員と議論してきました。

議会や上院でも証言してきました。100カ国以上の国々の人々と会いました。

しかし、この宇宙兵器システムを実現させている人物を特定することはできませんでした。

私はニュースを見ています。行政上の決定がなされているのを見ています。それらがすべて嘘と強欲に基づいていることを知っています。

しかし、私はまだ誰が誰であるかを特定することができていません。26年間、この問題を追い続けてきたのに。

私は、大きな秘密が隠されていることを知っています。そして、国民と意思決定者が、これから真実を明らかにしようとしている人々に注意を払う時が来ていることを知っています。(以下略)

​フォンブラウンはオペレーションペーパークリップで、


​https://www.reddit.com/r/MilitaryHistory/comments/ack91v/operation_paperclip/​

ナチスから米国に亡命し、NASAの設立に貢献した人物、
(宇宙詐欺の元締めみたいな存在、)

彼の死に際に、胸の内にあった秘密を​、
Drキャロルに
伝えていたことは自分にとって初耳、

​宇宙防衛論で、仮想敵として扱われるポピュラーな4項目、

1)ロシア、
2)テロリスト、
3)小惑星、
4)地球外生命体、​

​それをすべて虚偽だと明言していたとは!?

人間、死に際になると、良心が鎌首をもたげるせいか、
ウソをついたまま、死に切れなくなる、
(はたまた、死を前に怖いものなし!?)

ダーウィンも死の床で進化論を否定、


​https://www.icr.org/article/did-darwin-renounce-evolution-his-deathbed​

パスツール然り、死に際に自分の細菌論の間違いを認めた、


​「細菌理論」と「環境理論」​

月に2番目に着いたとされるバズアルドリンも、88にて否定、

​​無重力とは水中でのことと知れり​

​​Drキャロルの今でも残る疑問に注目、

この宇宙兵器システムを実現させている人物を特定することはできませんでした。

​人物にこだわるから、わからない、
(彼らはエージェントに過ぎない、)

現在のコロナ詐欺も含め、その主体は一緒で、
デボラのことばを借りれば、スーパーブレーンをもつEntity、

目指すところは、地球外生命体の脅威論から、
世界政府軍の創設と世界統一政府(NWO)樹立、







最終更新日  2020年10月18日 22時21分07秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.