23561216 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

みなるん@ Re:ケイ素がカルシウムに転換 by ケルブラン(01/20) それぞれにたいへん貴重な情報、ありがと…
tt555@ ma-windさん >日本の国立感染症研究所のマニュアルが…
ma-wind@ Re:PCR検査のサイクル数を明らかにせよ(12/09) いつも、貴重な情報をありがとうございま…
tt555@ みなるんさん 一言で言うと、「ドッと疲れる!」記事で…
みなるん@ Re:ワクチン接種すると病気になる7つの理由(01/15) イスラエルといえば、 「存在しないウイル…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年11月17日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​「明日に架ける橋」は原義を見るとニュアンスが異なる、

明日に架ける橋【訳詞付】- Simon & Garfunkel

​「逆境」を「渦巻く川の流れ」に例え、​

I will lay me down

濁流に自分を横たえて人橋となり、
君を渡らせてあげよう、と言うもの、

これで思い出すのが、
マーガレット・F・パワーズの詩「Footprints(足跡)」、

ある夜、わたしは夢を見た。

わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。

暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。

ひとつはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。

これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。

そこには一つのあしあとしかなかった


​https://www.cathedralcentrebooks.com/prayer-card-footprints_1146970​

わたしの人生でいちばんつらく、悲しい時だった。

このことがいつもわたしの心を乱していたので、
わたしはその悩みについて主にお尋ねした。

「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、
あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、
わたしと語り合ってくださると約束されました。

それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、
ひとりのあしあとしかなかったのです。

いちばんあなたを必要としたときに、あなたが、なぜ、
わたしを捨てられたのか、わたしにはわかりません。」

主は、ささやかれた。
「わたしの大切な子よ。わたしは、あなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない。ましてや、苦しみや試みの時に。
あしあとがひとつだったとき、わたしはあなたを背負って歩いていた。」      

クラウスシュワブよ、

​グレートリセットのリーダー​

リセットばっかりやっていないで、そのくらい言えよ、

​I will lay me down​







最終更新日  2020年11月17日 23時38分53秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:I will lay me down(11/17)   みなるん さん
>あなたを決して捨てたりはしない。ましてや、苦しみや試みの時に。
あしあとがひとつだったとき、わたしはあなたを背負って歩いていた。

とてもやさしい、温かい言葉ですね。

自分はキリスト教徒ではないですが、でもキリスト教を信仰していない自分が見ても感動したというか考えさせられた映画が昔ありました。
ttさんも御存じかもしれませんが、それは「ミッション」という映画で、とにかくこの作品でまず魅かれたのは「音楽」を共通の言葉としてつながってゆくストーリーの根本にもあるそのテーマを支えたエンニオ・モリコーネの音楽と、先住民のグアラニー族とのふれあいです。
かつて先住民達の奴隷商人であった罪を償おうとするメンドーサとグアラニー族をつなげたガブリエル神父。このガブリエル神父の言葉と行動も自分にとっていつまでも心に残るものがありました。
植民地化に反対するグアラニー族のために、武器をとって戦って守ろうとするメンドーサと、武器を持たず祈ることを大事にしたガブリエル。結果的にお互い死んでしまうけど、重傷を負ったメンドーサの目をとおしてみるかのような、ガブリエル神父と彼に賛同した一部のグアラニー族の、武器を持たず祈りを歌いながら行進するシーンは(命令とはいえ、その彼らを攻撃しなければいけなかった兵達の描き方も印象的でした)、戦闘か祈りか、メンドーサとガブリエルが議論していたシーンでガブリエルが言ったこの一言と深くシンクロしました。

『GOD IS LOVE』 (2020年11月18日 12時03分08秒)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.