23852440 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ リーモスさん New! バチカンって、悪の巣窟ですよ、 「バチ…
tt555@ ma-windさん New! >「逆子だから、ダメです」と止められま…
ma-wind@ 医療はこわいです… New! tt555さんへ 返信ありがとうございます。…
リーモス@ Re:秋田の聖母が示唆する意外な事実(03/02) New! たいへん失礼しました。 アドレス貼ろう…
リーモス@ Re:秋田の聖母が示唆する意外な事実(03/02) New! バチカンのパウロ6世ホールについて調べて…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2020年12月02日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​コロナウイルスの存在は証明されたことがない、​

The SARS-Cov-2 virus was never proved to exist
Dec 1 2020  Jon Rappoport
If you can’t prove a virus exists, how do you create a test to detect it? How can you claim the test reveals that people are infected with the virus?
存在を証明できずに検査方法を作れますか?
感染していると言えますか?

ポイントは、​

主流の科学者は、2つの主張をする。
1つ目は、ウイルスが分離されたこと、
2つ目は、ウイルスの遺伝子配列が発見されたので、ウイルスを分離する必要はないことである。
どちらの主張も誤りです。(詳細はこのページを訳す

分離と言うフレーズは、
正確には隔離と言うフレーズが使われている、

この意味は、
「1兆円がどこかの口座にあるが、どこの口座かは不明、」

叉、​まともな遺伝子配列などお目にかかったことがない、
(あっても
33Aだったり)

ロックダウン/マスク/消毒に反対するなら、
何よりも、まず、この存在しない事実を突くべし、

​*厚生労働省にもドンドン質問しようー>​厚労省の回答​

では、この虚偽の大騒ぎの目的は何かと言えば、​​

2020年11月30日 Need to know

1)ダイアモンドプリンセスの事実

あまり知られていない事実は、ダイヤモンドプリンセスが新しいハイテク5Gタワーを搭載していたということです。


​https://greatmountainpublishing.com/2020/11/15/covid-19-is-a-smokescreen-for-5g-radiation-poisoning/​

ニュースリリースでは、「プリンセスクルーズは、SESとの接続パートナーシップを発表、SESのO3b mPOWERネットワークにアクセスできる最初のグローバルクルーズ船となりました。」2020年2月3日。

5Gを設置したプリンセスクルーズラインだけがCOVID-19を発生させていたことに注意してください。

2020年3月、グランドプリンセスはサンフランシスコにドッキングする前にCOVID-19が発生しました。

ルビープリンセスは、2020年3月19日にオーストラリアのシドニーでドッキングする前に、600人の乗客を巻き込んだCOVID-19の発生があったと報告されました。

これらの船はすべて、SESのO3bmPOWERからの新しい5Gタワー接続を備えたメダリオンクラスの船です。

2)5G展開地域と非展開地域では症状数に大きな差がある、

 Havas博士は、「5Gの州では、100万人あたりのCovid-19症例が95%高く、100万人あたりのcovid-19死亡数が126%高い」ことを発見しました。​

​スペインの研究では、5Gを使用している国では、5Gを使用していない国よりもCOVID-19感染が220%多いことが証明されています。

サンマリノ(イタリア)は重要な指標です。5Gテクノロジーを採用した最初のヨーロッパの州であり、その展開に関する規制は事実上ありませんでした。 サンマリノはヨーロッパでCOVID-19の人口1,000人あたりの発生率が最も高いです。その率はクロアチアの感染率の27倍です。サンマリノとクロアチアの間になぜこのような大きな違いがあるのでしょうか。 他でもない、クロアチアには5Gがないのです。​

​3)武漢(中国)は5Gの実験都市、

2019年11月、中国政府は13万を超える5G基地局で中国を覆う計画を発表。


​ベルギーは5Gをやらない、スイスは紛争中

案の定、武漢で5Gネットワ​​ークが起動するとすぐに、市民はCOVID-19に関連する症状を現し始めました。

加えて武漢のCOVID-19患者を治療した病院は、それ自体、5Gタワーを有しており電磁波を浴びていました。

*武漢市では毎年、全市民にインフルワクチン(アルミ/水銀含有)の強制接種を実施していたことが明らかになっています。

4)5Gは体に何をするのか?

​研究では5Gミリ波が皮膚細胞に吸収され、生体細胞でコロナウイルスを生成する上で主要な役割を果たす可能性があることを示しています。

但し、これらの発見は、研究論文の発行者であるJournal of Biological Regulators and Homeostatic Agentsに圧力がかかり、論文の発行が取り下げられました。 現在、この論文は撤回された研究論文としてリストされています。​

​つまるところ、ミリ波が細胞を傷つけ、様々な症状を起こす、

コロナで出てくると言われる症状は、​​電波毒によるもの、


​コロナウイルスと電波病の症状は一緒

1)味覚と嗅覚の喪失​
2)​​脳卒中と発作
​3)​「泡吹き」と皮膚の電気的感覚 ​
4)皮膚の灼熱感
5)​めまい、頭痛、意識障害
6)心臓の問題と心臓発作
7)​心臓破裂
8)​男性の睾丸へのダメージ
​9)​血液の凝固
​​10)鳥は空から落ち、地面を歩けない
​11)​子供たちの発疹、胃腸問題、心停止

​コロナウイルスとは、
体内の傷ついた様々な細胞を
排出させる働きを持つ、
体内ウイルスのエキソソームである、

そのサイズ/性状は同じ、



​エキソソームの補足(Dr.カウフマン)​

​まもなくチップ入り遺伝子書換えワクチンが出てくるが、


​​https://www.zerohedge.com/medical/how-many-covid-19-vaccines-has-trumps-operation-warpspeed-secured
11/20現在、6社で10億本のワクチン確保、​​

5Gの受信性を良くするために必要なのが体内金属(アルミ他)、

以下、参考で、

​https://note.com/nakamuraclinic/n/n426db574ffc8​

新型コロナ流行の原因は5G(強力な電磁波)とワクチン(重金属アルミ注入)、この両者による"合わせ技一本"である」

どういうことか、以下に説明しよう。

過去に感染症のパンデミックが何度かあったが、それは常に、新しい電信技術が導入された同じタイミングで流行している。

1889年にインフルエンザが流行したが、これは1888年にアメリカで電気鉄道が急拡大したことと関係している。

電気鉄道から生じる超低周波は数千マイルの距離を移動し、地球上空の電離層で反射する。

こうして超低周波が地球全土を光の速度で飛び回ることになる。

1918年に流行したスペイン風邪は、世界中で2000万人以上の命を奪った。

この原因は、アメリカの軍事基地である。米軍は1917から1918年の間に世界最大の通信ネットワークを構築した。その直後、インフルエンザが蔓延した。

そして、最近の5Gは強力な無線発信器である。叉、ワクチンには水銀やアルミが含まれている。

体内の金属濃度が高い状態で人間は電波を受信する"電波塔"になり、人間の放射線曝露は5Gで桁違いに増加する。

真打(5G)は影(コロナ&ワクチン)に隠れている、


​電磁波(5G)の拡大は阻止すべし
人口削減トライアングルの要:5G

ソー言う意味で、WHOは、テドロスを始め、
コロナ脅威の広告塔としてよく機能している、

​​が本当の塔の正体はこれ、​


​SATURDAY CARTOONS: IT'S A MAD MASKED WORLD: NOVEMBR 28







最終更新日  2020年12月02日 17時14分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.