23874640 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ ホジュンさん +環境論(べシャン)から、  - 微生物は…
ホジュン@ Re[13]:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08) うーん… マジョリティが非ワクチンなんで…
tt555@ ホジュンさん 今年の供給数は3340万本で <small> <a hr…
ホジュン@ Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08) 先日質問させていただきました。確かに枠…
tt555@ リーモスさん バチカンって、悪の巣窟ですよ、 「バチ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年11月05日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​大統領選たけなわだが、

スターリンいわく、​

https://twitter.com/HenryMakow/status/1323962445879271424

​投票者が決めるのではない、集計者が決めるのである、

​それでもダメなら、実力行使あるのみ、


​https://twitter.com/HenryMakow/status/1323562712320909312
​Demonrats already conceding defeat
民主党は既に敗北を認めている!?

​既にシナリオがある、​

The Darkest Winter (2020)最も​暗い冬(2020年)
2020年10月28日 
Derrick Broze 抜粋
​https://theconsciousresistance.com/the-darkest-winter-2020/​

​​このメッセージは、来るべき米国の選挙、混沌と市民不安の可能性、あるいはコビド19の「第二の波」が人類の未来に何を意味するのかを恐れている人に向けたものです。

私たちは激動の年の最後の数ヶ月にいますが、前代未聞の出来事がさらに起こるかもしれません。2020年の選挙を間近に控え、一歩下がってプレデター級の潜在的な計画を分析することが重要です。具体的には、最近の政府のシミュレーションや演習の数々を理解することが重要です。

まず、イベント201として知られる演習を見てみましょう。

1年前の2019年10月18日、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターおよび世界経済フォーラムと提携し、イベント201として知られるハイレベルなパンデミック演習を行いました。イベント201は、地球上を席巻したCAPSとして知られる架空のコロナウイルスパンデミックに世界がどのように対応するかをシミュレートしました。(中略)

クリムゾン・コンタゴニアとクレイドX

クリムゾン・コンタジオンとして知られる別の演習は、中国に由来する呼吸器系ウイルスのアウトブレイクをシミュレートしました。

2019年8月13日から8月16日まで、トランプ大統領の保健福祉省(HHS)は、アレックス・アザール氏が率いる多数の国、州、地方の組織と提携して、この演習を実施しました。

2019年10月の報告書草案の結果によると、新型鳥インフルエンザ(H7N9)の蔓延により、1億1,000万人のアメリカ人が感染し、770万人が入院し、58万6,000人が死亡しました。

クレードXとして知られる別のシミュレーションが2018年5月に行われました。このイベントでは、Clade Xとして知られる架空のウイルスが放出された結果、パンデミックが発生した場合の対応を検証しました。(中略)

ダークウィンター(暗い冬)

ダークウィンター演習は、9・11同時多発テロのわずか数ヶ月前の2001年6月に行われました。

この演習は、メリーランド州キャンプスプリングスのアンドリュース空軍基地で行われ、数人の下院議員、元CIA長官、元FBI長官、政府関係者、報道関係者の特権階級が参加しました。この演習では、天然痘を生物兵器としてアメリカ国民に使用することをシミュレートしました。

ダークウィンター演習の間、当局は、イベント201のシミュレーションと同様に、「危険な誤報」と「検証されていない」治療法の拡散を阻止しようと試みます。

ダークウィンターはさらに、大統領が州知事の要請に応じて軍が法の執行者として行動することを可能にする「暴動法」を発動する可能性や、"戒厳令 "の可能性など、市民の自由の抑圧と除去についても議論しています。

台本によると、戒厳令は「集会の禁止、国内旅行の禁止、特定地域の隔離、人身保護令の停止[正当な手続きを経ずに逮捕]、法廷制度が機能不全に陥った場合の軍事裁判などが含まれるが、これらに限定されない」とのこと。

ここで重要なのは、「Dark Winter」は、ジョンズ・ホプキンス・センターの Tara O'Toole 氏と Thomas Inglesby 氏、国土安全保障分析サービス(ANSER)研究所の Randy Larsen 氏と Mark DeMier 氏が執筆・設計を担当したことです。

O'Toole 氏、Inglesby 氏、Larsen 氏は、2001 年 9 月 11 日以降に発生したとされる炭疽菌攻撃の対応に直接関与しました。これらの個人は、個人的にチェイニー副大統領に「暗い冬」について説明しました。

偶然にも、イベント201はジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが共催し、現在はダーク・ウィンターの共著者であるトーマス・イングレスビー氏が主導しています。Tara O'Toole氏は、Clade Xのシミュレーションでも重要な役割を果たしていました。

*要はシナリオ演出者が昔と同じと言うこと、

この演習の名前(暗い冬)は、ジョージ・W・ブッシュ政権の退役軍人であり、元軍事情報/諜報請負業者のロビイストでもあるロバート・カドルク氏の発言に由来しています。

台本の中でカドルクは、米国の国民に天然痘ワクチンが不足していることは、「アメリカにとって非常に暗い冬になる可能性がある」ことを意味すると述べています。(中略)

不気味なことに、2001年の演習におけるカドルク氏の発言は、最近、バイオメディカル先端研究開発局の前局長であるリチャード・ブライト氏によってほぼ一字一句繰り返されました。

ブライト氏は議会の前で演説しながら、「私や他の専門家が概説したステップの明確な計画と実施がなければ、2020年は現代史の中で最も暗い冬になるだろう 」と述べています。

ブライトは単に病気の人が増える可能性について懸念している科学者の警告なのかもしれませんが、彼の "暗い冬 "という言葉の使い方は無視できません。(中略)

2020選挙カオスがやってくる?

ボストン・グローブ紙は、移行統合プロジェクトTIPが6月に会合を開き、11月3日の選挙日から2021年1月20日の就任式までの11週間をシミュレーションしたと報じています。

演習では、「トランプ氏と共和党の同盟者は、郵政公社、州議会議員、司法省、連邦捜査官、軍といった政府のあらゆる機能を利用して権力を握っており、民主党はそれを阻止するために法廷や街頭で闘っていた」と述べられています。

TIPは、トランプ氏が勝利し、バイデン氏が譲歩することを拒否し、代わりに再集計を要求し、ワシントンDCとプエルトリコに州権を与え、カリフォルニア州を5つの州に分割することを含むいくつかの要求を行うシナリオを想定しています。(中略)

この前代未聞の出来事は、投票の両サイドからの活動家が、彼らが反対派による盗用だと信じていることに抗議するために街頭に出る可能性が高いので、アメリカの生活にとって悲惨なことになるかもしれません。(中略)

トランプに反対する人たちは、バイデンが勝ったと主張し、トランプは選挙を盗み、ファシストの独裁政権を作ろうとしていると主張するでしょう。

トランプ支持者は、悪魔のような急進的な左翼民主党が共産主義の警察国家を確立するためにクーデターをしようとしていると言うでしょう。

その結果、隣人が隣人に反旗を翻し、家族が互いを見捨て、一部の政治活動家が抗議行動から暴力へと戦術をエスカレートさせるかもしれません。

選挙よりもその後の動きが問題、







最終更新日  2020年11月05日 01時05分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.